<< 機動戦士ガンダム00 第4話「対外折衝」 | main | 機動戦士ガンダム00 第6話「我々はモラリアを救う白馬の騎士になるのだ」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | 2009.04.19 Sunday, | - | - |

機動戦士ガンダム00 第5話「しかし、彼女はまだ乙女だ」

前回「アレルヤがニュータイプに覚醒する」って予想が、まんま当たってしまった(汗

他のガンダムと比べ、際立って政治色が強い今作品。でもキャラクターは意外にお約束をなぞるつもりらしい

真似ても独自路線でも叩かれるのが「ガンダム」なのだから、どうせなら他のガンダムを無視して突き進んだほうがいいんじゃないか

ニュータイプって概念ぐらい、ガンダムシリーズによって度々定義が変わる不安定なものはないわけで、下手に触ると怪我をする代物なので特にそう思うのですよ
まあ、触ってしまった以上、しっかりと説明しないと叩きが倍増するだろうから、がんばれとしか言えないんだが


ところで、今回から記事のタイトルを変えました
先日、他のガンダム00感想ブログさんを初めてゆっくり見たときに、そのあまりの数に驚いたので少し変化をもたせようと思ったので

というわけで、今回からガンダムX風にしてみました
もっといい台詞あったよ!って突っ込み、お待ちしてますw


------------------------------------------------------------------------

【第3話あらすじ】
マリナは太陽エネルギーの援助を受けるために諸国訪問の旅へ赴く

中革連のセルゲイは超人機関から派遣されたソーマの専用機体のテストのために宇宙に移動した
その情報を得たCBは、その機体性能の偵察のためにアレルヤを派遣する

ソーマは、専用機ティエレン・タオ兇謀訃茲掘▲謄好箸魍始
セルゲイは新型機を乗りこなすソーマを見て、"超兵"の能力の一端を知る

しかし、そのテスト中、ソーマに異変が現れる
突如、混乱をきたし低軌道ステーションの重力ブロックを攻撃し始めるソーマ
その攻撃のために重力ブロックの一区画が本体から離れてしまう
地球の重力に引かれ落ちていくその一区画には、研修を目的に宇宙に来ていた沙慈とルイスがいた

気を失ったソーマを人革連の救援に任せ、重力区画の地球への落下を食い止めに向かうセルゲイのティエレン
だが、ティエレン1機では落下をとめることが出来ない。徐々に阻止限界点に迫ってくる

万事休すかと思われたそのとき、急速に近づいてくる機体が
それは、アレルヤのキュリオスだった。セルゲイのティエレンと共に、区画の落下を食い止めようとするアレルヤ

CBのスメラギはアレルヤの想いに応え、地上に残った2名のマイスターにアレルヤの支援を指示
ロックオンは地上から区画の一部をビーム砲で撃ち落し、それによってアレルヤとセルゲイは区画の落下阻止を成功させる
沙慈とルイスは九死に一生を得るのだった


【ポイント】
○アザディスタンとマリナの「諸国漫遊」
おいおい、水戸黄門かよ!
もう少しまともなネームなかったのかな。それとも確信犯なのか?

ところで、前回のどこが一番得をしたのかという問いだけど、他の感想サイトさんはアメリカってのが大多数だった
少し振り返ると、前回の事件によって
.▲瓮螢はユニオン内での支配体制を強化できた
▲織螢咼△亘稾畑の消失による内需の困窮に対応するためのアメリカ寄りの政策を取りやすくなった
以上のようにそれぞれメリットがあったわけだが、麻薬畑と化石燃料を置き換えると、タリビア=アザディスタンの構図は自明。だからシーリンはなんとかしてCBを利用する方法を考えろといっているのだと思っただけど
今回のシーリンの台詞を見ると読み違えたのかもしれない

とにかく、これからマリナは各地に顔を出すわけだから、そこで刹那との接触があるんだろうな

○CBの人命救助
CBの理念を考えると戦争以外のことには全く関与しないというスタンスのはずなので、今回の事件が明るみになったとき各国にどのような影響を与えるかは次回の見所かもしれない
少なくともセルゲイはアレルヤの声を聞いており、今後ソーマとアレルヤの関係を繋ぐキーマンになるかもしれない

