<< 鉄のラインバレル 第19話「届く陽、暴かれる陰」 | main | 鉄のラインバレル 第20話「運命の男」(簡易版) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | 2009.04.19 Sunday, | - | - |

機動戦士ガンダム00 2nd 第19話「「仇を討っても誰も生き返ったりしない」


やっと沙慈とルイスの心が通い合いましたね。元通りまでには届きませんでしたが

ほとんど戦闘ばかりの回でありながら、沙慈&ルイス、ソーマVSアンドレイ、ハレルヤ覚醒、リヴァイブ捕虜、アニュー覚醒、ネーナ裏切りと目まぐるしいほどの展開は悪漢でした。ただ、そろそろいくつかは消化しないと残り話数からして尺が心配になりますが

では19話感想、行きます!


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【キャラクター】
刹那

リボンズ曰く、「変革を始めた」らしい。根拠としては、刹那の細胞異常は致死レベルに達しているにも関わらず00で出撃しているということ
リボンズの言う『変革』がどういうものかはわからないが、前回アニューとリヴァイブの交信を察知していたことから、イノベイター(もしくはその能力)に近づいているのかもしれない


○ライル&アニュー
ライルはリヴァイブが来る前からアニューが敵方のスパイだと気付いていたらしい。リヴァイブの顔を見てもそれほど驚かなかったのは、もしかしたらイノベイターかもしれないとまで思っていたのかも。出来ればそうでないで欲しいと願ってはいただろうが

ただ、そんな願いもむなしく、アニューはリヴァイブがプトレマイオスに来たことでイノベイターであることを自ら明らかにする。支配力に耐えられなかったのか、それとも今まで偽り続けていただけなのかは明確ではないが、可能性としては前者が高く、よりドラマチックにするなら後者が展開としては面白いといったところだろうか

それにしても、ラッセはいつも損な役回りだなあ><


○アレルヤ
トランザムライザーの加速粒子に触発され、再度ハレルヤが覚醒。トランザムライザーはなんでもアリだなw
トランザム終了後には、ちゃっかりアレルヤに戻ってマリーの元に。本音を言えばハレルヤとソーマの掛け合いが見たかったが、尺不足か。久々にハレルヤを見て、やっぱりアレルヤ&マリーは幸せにはなれそうにないなと思った;


○ティエリア
トランザムを発動させ、リヴァイブのガデッサを接近戦で圧倒する。これで火力馬鹿と言われなくなったかもw
セラヴィーで敵を捉えるor撃墜してセラフィムでトドメを刺すという手法は、ブリングの時と似ているがなかなか効果的らしい。実は刹那以上にイノベイターに対して勝率が良かったりするのは、ティエリアの矜持なのかもしれない


○ソーマ
セルゲイの復讐に駆り立てられ、アンドレイに猛攻。アレルヤに止められるがその制止も耳に届いてはいない様子。沙慈の叫びに反応はしていたが、それでもアンドレイへの復讐心は消えていないだろう
関係ないが、ソーマが乗るとGNアーチャーってアリオスと合体する意味なくない?単体でアレルヤ以上に活躍しているように見えるんだが…w


○沙慈&ルイス
とりあえず、今回は裸じゃなくて良かったw

トランザムライザーの光の中、邂逅する沙慈とルイス。2人が立っていたのが5年前に来たあの宇宙ステーションだったのは、それが彼らにとって最も大切な思い出の場所だったからだろう
沙慈の呼びかけを一度は拒絶するルイスだったが、それでも懸命に想いをぶつける沙慈に心を動かされる
結果的に、アンドレイが間に入り沙慈はルイスを取り戻すことは出来なかったが、ルイスの心に沙慈への想いを蘇らせるには成功する。戦場での再会だと考えれば上出来といえるのではないだろうか
ただ、以前エンプラスがルイス専用の試作MAであるとデヴァインが伝えていたことを考えると、再度洗脳されたルイスが完成型エンプラスに搭乗して刹那と沙慈の前に現れる可能性は考えられなくもない。ただ、それでも沙慈は諦めないだろう。その決意が搾り出すような
「もう止めてくれ…ッ!何も変わらない、仇を討っても誰も生き返ったりしない。悲しみが増えるだけだ。こんなことしてたら、みんなどんどんおかしくなって、何処にも行けなくなる。前にすら進めずに…」
という叫びに込められているような気がした


○小熊
CBにソーマがいることを知り、セルゲイがソーマと共にかなり前から反乱分子に加担していたと誤解を深める。なんかアンドレイばかりが嫌な役回りになってきたような;
沙慈への想いを断ち切れないルイスを見て、彼女が望むことを果たすと決意するアンドレイ。多分、それは沙慈を亡き者にしてルイスの想いを断ち切ろうというものだろうが…ぶっちゃけ小熊ごときでは00ライザーには歯が立たないだろう;
それどころか、ソーマにさえ負けてしまうんじゃないか。せめて、死ぬ前にセルゲイへの誤解を解いてあげて欲しいが…ここまで来ると、それを知らないまま終わるのも結末としては美しいかもしれない


○マリナ&クラウス&シーリン
地球連邦軍の襲撃に対し、マリナとシーリン、そして子供達を助けるためにクラウスはアジトに残って応戦。マリナ達は逃げ延びるものの、その途上で銃を持とうとしないマリナにシーリンは怒りを顕にする

