<< 機動戦士ガンダム00 第2話「ガンダムマイスター」 | main | 機動戦士ガンダム00 第4話「対外折衝」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | 2009.04.19 Sunday, | - | - |

機動戦士ガンダム00 第3話「変わる世界」

タイトルから嫌な予感を感じていたけれど、今回は少ししくじったんじゃないだろうか。黒田氏だから後のフォローもあると信じたいが…やはりラストは唐突といわざるを得ない

まあ、その部分は後述するとして…
それ以外は、相変わらず渋めな進行。ドラマと戦闘をミックスして、キャラクターと世界観を見せていく地固めをが続いている

しかし、それが種に慣れた若年層に響くかどうか…
対戦格闘ゲームが駆け引き重視からコンボ重視にシフトされたように、今の時代は派手さとインパクトを求める傾向がある。画像の美しさ以外は地味な印象がある00がその時勢にどれだけ受け入れられるか、一抹の不安を感じる


------------------------------------------------------------------------

【第3話あらすじ】
刹那とグラハムのファーストコンタクトは、フラッグのライフルがエクシアのビームサーベルにより斬り落され、グラハムが撤退する結果に終わった
帰還後、グラハムとカタギリは「対ガンダム調査部隊(仮称)」に編入されることに
ソレスタルビーイングの犯行声明ビデオに現れたイオリア・シュヘンベルグは太陽光発電システムの基礎理論を提唱した発明王だと判明
ガンダムマイスター4人のうち、ティエリアは宇宙へ。軌道エレベーター「天柱」を利用してヴァーチェも宇宙に戻り、プトレマイオスと合流
他3人は、地上にてサードミッションに移行
ロックオンは南アフリカで鉱物資源をめぐる内戦に武力干渉
アレルヤはタリビアにて紛争の原因となっている麻薬畑を爆撃
刹那は前回に引き続きセイロン島の内戦に乱入。調査に来ていた人革連のエースパイロットセルゲイ中佐との戦闘になるが、辛くも撃墜に成功する
地上での仮住居のマンションに帰宅する刹那
刹那が住む隣の部屋には、沙慈・クロスロードが住んでいた
自宅に戻った沙慈は、ニュースでリアルIRAが武力によるテロ行為完全凍結を発表したことを知る。世界が変わりつつあることを沙慈は感じるのだった

【ポイント】
○太陽炉
アレルヤの発言により、ガンダムのエネルギー源は太陽炉であることが判明。おそらく、ガンダムが発光するGN粒子も、このエネルギーを転換したものと考えられる
この太陽炉に使用されている太陽光発電システムはイオリアが発明したものだが、イオリア自身は300年前に死んでいる。この事実と犯行声明を考えると、彼は存命中にソレスタルビーイングの基本理念(武力による戦争の根絶)を考え、その実践のために太陽光発電システムを発明したのだと思われる。つまり、あの犯行声明はイオニスが存命中に撮られた映像と考えられる。問題は、その遺志と遺産を受け継いだのは誰かというところだが…
また、この太陽炉、現存ではガンダムに搭載した4つしか存在せず、母艦のプトレマイオスはガンダムとのドッキングによりそのエネルギーの補給をするらしい
これは良く考えるとかなり疑問がわく設定
通常、母艦は戦闘機がエネルギーを補給するために戻るところ。だから、母艦を守る必要が発生する。
比べて00の設定では、今のところ母艦を守る必要性が薄い。ビーム兵器は太陽炉からの供給で足りるのだから。アレルヤの今回のミッションのように実弾ミサイルを補給する必要はあるだろうが、それだけでは根拠として薄弱に思える。何かプトレマイオスを守らなければならない必然があるのだと思われる。今後、プトレマイオスにどのような働きがあるのかを見ていきたい

○各国MSとガンダムの性能差
刹那は、グラハムもセルゲイもビームサーベルで撃退しているが、それは各国では実現に成功していない技術の様子
ガンダムの出力はフラッグの6倍。また、GN粒子は各国の技術レベルと比すると数10年後相当の技術であることが判明

○変わる世界
現代の世界情勢をかなり反映した設定によりリアリティを出そうとしている00
しかし、今回のラストでソレスタルビーイングの影響により400年続いた北アイルランド紛争が終結したというのは説明不足の感が否めない。400年も継続したのは、宗教上の対立はそれだけ根深いことの表れであるだろうから
また、紛争の根源としてタリビアの麻薬畑が燃やし尽くされたことについても、その背景には麻薬畑を生活の糧としていた人々がおり、それに頼らざるを得ないタリビアの国政事情があるはずで、麻薬畑を燃やしたから万事が解決されるとは思えない
今後、ソレスタルビーイングの武力介入により紛争の根源が無くなり平和になりました、というだけの展開にはしてほしくないところ

【キャラクター】
○刹那
今回も「俺に触れるな」という名言がw
刹那にとっては「俺=ガンダム=神」だから、「神に触れるな」という意味合いとは思えるが、やはりマイスターの中で一番危険な思想の持ち主に思える
また、今回グラハムとセルゲイという各国のエースを撃退したが、それはエクシアの性能に助けられている面が大きいように感じられた。つまり、パイロットとしての技量は少し彼らより劣っているようだ(コーラ君よりは勝っていそうだが。てか、コーラ君はどこがスペシャルだったんだろう…w)