○ソーマとアレルヤ
触れざるを得ないところとは言え、なんとも…
とりあえず、今のところわかるのはソーマはまんまロザミアでしたって事
アレルヤはニュータイプなのか、超人機関に準じた機関の出身なのか、どちらかなのだろう。ソーマが超兵1号なのだから、おなじ所の出身ではないことはわかるが…
二重人格だからって、√(`Д´ ピキーンとはならない…よね?(汗

○宇宙と地球
セルゲイの「宇宙はなぜこうも無慈悲なのだ!」とアレルヤの「好きなんですよ、上(宇宙)から地球を見るのが」の発言、前々回もあったが宇宙と地球との対比をテーマの1つにしているようだ
上記の2人と比べ、沙慈とルイスは宇宙から見る地球の美しさも重力の素晴らしさも素直に受け取っていた。その拘り(偏り)のない感覚があるからこそ、彼らはこの作品に必要とされる存在なのかもしれない

富野ガンダムでは地球の重力に惹かれた人間は魂を解き放てない存在として否定していたが、00ではどのように料理するのだろうか。楽しみな部分と言える

【キャラクター】
○刹那
ロックオンの精密射撃を援護するために邪魔になる雲をエクシアで切り裂いていた
しかし、あの僅かな時間でよくエクシアを出撃できたもんだ。ロックオンはともかく、刹那のガンダム収容場所って海の中だからなあ(滝汗

○ロックオン
今回も美味しいところを一人で持っていってた
しかし、大気圏ぎりぎりの位置とはいえ、地上から宇宙に精密射撃が出来るって、凄すぎるんですが。逆に言えば、宙域から地上を狙撃できるって事になるわけで、これでさらにデュナメスは各国に警戒されることになりそう

○アレルヤ
今回の主役
ソーマに反応し、激しい頭痛に見舞われた上に別の人格が表層に現れる

過去に宇宙を漂流した経験がある様子。そして、その時に一緒にいた兄弟(ハレルヤ?)が彼のもう一つの人格みたい
兄弟の「俺を殺せ、アレルヤ」の台詞から察するに、2人が遭難した時、時間の経過とともにポッド内の空気が不足した。2人より1人のほうが長く生存できると考えたハレルヤ(仮)はアレルヤに上記のように頼む。その後、言葉通りアレルヤが殺したのかそれとも自殺したのかは定かではないがハレルヤ(仮)は死亡し、生き残ったアレルヤはそのショックで二重人格になった…という経緯だろうか

それにしても、今後主役の(はずの)刹那より目立ちそうなフラグ満載w

○ティエリア
彼にとってガンダムマイスターとして相応しくない人間が1人から2人に
でも、スメラギには「あなたはどうなの?」って言われてたwww

CBの目的は戦争の根絶なのだから、そこには平和への切望と人への慈愛が根本として存在するはず(裏の目的もあるのかもしれないが)
だから、CBにはあれだけの人間が集まっているのだろうし、今回のミッション後も心なしか笑顔でいるクルーが多かったように見えた

全世界の共通の敵となることで世界をまとめようというCBの方法論からは外れる行為なのは確かで、だからあれだけティエリアは辛辣だったんだろうけど、あれだけ頑なな性格になったのはなんらかの理由があるのだろう。その理由をスメラギは知っている。その伏線と思われる

○セルゲイ
超人機関の研究者に批判的な態度をとったり、区画の救助完了後に人革連の救援隊にキュリオス討伐より人命救助を最優先させたり、人格者であることが強調されてた

それでも、「乙女」はないよね…OTL
どこのサクラ大戦かと。それともマイスターよろしく舞HIMEネタなのか?

最近のガンダムの中では久々の良オヤジキャラなだけに、変な台詞を言わせないでほしい


○ソーマ
時間の問題で「そらが落ちてくる」とか言い出しそうだな、マジで

超兵とは、宙間での戦闘に耐えうるために人工的に生み出された人間(デザインベイビー)とのこと
3大国の中で、ベースとして一番倫理的な思想が強そうなイメージなのが人革連だったんだけど、そうでもないのか

