<< 鉄のラインバレル感想 第12話「南海より愛をこめて」 | main | 鉄のラインバレル感想 第13話「黒の執行者」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | 2009.04.19 Sunday, | - | - |

機動戦士ガンダム00 2nd 第12話「関係、してたんだ…あの頃から…ッ!」


00ライザーありえねえええええ!!!
機体を量子化って、パイロットはどうなってんの!?もしやパイロットも量子になってるのか??
そんな00ライザーの性能にさしものリボンズも驚きを隠せない様子でした。CBの反撃開始ですかね

では、第12話感想行きます!


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【ポイント】
○ツインドライブシステムの未知なる力の発動その2

おさらいとして、判明しているツインドライブシステムの特殊性能は以下の通り
‖舂未裡韮領鎧劼鮴源困よび放出する
↓,硫畩蠅複韮領鎧劼鯒涓陲箸靴得爾鯑呂韻
 ※前回の時点では予想どまりだったが、今回00ライザーに対峙したパイロットの反応から見てほぼ確定
そして今回、上記に加え『機体を量子化する』が加わった

てか、普通にチート;;
ターンXの分裂も反則だと思ったが、00ライザーはそれ以上。トランザムシステム発動時の00ライザーは無敵といっても過言ではないと思う
ちなみに、リボンズは00ライザーのこの能力は知らなかったようで、戦闘用イノベイター達に00ライザーの奪取指示を与えていた。ただ、真っ向から戦うのは危険だとイノベイターも学んでいるので、大量物資で包囲網を敷きヒット&アウェイで消耗戦を狙うといった1stにもあった鹵獲作戦が立てられる可能性が高いように思われる

それにしても、GN粒子を媒介とした伝達にしても機体の量子化にしても、1機で戦局を変えるような能力について、CBメンバーが誰一人何も言わないのは少し不自然に思える。特に、GN粒子が声を伝える能力は戦術レベルを超えて戦略レベルさえ左右する内容だと思うんだが。尺の問題なのかもしれないが、今後の作戦立案に相当の影響が出るはずのものなので、せめてスメラギには解説して欲しかったところ



【キャラクター】
○刹那

せっさん、初めて粒子になった感想はどうでした?w
というわけで、ブリング&リヴァイブを瞬殺。とはいえ刹那自身が強くなった感は無く、相変わらず機体性能が飛びぬけているようにしか見えない。せめて一度はノーマル00の時点で戦っていれば比較のしようもあるんだが

戦闘後は、沙慈に殴られて吹っ飛ぶw
4年間で人らしい思いやりは学んだようだが、口下手は相変わらず。ライルにそれを指摘される。ライル曰く、刹那は「戦闘は俺が引き受ける。お前は説得でも何でもして彼女(ルイス)をアロウズから取り戻せ」と言いたかったらしい。それが「お前のための、戦いをしろ」…うーん、普通にわからんでしょ。刹那の国語力の無さが悲しいw
ただ、沙慈がOライザーでプトレマイオスから脱出しそうになったとき、それに気付きながらも自由にさせていた辺りは良かった。沙慈がどう決断するかを見届けようとしたのだろう。ただ、沙慈が踏みとどまらなかったら、CBは大幅な戦力減(というよりOライザーが無しでは勝ち目も無いだろう)なので、戦闘員の判断としては失格なんだけどれど;


○ライル
刹那の気持ちを代弁していたり、メメントモリのカタロン宇宙軍への攻撃を説明したり、実はティエリアやアレルヤより美味しいところを持っていってるような

戦闘では、コーラの戦術であわや撃墜の危機に
00ライザーの援護でなんとか九死に一生を得たものの、まだまだ不安定。やはり兄貴の技量にはまだ達していない様子。ただ、ライルの危機をいち早く気付いたフェルトとのフラグはまだ残されているようだ


○ティエリア
本編ではあまり目立たなかったものの、その言葉は見事に沙慈のトラウマとして刷り込まれていた。あの時は、CBやカタロンから離れたいというだけの理由だったのでティエリアの言い分が当然と思えたが、今の沙慈には厳しすぎるような;;しかし、ティエリアがあの場面でしっかり叱っていたからこそ、沙慈が逃亡することも無かったわけで…さすが先生だねw


