<< 機動戦士ガンダム00 2nd 第14話「僕は人間だッ!!!」 | main | 機動戦士ガンダム00 2nd 第15話「刹那、お前は変われ。変わらなかった、俺の代わりに」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | 2009.04.19 Sunday, | - | - |

鉄のラインバレル 第15話「ベクトル」


テレビで歌う家族の姿なんて絶対見たくないなと思った第14話。想像するだけで悪夢w
かなり内容はハードなはずなのに、ギャグをところどころ挟むところがアニメ版ラインバレルの特徴なんですよね。その是非は視聴者によって違うんでしょうが、私としてはもう少しシリアスでも良いかもしれないと思っています。クーデターによる政権交代なんて現実に行われたら、あんな混乱じゃ済まないでしょうからね
まあ、エンターテイメントとして楽しむ分には良いんでしょうが

では、第15話感想行きます!


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【キャラクター】
○浩一

「ノコギリは…ノコギリだけはッ…」
って、どんな夢見てたのよw

ヘリオス撃墜の際共同作戦をとった米軍ジュディの助けを得て、絵美とともに在日米軍横須賀基地に匿って貰う事に。過去の記憶と誰も守れないことに苦しむ絵美に対して、どのように声をかけるか迷っていたようだが、ジュディの死に慟哭する絵美に、
「俺は強くなる。必ず、誰よりも。城崎よりもうまく、ラインバレルを扱えるようになる。そして…俺が城崎を守ってやる!」
と力強く励ます。主人公らしくなってきたなあ…

それにしても、エンドレスであの『ふるさと』はテレビから流れてくるんだろうか。
だとしたら拷問に近いw
てか、現実に『Wii(Miiだったけどw)』ぐらいで歌えと言われてもね…セコイですよ桐山閣下www


○絵美
今回もサービスシーン満載;てか、もうエロは見飽きたよ(ぁ

父に世界を守るように託されたものの、その死を乗り越えられてはおらず、今回のJUDA崩壊も自分の責任だと思いつめていた。そんな中、自分達を匿ったことを口実に加藤機関が横須賀基地を一斉攻撃したために、追い討ちのようにショックを受けてしまった様子

気になるのは、浩一と2人きりの夜に絵美が「忘れちゃいけないのに、思い出すのが怖い」と言ったその内容
絵美の記憶についての描写を見る限り、前後の文脈から城崎父が言っていた『カウンターマキナ』がラインバレルであろうとわかるぐらいだが、やはり絵美の思い出すことが怖いこともラインバレルに関することなのだろうか


○森次
桐山の側近として行動しているようだ
桐山が現状に満足せず、加藤機関をも手に入れたいと話した際に、満足そうに「全く。お前はどこまでも欲の深い男だな」と呟いていたが、桐山がクーデター成功後に加藤機関まで欲するのは森次の計算通りなのではないだろうか
それが、自分の目的のために桐山を利用しているかまではわからないが、少なくとも加藤機関といつまでもつるんでいるつもりはないようだ


○山下&美海&青山
森次にあって本意を確かめるために、青山の手引きで変装して街から脱出。浩一達と合流する
なぜに敢えて山下が女性役になったかだが、趣味以外の何物でもないと思われる
しかし、デートぐらいの理由で出入りできるぐらいの閉鎖なんて何の意味も無いような。言論の自由を説く教師を倉庫裏で射殺するくらい過激だったり、あの程度の変装で見逃すほどヌルかったり、どうも設定に統一感が無いように思う

それにしても、青山って負傷していたわりにはピンピンしてたり、加藤機関の在日米軍横須賀基地への一斉攻撃を事前に把握していたり、ああ見えてかなり有能らしい。ジェバンニみたいだw


○道明寺&理沙子
桐山のプロパガンダにより、クラスメイト達は浩一と絵美が石神に洗脳されていたと信じ込んでいる様子。道明寺は真実を知っているが、クラスメイト達は勿論のこと理沙子にも事情を話していないようだ
心配そうに浩一と絵美の空席を見つめる理沙子の姿は印象的ではあったが…次回JUDAが復活(多分、レイチェルの故郷だろう)するとさらに影が薄くなるんだろうな(涙)


○ジュディ
今回のMVP

日本のクーデターによる政権交代に対して不干渉を貫くアメリカ本部とは異なり、あくまで現場判断で浩一達を匿った横須賀基地。ただ、そのためにデミトリーと沢渡が率いる加藤機関のアルマ隊に一斉攻撃されることに

正直、浩一との燃料保管庫付近でのやり取りを見たときから死亡フラグ立ちまくりだったが、デミトリーのカグツチを抱えたまま燃料保管庫に突っ込み爆死。その死に際の
「これが正義の味方ってもんさ!」
にはシビれた。真の姉御キャラを久々に見た気がしたよ…(涙)ご冥福をお祈りします