しかし、対面しているわけでもないのにあんなにアレルヤと共振してしまっては、ガンダムとの戦闘なんて普通に無理そう

あと、普通にピンクはやめてださい

○沙慈とルイス
とりあえず、いちゃこいてた

沙慈とルイスが自分たちを助けたあの声がガンダムパイロットだと知るのはいつになるのだろうか

------------------------------------------------------------------------

5話にしてやっとOPのラルクの曲に慣れてきた

でも未だに大きな戦争のうねりは見えてこないかな。1クールはずっとこの調子なのかも

今までのテレビシリーズのガンダムは「個人→世界」の流れで演出していた
それは、富野監督が戦争そのものを見せたかったのではなく、少年の成長やら人と人との繋がりやらを見せるために戦争を利用したからで、またその後のシリーズもそれを継承したからだ
特に種シリーズはその影響が顕著にうかがえる(成功しているかどうかは別次元の問題)

しかし、00は意図的に「世界→個人」を見せようとしている
それは個人の思想が世界にダイレクトに反映しすぎた前作種運命の反動かもしれないが、キャラに感情移入させるには難しい手法と言える

今回のアレルヤが主人公の話にしても、ソーマとの関係が見えただけであまり深い共感を持って視聴者に伝わることはないだろう

今後、マリナと沙慈という「個人の視線」を持つキャラクターとの絡みによって、刹那にスポットが当たるときにやっと00の味わいが出てくるんじゃないだろうか

つまりは、王女史のコスプレと巨乳わんさかだけで引っ張れねえよってことw


| ガンダム00 | 2007.11.04 Sunday,01:52 | comments(5) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 2009.04.19 Sunday, | - | - |

Edit this Entry

Comment

はじめまして!

>先日、他のガンダム00感想ブログさんを初めてゆっくり見たときに、そのあまりの数に驚いたので少し変化をもたせようと思ったので

はい、目立ってたので読むことができましたよ
つっこんだ考察が読みごたえありました

>しかし、00は意図的に「世界→個人」を見せようとしている

この手法だと個人のドラマが動かなくて、正直少し飽きてきました
できれば路線変更してほしいです〜

それでは、失礼いたしました!

| mossy | 2007/11/04 10:51 AM |

そういえば刹那が主人公だったね・・・
普通に忘れてた

早くドンパチが見たいですよ

王女史のコスプレと巨乳わんさかだけで引っ張れなくても出しまくれ〜\(><)

| ぎちょ | 2007/11/04 12:14 PM |

>mossyさん
コメントありがとうございます!
00の感想を始めて、訪問者数は増えているようなのですが、コメントいただけると凄く嬉しいです^^

考察ってほど大層なものじゃないです。適当なんで良く外しますし(汗)

キャラクター性だけでゴリ押しするような作品が多数を占めているので、00はどうしても地味ですよね
物語が破綻しないような丁寧なつくりであることは評価できると思うのですが
これまでじっくりと世界観を見せてきたので、今回を境に個人にも少しづつスポットが当たるようになるのではないでしょうか

これからもご訪問&コメントお待ちしてますm_ _m

>ぎちょさん
刹那目立たないですよね…
今回はロックオンの射撃に当たりそうになってたぐらいだしw

王女史はコスプレ&説明役担当って感じですね。もう少しCB内での絡みが見たいところ

| mm | 2007/11/04 4:55 PM |

こんばんわ〜
うーんどうにも;;TBの機嫌をとることができず・・(笑)
明日事務所からまたチャレンジします〜  (え)

ソーマとアレルヤが同じトコ出身かぁ〜!!
ふんふん、なるほどーー!!
全然思いつかなかったv
アレルヤにもうひとつの人格があるってのも皆さん予想されてたんですか!?
アラヤダ(笑)全然考えもつかなかった!あはは〜

ではでは、またお邪魔します☆

| フューレ | 2007/11/04 10:48 PM |

>フューレさん
TB、私も送ろうにも送れないサイト様がありますよ、大変ですよね(汗

同じとこ出身かどうかはわからないんですが、アレルヤがニュータイプってのはないだろうと。というより、ニュータイプにしないほうがいいと思うんですよね

うーん、自分のことを別の名前で呼ぶような人はデムパか二重人格しかないだろうと思ってたんですよね、当たったのはたまたまですがw

| mm | 2007/11/05 10:47 PM |

Submit Comment









Trackback URL

http://painpomm.jugem.jp/trackback/99

Trackback