○ロックオン
マイスターの中で一番票をあげているだろう兄貴
南アフリカへの武力介入の際、旧式のMSを相手にして「弱い者いじめ」と感じていた。ロックオンも出来れば人命を奪いたくは無いと考えている様子
刹那に牛乳をプレゼントしたのはいいチョイス。もっと大人になれ、という彼なりの忠告なのだろう

○アレルヤ
今回のミッションは人殺しではなかったので満足していた。それぐらい(汗)

○ティエリア
前回もちらりと窺わせたが、今回は完全に刹那のマイスターとしての適正を疑っていた
グラハムの強襲により刹那が「死んだかと思った」とか、ミッション成功の「不安要素はあるけど」と刹那を睨むなど、かなり辛辣。しかし、他2名が驚かなかったのはいつもの事だからだろう
00の世界にはコロニーは無いようだが、ティエリアは地上の重力が嫌いである様子。対比としてセルゲイが地上の重力を心地よいと感じている描写があったので、今後の伏線かもしれない

○グラハム
ガチホモ確定のアニキwww
腐の人が喜びそうな発言を連発していた印象。おつきのポニテ(カタギリ)が嫉妬しているぞw
その部分を抜きにするなら、相当の自信家であること(自分で「それほど万能ではない」って)、戦闘狂であることが判明。そして、それを裏打ちするだけの実力も備えている

ガチホモ「それにしても若かったな、ソレスタルビーイングのパイロットは」
ポニテ「話したのかい?」
ガチホモ「まさか。モビルスーツの動きに、感情が乗っていたのさ

とか、なかなか言えるものじゃない
話してないとグラハムが語るのは、前回の 「君の存在に心奪われた男だ!」が独り言(DQN)の証拠…ではなく、会話として看做していないってことなんだろう。…そう思いたい(汗)
ガンダムに対抗するためにフラッグのカスタマイズを依頼していたが、ガンダムと同等の性能にはならないはず。それでも戦えると感じたのだろう

○セルゲイ
MS操縦技術も高く、発言も渋いイカス親父キャラw
ただ、オヤジにしては美形な造形で、少々キモチワルイことは内緒

○沙慈
今までもチラホラ出てきて、どんな役回りかと思ったら、刹那のお隣さんだったというオチ。また、同じく1話からチラホラ出てきたJNN放送のアナウンサーがお姉さんと判明。これから本筋にどう絡んでくるのか
ともあれ、スタイル抜群のパツキン彼女とか、うらやましすぐる;;

------------------------------------------------------------------------

今回の話を見る限り、各国がガンダムの性能に追いついてくるのもそれほど先ではないと思われる。そのとき、新型がでるのだろうけど、それは第1話のアバンで出てきた「0ガンダム」になるのだろうか。それともそれが改修された「00ガンダム」になるのだろうか。とりあえず、ガンダムは量産できないこと(太陽炉=ガンダム)がわかり、そこは安心した

次は各国の政治がメインの話らしい。世界観をしっかり描くという製作方針は支持するが、その間に視聴者が離れないかが少し心配なところ

とりあえず、ときおり王女史にチャイナ服を着せとけ、と製作スタッフには忠告しておきたい

| ガンダム00 | 2007.10.21 Sunday,17:20 | comments(3) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 2009.04.19 Sunday, | - | - |

Edit this Entry

Comment

チャイナ服〜チャイナ服〜♪\(@^^@)ノ

沙慈(一般人)への視点と刹那への視点で勧めていくのかそれとも沙慈も戦闘に巻き込まれるのかが気になるところ
ティエリアの経歴不詳ってのが裏切りキャラになるのでは?と思ったりもする

アイルランドには触れてるけど難しい中東とかも使うのかな?
紛争の終わり方も正直納得がいかないいきなりニュースでってのが。。。

母艦プトレマイオスの後ろに一応太陽炉らしきものは二つ付いますよ

テンポがゆっくりに感じるのはやっぱり最近のに慣れてるからですかね?

終わり方が正直もう少しインパクトがあるようにできればいいのにとも少し思ったりも

とりあえず、しばしば王女史にチャイナ服を着せとけ、と製作スタッフには忠告しておきたい

| ぎちょ | 2007/10/21 11:54 PM |

「ときおり」じゃなく「しばしば」なのね…w

プトレマイオス、教えてくれてありがとです。メカ設定はほぼ知らないので、これからも大ウソつくかもしれないから指摘宜しく

テンポは最近の作品から比べると少しゆっくりですね。でも、キャラの会話だけで話を進められるよりはよっぽどまし
間に休み期間を入れるとはいえ4クールの作品だから、1クールはじっくり世界観を見せるという手法には賛成です。ただ、2クールでかなり加速しないと休み期間でだれそうですが

| mm | 2007/10/22 9:06 PM |

プトレマイオスあれ違うかも
形にてたからそういったけどなんかウィキペディアには太陽炉付いてないって書いてあった^^;

今日00の番宣をしまくっていたのでびっくりした 明らかにファースト世代にアピールしてたと思う

間を空けることである程度余裕ができて話がしっかりすることを期待ですね^^

| ぎちょ | 2007/10/22 11:52 PM |

Submit Comment









Trackback URL

http://painpomm.jugem.jp/trackback/97

Trackback