○アレルヤ
またしてもハブラレルヤ時間に突入www
一応、CBの非戦闘員の護衛任務を成功させたりしてたみたいだけど…地味www
いつまで続くかな


○沙慈&ルイス
もしかしたら、戦う人間同士が分かり合うためのものだったかもしれない00ライザーの声伝達能力。ただ、人が意思を交換することが必ずしも良い結果を生むわけではないことは歴史が証明している。2人は、そんな悲劇の象徴になってしまった

予想以上の鬱展開><
ルイスにとって沙慈が身近な分だけ、彼に対する憎しみも深いものになるんじゃないかとは予想していたが、まさか4年前から刹那とグルだったと誤解してしまうなんて想像できなかった。水島監督はドSのようだw
多分、両親を失い、身体を弄られて、復讐心だけで戦っているルイスにとって、沙慈との思い出は唯一の拠り所だったのだろう。その記録を全て消去してしまったルイス…これで今まで以上に捨て身でガンダムに立ち向かってくるだろう
もし沙慈が刹那の本意を知り、00ライザーの能力で再度ルイスと対話する機会があったとしても、今のルイスの心に沙慈の声が届くとは思えない。せめて戦場でなければ、わずかに説得の可能性もあるかもしれないが…今の戦況を見る限り、トンデモ展開でも無ければその状況になること自体が難しそうだ
ただ、そこで気になるのがマリーの存在。見落としがちだが、マリーは沙慈とルイス両方と接触しており、かつ両方に悪印象を持たれていない。そして、今回も沙慈の異変に気付いていた
このような描写から察するに、マリーが2人を結ぶキーマンである可能性は高い。もしかしたら、アレルヤ&マリー関連の話自体が沙慈とルイスの橋渡しのための大掛かりな伏線なんじゃないかと思われる。だとすれば、アレルヤ&マリーの和解が、意外なほどあっさりしていたのも頷ける。アレルヤが沙慈の踏み台になっているようだから、アレルヤファンからしたら複雑だろうが…w


○小熊
「華奢な腕だ。パイロットのものとは思えん。君は、アロウズにいるべきではない」
戦場でルイスと沙慈の声を聞き、ルイスに戦うべきではないと説得するものの撃沈;ただ、小熊は生粋の軍人だと思っていたので意外に人格者らしいことがわかって好感度はアップw
反抗したルイスに手首を握り返されて顔を顰めていたのは、決して小熊がひ弱なわけではなく、握っているルイスの左手が再生された人口腕だからであろう。ルイスからすれば『これでも華奢ですか?』といったところだろうが…反則でしょ;


○熊
メメントモリによるスイール攻撃を目の当たりにするものの、連邦大統領から箝口令をしくように特命を受ける。『特命大佐セルゲイ・スミルノフ』ね…いいかもw
もっとも、熊本人はアロウズのやり方は気にいらないらしく、その特命にも納得がいかない様子。「軍規に従う、か…」と呟いていたが、頼むから地球連邦を裏切るとかそういう展開にはなってくれるなと祈りたい


○カタロンの人々
マリナ…頼むから仕事してくれwww

メメントモリの第二射が発射され、中東リチエラの軍事基地が壊滅。また、第三射はカタロン宇宙軍の4分の1を消滅させる。これでカタロン宇宙軍に残された道は第四射が放たれないうちに特攻する以外に無くなった
しかし、地上のカタロン軍は何をやってるのか。セルゲイが言うように、軍内部でもアロウズのやり方に異を唱える人物がいるぐらいなのだから、民間人にメメントモリによる被害を広告するだけでもそれなりの効果はあげられそうなもの。宇宙軍が命を賭けて戦っているのだから、地上に残された構成員が祈っているだけというのはあまりに情けない
何より、池田が勿体無さすぎるwww

予告のアムロ氏のテンションからしてメメントモリは次回破壊されそうだが、もしカタロンが手に入れたならば、どのように使用するだろうか。そうなればクラウスの野望が明らかになっていくような面白い展開も期待できるのだけれど…ただ、ストーリーが複雑になりすぎるので期待薄だろうな;


○リヴァイブ&ブリング
00ライザーの前に完敗。リヴァイブは粘っていたが…それでも機体量子化のチート能力の前では成す術も無かった。ま、しょうがないね…('・ω・`)
ただ、なかなかのしぶとさでどちらも脱出には成功。特にリヴァイブはあの状態からよく逃れたものだと思う
リボンズの指示で、ヒリング&ディヴァインと共に00ライザーの奪取に着手するとのこと。なんとなく、援軍のその2人のどちらかはあっさり死にそうな気がしてならない