シーリンからすれば、愛する人が自分達を守るために戦ってくれたというのに全く戦おうとしないマリナの姿勢に耐え切れなかったのだろう。マリナの「それを持ったら、この子達の瞳をまっすぐに見られなくなるから」という理由は確かポリシーではあるのだろうが、自分と子供達しかいない状態で敵から襲われても同じことが言えるだろうか。奇麗事かもしれないが、大切なものを守るために戦うという気持ちは持っていて欲しい。刹那も沙慈もそう変わっていったのだから


○ブシドー
「とんだ茶番だ。あのようなぬるい戦い、私の好敵手であることを拒むか、少年!ならば、私にも考えがある」
やっぱ聞いてたのね、刹那の声w

実は、少しブシドーに対して悲しくなった。1stでのあの人とは変わってしまったんだなと実感したからだ
確かに1stの頃から彼はぶっとんでいて、とにかくガンダムと戦うことに執念を燃やしていた。しかし、少なくともあの頃の彼は、仲間を大切に想う気持ちを持っていたし、それが彼の原動力になっていたように思う
今の彼は、そういう人として根本的な情愛を無くしてしまった様に見える。そうでもしなければガンダムに勝つことは出来ない、自ら修羅になることでガンダムを超える力を手に入れることが出来ると信じているならば、それは悲しいことだ
少なくとも、ハワードやダリルはそういう大尉を望んではいないだろう。4年前の刹那との決闘で受けた傷が彼を変えてしまったのだろうか
発言から考えるに、刹那を本気にさせるために手段を選ばない決意をした様子のブシドー。どんな手段を考えているのかはわからないが、その名(本人は気に入らないようだがw)に恥じないようにしてほしいところ


○リヴァイブ
トランザムを発動したセラヴィーにまさかの敗北。戦闘機で脱出したところをセラフィムに捕らわれ、プトレマイオスに
ただ、ヒリングがグッドマンに対して余裕の発言をしていたところから見て、撃墜される瞬間にリヴァイブの瞳が変わったのは、脱出してあえてCBに捕まえられろという信号が送られたからではないだろうか。勿論、それはアニューがプトレマイオスにスパイとして潜んでいるからだが
それにしても、今までリヴァイブとアニューが同位体だとは気付かなかった;イノベイターの顔ってみんな顔同じようなものだし…髪の色だけじゃわからないだろとw


○リボンズ&リジェネ
メガネは大切にしろ!!w
「君はやんちゃがすぎる。今度勝手な真似をしたら、わかってるね」
リジェネが中華にヴェーダの位置を記したメモを渡したことに対して、リボンズは張り手で恐喝する
予想通り全てお見通しだったようだ。もしかしたら、ネーナの裏切りもリボンズの計画によるものかもしれない。ただ、刹那にはさしものリボンズも警戒心を抱いているようだ。刹那が言うように、確かに鍵は00ガンダムにあるのだろう


○中華&ネーナ
中華&兄はヴェーダの所在をCBに伝えるために航行していたところ、艦のシステムが全消去される。そこにネーナが現れて、スローネドライで艦を攻撃。中華は兄と共に爆煙の中に…

まだ中華が何故今の世界を変えようとしていたか、それどころか憎んでさえいたのか、本当の目的はイノベイターになることだったのか等は明かされていないので、次回の冒頭ぐらいには出番があるかもしれない
ただ、キャラクター人気としても暴落している上に、本筋と絡んだ位置にもいないのであっけなくそれで退場ということもありえる。せめて視聴者が納得できるように今までの行動の意味が明かされれば良いのだが

それにしても、人を殺すことをなんとも思わないような狂犬を手元においていながら、なんの防御策(たとえば孫悟空に外れない輪をつけた三蔵法師のように)を講じていなかったのは迂闊としか言いようがない。それがお嬢様の限界なのかもしれないが…1stで切れ者風だった紅龍も情けない。ただ、初めて妹の本名を呼び庇ったのは良かった。最期に初めて本来の兄弟の姿に戻れるのかもしれない

ネーナ曰く中華は「なんでも持ってるくせに、もっともっと欲しがって、そのくせ中身は空っぽ」らしい。ネーナがどれだけの中身なのかは突っ込みどころではあるがw
なんにせよ、今回で本格的に悪役キャラに返り咲いた(?)ネーナ。大人しくしていれば生きていく道もあっただろうが、これでにぃにぃずと同じ道を辿る可能性がぐっと高まったといえるだろう

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

次回はアニューがイノベイターとして戻るか、愛するライルとともにCB側につくかがメインの話のようですね。予想としては、戦場でライルとアニューが戦闘し、アニューが惑ったところにリヴァイブが乱入。ライルを庇ってアニュー死亡みたいな感じです(適当w)
まあ、この2人は沙慈&ルイスと違ってハッピーエンドにはならないでしょうから、あたらずとも遠からずの結末を迎えるんじゃないでしょうか。密かにフェルト−ライルのラインが復活することもあるんじゃないかとか無責任に思ったりしてますw





ところで…
私事の宣伝ですが、自分、MS−Tacticsという無料オンラインゲームの管理人をしています。MS−Tacticsとは好きな機体に乗って他のプレイヤーの機体等と戦闘するシミュレーションゲームです
所謂大型MMORPGのように何かをインストールしたり、特段のPCスペックが必要だったりしませんので、是非ご興味をもたれた方はご参加ください
→アドレスはttp://painpomm.sakura.ne.jp/hp/
リンクにある「ENDLESSWALTZ]からも行けます。宜しくお願いします!

| ガンダム00 | 2009.02.18 Wednesday,00:38 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 2009.04.19 Sunday, | - | - |

Edit this Entry

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://painpomm.jugem.jp/trackback/167

Trackback