<< 鉄のラインバレル感想 第13話「黒の執行者」 | main | 鉄のラインバレル 第14話「流れるは血、失うは涙」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | 2009.04.19 Sunday, | - | - |

機動戦士ガンダム00 2nd 第13話「その名の通り、狙い撃つぜぇッ!!」


ガンダム002ndシーズンの1クール終了回になりました
自分のブログも今年はこれが最後になりそうです

1クールの締めにふさわしく、ほとんど戦闘シーンの派手な回だったんですが、主要な敵方がリントとヒリングしかいなかったために、少し盛り上がりにかけていたような気も;
やはりアリー、ブシドー、カティといった面子がいないと・・・とはいえ、いたとしたらメメントモリ破壊に失敗していたでしょうが。年明けに期待しましょうw

では、第13話感想行きます!


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【キャラクター】
○刹那

メメントモリ攻略のため、遊撃隊として出撃。イノベイターのヒリング・ケアと対峙する

どのような状況にも対応しなければならないため、トランザムは封印。トレミー突撃時にEN切れじゃ洒落にもならんので当然といえば当然だが、トランザム抜きでもヒリングと対等に戦っていた。確かリボンズは00ガンダムはガデッサの敵ではないと言っていたが、00ライザーならば素でもガデッサと互角以上の性能になるのだろう

次回は不幸姫と再会するようだが…「プトレマイオスと離れ離れになった」って、子供か!www


○ライル
セラヴィーのハイパーバーストで装甲が剥がれたメメントモリの弱点である電磁場光共振部に精密射撃
「その名の通り、狙い撃つぜぇッ!!」
には震えたw
これでやっとCBメンバーにロックオンの名が伊達ではないことを証明できたんじゃないだろうか。特に、ニールに強い思い入れが残っているティエリアおよびフェルトと新たな信頼関係を築けるのではないかと思う

ところで、トランザム発動時のシールドビットの正確性にフイタw
あれだけの集中砲火を全てシールド防御するなんて神業。まあ、ライルの能力じゃなく、ハロ様様なんだろうけどw


○ティエリア
「ハイパーバースト!完全開放!!!」
って咆哮していたが…セラヴィーのトランザム&全EN放出のビームならばあれぐらいの衛星兵器なら粉々にふっ飛ばしそうなものだと思うんだがどうだろうか

トランザムといえば、トレミーがトランザム発動でメメントモリのビーム砲を避けていたが…それならセラヴィーだってアリオス並みに動けるはずだ!と思うんだがどうだろうか


○アレルヤ
ハブラレルヤ継続中www

今回のような拠点攻略戦にでは、本来遊撃担当であるはずのアレルヤ。それが00ライザーというアリオス以上のスピード狂機体の登場によって、トレミーの動力になる以外に役割がなくなったようだ;;
これからも輸送船護衛のような航行距離が要されるようなミッションでしか見せ場が無いのか…><早くGNアーチャーの真の力を見てみたいのだが…


○スメラギ
メメントモリ破壊作戦を立案…というかこれ、所謂ゴリ押しってやつだよね?www
スメラギは自分の戦術でミッションを成功させた上で仲間達を守りたいと思っているようだが…もしカタロンやネーナからメメントモリの内部構造が提供されなかったらどう攻略するつもりだったのだろうか
いくら戦力として期待できないとはいえミサイルによる援護攻撃ぐらいならカタロン艦隊でも出来るはず。トレミーがカタロン艦隊と通信できない状況なのだから、事前に刹那にカタロン艦隊との接触の際に援護攻撃を要請するよう指示しておく等のやりようはありそうなもの
内部構造がわかった上で、ケルビムの一度きりの精密射撃に期待するなんて戦術家として作戦立案が杜撰すぎるような気がしてならない。もっとしっかりしてくれよと


○マリー&沙慈
マリーからルイスがアロウズのパイロットであることを聞いた沙慈。確信を得てどこかしら安堵したような表情をしていたが、アロウズのパイロットになっていたことそのものは最悪に近いと思うんだがどうだろうか。それぐらいなら、まだ行方不明のほうがマシなような気が;

マリーはスメラギの依頼でアリオスのトランザム発動&プトレマイオスの回避のタイミングを計っていたようだが…何をどう計算していたのか全くわからなかったりw
これからもああいう形でCBメンバーを補佐していくことになるのだろうか


○アニュー
00ライザーから齎された情報を元に、メメントモリが「オービタルリングの粒子加速器を利用した自由電子レーザー照射装置」であると指摘
てか、よく舌噛まなかったなと褒めてあげたいw


○カタロンの人々
CBの協力により、メメントモリの破壊に成功
というか、全くカタロン宇宙軍が役に立っていなかったのは秘密w

それにしても、クラウスは「これで中東は救われた」と言っていたが、確かに大気圏外からのビーム照射の危険は無くなったが、中東独立国家が地球連邦から睨まれている状況に変化は無い。しかも、最大の戦力を持っていたスイールは壊滅状態に追い込まれているので決して展望が明るいとは言えない
そろそろ不幸姫が保母を卒業しないといけない時期が近づいてきたと思われる…歌ってる場合じゃないぞwww


○熊
荒グマ時代を知る男、ハーキュリー大佐と再会…って誰?w
とりあえず、マーキュリー大佐じゃなくて安堵(´ー`)