○桐山
国民総選挙により新政権国家代表に就任
ただ、投票率0%ってm9(^Д^)プギャー

JUDAのファクター達を生かしているのは、技術力で出し抜くかファクター本人を屈服させるかしないとつまらないからとの事。やはり、子供がそのまま大きくなったような
性格のようだ
OPにも出演して目立ちつつはあるものの、やはり加藤と比べて小物臭が消えない桐山。利用しているつもりの加藤に裏をかかれる、もしくは同志のはずの森次に裏切られる、そんな末路しか想像できない


○加藤機関
浩一達が逃げ込んだ横須賀基地を攻撃し制圧。全世界にその様子を放映するようだ
ただし、三番隊隊長デミトリーがその犠牲となる
しかし、総裁の加藤はデミトリーの死よりも浩一の成長が嬉しいらしい。確かに、今までの浩一であれば感情に任せてラインバレルで出撃していただろうから成長のあとは見えるが、それが想像以上というほどのこととは思えないんだが。それより、スルーされているデミトリーが可哀相になった><

桐山側にユリアンヌだけでなくジャックも派遣しだしたようだが、加藤も桐山を全く信用していないのだろう。加藤と桐山が潰しあってくれれば、JUDAにも少しは光明が見えてくるはずだが…


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

まだ矢島の出番はひっぱるつもりみたいですね。多分、矢島を復活させたのは加藤機関でしょうから、今の状態で彼を出場させるとJUDA側に勝ち目はなくなってしまう(浩一のモチベーション的に)ので、もう少し先になりそうです

関係ない話ですが、やっとスパロボZをクリアしました
リアル系IFルートってやつですが、いや、あんなに種運命が良作に見えるとはまさにスパロボマジックですね。巷ではシン優遇ともっぱらの評判で確かにその通りなんですけど、ラクシズにしても自分達の非を認めているので原作より相当マシになっていました
時間があれば詳しく感想を書きたいんですが…ラインバレルと00だけでもいっぱいいっぱいなんで無理でしょうね;



ところで…
私事の宣伝ですが、自分、MS−Tacticsという無料オンラインゲームの管理人をしています。MS−Tacticsとは好きな機体に乗って他のプレイヤーの機体等と戦闘するシミュレーションゲームです
所謂大型MMORPGのように何かをインストールしたり、特段のPCスペックが必要だったりしませんので、是非ご興味をもたれた方はご参加ください
→アドレスはttp://painpomm.sakura.ne.jp/hp/
リンクにある「ENDLESSWALTZ]からも行けます。宜しくお願いします!

| 鉄のラインバレル | 2009.01.19 Monday,00:28 | comments(0) | trackbacks(49) |

スポンサーサイト

| - | 2009.04.19 Sunday, | - | - |

Edit this Entry

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://painpomm.jugem.jp/trackback/158

Trackback

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/09/26 11:19 AM |

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/09/26 3:40 PM |

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/09/26 5:38 PM |

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/09/26 6:39 PM |

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/09/26 6:39 PM |

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/09/26 6:39 PM |

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/09/26 6:57 PM |

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/09/27 5:43 PM |

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/09/28 2:47 PM |

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/09/28 3:31 PM |

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/09/28 10:43 PM |

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/09/29 11:01 AM |

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/09/29 2:03 PM |

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/09/29 4:58 PM |

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/09/29 6:18 PM |

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/09/30 3:45 PM |

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/10/01 7:42 PM |

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/10/01 9:17 PM |

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/10/02 3:00 PM |

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/10/02 9:54 PM |

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/10/03 11:57 AM |

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/10/03 2:31 PM |

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/10/04 4:49 PM |

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/10/04 6:57 PM |

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/10/05 2:31 PM |

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/10/06 3:39 PM |

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/10/07 2:15 PM |

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/10/08 10:38 AM |

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/10/08 10:43 AM |

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/10/08 8:58 PM |

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/10/08 9:44 PM |

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/10/09 4:17 PM |

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/10/11 3:14 PM |

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/10/12 4:45 PM |

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/10/13 6:13 PM |

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/10/13 6:50 PM |

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/10/14 6:26 PM |

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/10/14 7:41 PM |

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/10/15 3:08 PM |

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/10/16 4:54 PM |

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/10/17 7:14 PM |

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/10/18 5:07 PM |

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/10/19 5:19 PM |

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/10/21 5:32 PM |

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/10/21 7:19 PM |

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/10/21 8:49 PM |

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/10/21 10:06 PM |

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/10/22 7:05 PM |

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/10/27 4:15 PM |