ところで、ブリングが搭乗していた機体名なんだったんだろう?結局わからずじまいだったような…w


○リボンズ&中華
00ライザーの性能にリボンズは珍しく動揺。それを中華が指摘するが、
「黙っていろ、意地汚い小娘が…」
とリボンズが中華の頬に裏拳をヒット!中華はその勢いで尻餅をついてしまう

これで完全にリボンズが中華を信用していないことが判明した。つまり、前々回にアリーに館内を捜索させたのは、予想通り中華のスパイ行為を暴こうとしていたとみて間違いないだろう
気になるのは、これで中華がどのように出るかというところ。メメントモリ発射の際の態度や今回の顛末を見る限り、イノベイターは想像以上に危険な存在だと中華も痛感したはず。それでも彼らとの接触を続けるかどうか。気になるところだ

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

本文でも再三書いている通り、機体量子化はチート以外の何者でもありません。ロボットものの主人公機は大なり小なりチート性能を発揮するものですが、実体が無くなるというのは初めてじゃないでしょうか
アロウズの量産機もガンダム並みの性能になってきているのは確かで、それをCBの少数戦力で渡り合おうとすること自体に無理があるのはわかるんですが、その戦力差を機体性能だけで埋めるのではなく、パイロットが成長したから強くなったというカタルシスで埋めて欲しいというのが希望だったりします
とはいえ、00ライザーを超越した機体が出てくるはず(そうしなければラストで盛り上がらない)なので、それが楽しみだったりもするんですがw




ところで…
私事の宣伝ですが、自分、MS−Tacticsという無料オンラインゲームの管理人をしています。MS−Tacticsとは好きな機体に乗って他のプレイヤーの機体等と戦闘するシミュレーションゲームです
所謂大型MMORPGのように何かをインストールしたり、特段のPCスペックが必要だったりしませんので、是非ご興味をもたれた方はご参加ください
→アドレスはttp://painpomm.sakura.ne.jp/hp/
リンクにある「ENDLESSWALTZ]からも行けます。宜しくお願いします!

| ガンダム00 | 2008.12.21 Sunday,23:46 | comments(7) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 2009.04.19 Sunday, | - | - |

Edit this Entry

Comment

はじめまして。
00ライザーの機体の量子化にはたまげました(笑)

ちなみにブリングが乗っていたのは「ガラッゾ」という機体です。

| Mac | 2008/12/22 7:05 PM |

はじめまして。
いつも楽しく拝見させていただいております。
沙慈とルイスの橋渡しをマリーが担う推測〜。携帯みながらうんうんうなづいてしまいました。
お忙しいようですが更新頑張ってください。
また来週楽しみにしています☆

| まるくる | 2008/12/23 1:21 AM |

>Macさん
はじめまして!コメントありがとうございます
ブリングのMS、「ガラッゾ」っていうんですね。公式サイトさえあんまり見ない無精者なので知りませんでした;せっかくの新型だったのに、あまり活躍の機会が無くて可哀想な機体でしたね

>まるくるさん
はじめまして!こんな駄文をいつも見て下さっているとは…感無量ですTT
マリーに関しては、気付いたとき「閃いた!」って小躍りしてたんですが、多くの感想サイト様も予想されてましたね;まあ、そのおかげで今は確信をもってます
1stから長く見守り続けているので(?)、沙慈とルイスには幸せになって欲しいですね><

| mm | 2008/12/23 11:23 AM |

あれは量子化だったんですね。金属の剥離現象かと思ってました(^-^;)

アレルヤは完全に空気ですが…GNアーチャーて、人型に変形しそうですよね?

| 新参者 | 2008/12/24 7:34 PM |

>新参者さん
こんにちは!
さすがにF91のまるまるパクリはしなかったんでしょうねwただ、それ以上に凶悪ですが;
すいません、GNアーチャーって初耳です;;次回登場するんですかね?

| mm | 2008/12/24 11:02 PM |

多分なんですが…
アリオスに新しくくっついたパーツみたいのがGNアーチャーだと思われます。オーライザー登場時に一緒に出て来ていたような…。
足みたいのが見えたので、多分変形するのかな?と勝手な予想です(^-^;)

| 新参者 | 2008/12/25 2:44 AM |

>新参者さん
なるほど。アリオスに新しいパーツがついていたんですね。ごめんなさい、見逃してました;
確かに空気アレルヤの救世主になりそうですねw

| mm | 2008/12/28 6:36 PM |

Submit Comment









Trackback URL

http://painpomm.jugem.jp/trackback/153

Trackback