○リント
銀キノコ、死すw
最期まで小物臭を漂わせていたが、イノベイターが参戦しどんどん登場人物が増えている中で空気化していくよりは、この時点で退場したほうが良かったのかもしれない


○ヒリング
「そっちとは射程が、ダンチなのよね!」
って、こんなことでライラ大尉を出さなくても;;
なんというか、時折ポロリと出てくるガノタにしかわからないネタはどうなんだろうか。自分は楽しめるほうだが、批判的な人も多いので敢えて火の粉をかぶる必要も無いと思うんだけど
この方もライセンスを持っているようで、自由な行動が許されていた。とりあえず、イノベイターは全員ライセンス持ちで、例外がブシドーだけって事なのかな

出来ればイノベイターにはそれぞれの専用機があるといいなと思っていたが、ヒリングはガデッサに搭乗。00ライザーが相手だったせいで良いところなし。どちらかと言えば、リヴァイブのほうが威圧感があったような…一応戦闘用イノベイターのはずなので、もう少し頑張って欲しいところ


○中華&ネーナ
プライドの高い中華は「意地汚い」呼ばわりされたのが余程腹立たしかったらしく、リボンズが自分ではなくCBにツインドライブシステムが託されたことに動揺していたことを指して、「男の嫉妬は見苦しい」と吐き捨てていた
そんな中華に対して、「女の嫉妬も見苦しい」と嘲笑するネーナ。前回、中華がネーナに「貴女は自分が思っているほど特別ではないということよ」と言ったのを脳量思波が使えない人間の嫉妬と捉えたのだろう

というわけで、内心中華のことを快く思っていないネーナは、CBのメメントモリ攻略戦を高みの見物しようと考えていた中華の思惑に反して、メメントモリの情報をトレミーにリークし、自身は00ライザーの援護に

CBクルーはメメントモリの情報を中華から提供されたものと思っているので、CBと中華が接触した際にネーナの行為が中華にバレてしまう可能性は高い。そうなったときにネーナはどのように言い訳するのだろうか。それとも脳量思波が必要な中華が、自分を切り捨てることは無いとタカをくくっているのだろうか
なんにせよ、ネーナの中華裏切りフラグがさらに強固になってきたと言える

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

というわけで、2ndシーズンの1クールが終了しました
全体的に1stに比べてスピード感があって飽きない作りになっているのは良いですね。これからもそのスピード感を落とさずにいて欲しいものです

ただ、政治的描写が少なくなったことで、単純な二極化(CB対アロウズ)の構成になっているのは賛否ありそうです。確かに、アロウズという物語上の必要悪を作ったことでわかりやすくなった分、CBの本来の目的である『戦争が無い世界の実現』への指標が薄れたような気がしないでもありません

2ndになり、世界観がかなりZガンダムに似てきた(ティターンズ=アロウズなど)と感じられている方も多いとは思いますが、この作品はZのようにシロッコ(00でいえばイノベイター)を倒せば終わりというわけにはいきません。つまり、『戦争が無い世界を実現するための手段とは何か』に対してしっかりとした答えを出さなければ終われない作品なのです

今更ながらかなり難しいテーマを扱ったなという印象ですが、風呂敷を広げた状態で始めたのだから、しっかりと畳むのも製作側の責任だと思います。どのように捌いてくれるのか、あと1クール期待して見ていきたいと思います


以上が今年の最終記事になります
今年1年、このような駄文にお付き合いくださり感謝の言葉もありません
来年もどうぞよろしくお願いいたしますm_ _m
では、皆様よいお年を





ところで…
私事の宣伝ですが、自分、MS−Tacticsという無料オンラインゲームの管理人をしています。MS−Tacticsとは好きな機体に乗って他のプレイヤーの機体等と戦闘するシミュレーションゲームです
所謂大型MMORPGのように何かをインストールしたり、特段のPCスペックが必要だったりしませんので、是非ご興味をもたれた方はご参加ください
→アドレスはttp://painpomm.sakura.ne.jp/hp/
リンクにある「ENDLESSWALTZ]からも行けます。宜しくお願いします!

| ガンダム00 | 2008.12.29 Monday,00:04 | comments(2) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 2009.04.19 Sunday, | - | - |

Edit this Entry

Comment

こんにちは。今年も年の瀬がやってきましたね。
ガンダム00の放送後に中東で大勢の方々が亡くなったニュースをみて複雑な気持ちになりました。現実なんですよね…。
さて、スパイ?であるはずのアニューは今回のメメントモリ破壊作戦ではCB側に協力していましたが、リボンズにとってメメントモリはそれほど重要ではなかったのでしょうか…?

| まるくる | 2008/12/29 2:29 PM |

>まるくるさん
こんばんは。年の瀬ですねー休みが多いはずなのに、仕事三昧ですが;
中東ひどいですね…00に限らず時折アニメで戦争を語るなって意見を見ますけれど、私はそれがリアルに思いを馳せる切欠になるならそれで十分だと思っています

さて、メメントモリですがそれなりにリボンズも重要視していたと私は思います。全く気にならないならヒリングを派遣する必要は無いですし
それより、アロウズによってトレミーが落ちたらアニューも死んでしまうわけですが、そこらへんをリボンズがどう考えてるのかが気になりますね。今回もあわやメメントモリのビーム砲で消し炭になるところでしたからね;;

| mm | 2008/12/31 1:00 AM |

Submit Comment









Trackback URL

トラックバック機能は終了しました。

Trackback