<< 鉄のラインバレル感想 第11話「SUPER NOVA」 | main | 鉄のラインバレル感想 第12話「南海より愛をこめて」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | 2009.04.19 Sunday, | - | - |

機動戦士ガンダム00 2nd 第11話「俺達が破壊するッ!俺達の意思で!!」


ガンダム恒例の裸シルエットタイムが来ましたw
まさかあんな形で沙慈とルイスが再会するとは思いもよりませんでしたが;
沙慈がCBと共に行動するようになって時間の問題で来る瞬間ではあったのですが、敵と味方に分かれた戦場での邂逅とは悲しいですね><
まあ、それでもあの演出には笑ってしまうんですがwww

では、第11話感想行きます!


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【ポイント】
○ツインドライブシステムの未知なる力の発動

カティ指揮によるアロウズ艦隊のCB基地およびプトレマイオス奇襲作戦により、危機に陥ったCBを救ったのは0ライザーと合体した00ガンダム『00ライザー』だった。刹那は立ち塞がるブリングの新型MSに対抗するためトランザムを発動する。その瞬間、刹那は戦場の全ての人間の声を聞き、沙慈はルイスと再会する

ニュータイプwww
まさか00で裸シルエット見れるとは…。てか、最終回は29歳のヒロインも裸!?w

冗談はさておき、この現象がツインドライブシステムとトランザムシステムの相乗効果によって発動されたのはまず間違いない。直接的な効果としては爆発的にGN粒子を生産し放出することらしいが、それだけではなく、戦場にいる人々の声が聞こえるという効果もあるようだ
これがどういう原理なのかは正直全くわからないが、過ちを恐れずに予測するならば、GN粒子はある一定以上がエネルギーとして流れる時に人の意思を伝達する通信機能を持つんじゃないかというもの
そうであれば、GNドライブ搭載機(擬似含む)に乗っているパイロットの声が刹那たちに届いたことやマリーがセルゲイの危機を察知したことに説明がつく
そして、その効果と以前リジェネの台詞にあった「来るべき対話」がなんとなく繋がりそうな気がしてならない



【キャラクター】
○刹那

ティエリアからイノベイターの存在、またイノベイターこそがイオリアの計画の体現者であり自分達が異端である可能性があることを聞くも、
「破壊する。アロウズを倒し、イノベイターを駆逐する。俺が、俺の意思で」
と戦う意思を新たにする
ヴェーダからの指令から離れた時点で、現CBは既にイオリア計画の遂行者足りえなくなっている。それをCBメンバーは自覚していなかったが、今回イオリアとは関係なく自分達の意思で戦いを止める決意を固めたと言えるだろう

戦闘では00ライザーの力が遺憾なく発揮され、アロウズのジニン大尉を撃墜
ただ、ジニンは良パイロットではあるもののブシドーやアリー、イノベイターといった人外パイロットほど熟練ではない。イアン曰く、00ライザーは現存する全てのMSを凌駕する性能だということなので、彼らに勝てるかどうかは全て刹那の腕にかかっていると言えるだろう

ちなみに、地味に今回刹那を一番苦しめていたのはコーラだった。4年越しの「模擬戦なんだよぉ〜」の借りを返せたかなw


○ライル
アニューが気にかかる様子。このタラシが!w
スパイ同士、これから心を通わせていくのかもしれないが…フェルトはどうなるんだ;;
一番ありがちなのが、ライルとアニューは惹かれあうもののアニューはイノベイター側に戻り、戦場で敵同士として再会するって展開だろうか。それじゃ沙慈とルイスの二番煎じになっちゃうけどw

戦闘ではほとんど見せ場が無かったが、ケルディムにも新たなシステムが搭載されたらしい。今まであまり目立たなかったが、そろそろ兄貴譲りの「狙い打つぜぇッ!」を聞かせて欲しい


○ティエリア
スイールへのメメントモリの攻撃を目の当たりにし、ようやくイノベイターのことを仲間たちに話すことになる。その説明で、イノベイターが『ヴェーダによって生み出された生態端末』だと明らかになる
なるほど、生態端末だからヴェーダにアクセス出来るということか。今までは脳量子波を扱える人間なら誰でもアクセスできると思っていたけど。ネーナとかネーナとかくぎゅとか

戦闘ではブリングの新型MSに圧倒されいいところなし。一番のストロングポイントであろうパワー勝負でも負けていた。最近セラヴィーこんなのばっかだな;;
まあ、多分ティエリアは戦闘用イノベイターではない(リジェネと同型なので)だろうから、MSだけではなく技量もブリングには歯が立たないのかもしれない。隠し腕以上のギミックを開放しなければならない瞬間がそろそろ近づいているような気がする


○アレルヤ
00ライザーのトランザム終息とともにハレルヤはまた眠りの世界へ
ただ、1stのようにアレルヤはハレルヤが覚醒したのを知らない様子。もしかしたら、アレルヤ自身がハレルヤを死んだと思い込んでいるために両者の思惟の疎通が図れなくなっているのかもしれない
全くのヤマカンだが、ハレルヤの存在にいち早く気付くのはマリーのような気がする。それがマリーのCB離脱フラグにならなければよいが…


○バスティ家族
プトレマイオスに乗らなかったリンダに死亡フラグが立ったと思いきや、まさかイアンとは
ただイアンはしぶとそうなのであれで死ぬことは無いだろう。マリーが助けに来ていたし
ミレイナがパパの危機に取り乱して第三格納庫に駆けつけなかったのは意外。それなりに自分のポジションの重要性を認識しているのか、それともあれぐらいじゃパパは死なないと信じているのか…後者なら笑えるw


○マリー
マリーがあれだけ離れた熊の危機を察知できたのは、ラストで発現した00ライザートランザムの未知なる力のためだろう。メメントモリも太陽炉発電、つまりはGN粒子を利用した兵器なので上記ポイントで記したように、GN粒子が意思を運んだと思われる

戦闘前には、リヴァイブの脳量子波によるアニューへの通信を感じ取っていた。多分、アニューがイノベイターのスパイだといち早く気付くのもマリーになるのだろうが、それは女の秘密には女のほうが鋭いという太古からの通説どおり。まあ、男の秘密も女のほうが鋭いんだが;;


○アニュー
やっぱりイノベイターでしたwww
まあほとんどの感想ブログ様が見破っていたので、わかり易いキャラと言える
しかし単なるスパイとして物語上処理するには、ライルとの絡みなど意味不明な伏線が多い。やはり予想としてはCB側に心情を移していくんじゃないかと思われる
ただ、今のところは完全にイノベイター側なので、操縦を任せちゃうのは危険極まりない。ラッセ、砲撃なんて数撃ちゃあたるんだから、大切な操縦桿握ってろwww


○ラッセ
スメラギの指摘により、このままの状態を放置しておくと死にいたる身体状況であることが判明した
1stのラストで死んだと思われるほどの重症を負っていただけに、やはり完治していたわけではないようだ。もしかしたら、生命維持機能の一部をリヒティのようにサイボーグ化しているのかもしれない
明らかな死亡フラグではあるのだが、確定ではない。出来ればリヒティの分も生き残って欲しいもの


○スメラギ&カティ
スメラギは相変わらず今ひとつ予測が遅く、カティに先手を取られて大苦戦
戦力的には圧倒的にアロウズ側が有利。00ライザーが間に合わなければ本当にプトレマイオス撃墜されてたぞ…もっとしっかりしてくれ;
ただ、ティエリアが仲間達に自分もイノベイターであることを打ち明けようとしたのを、「貴方は私達の仲間よ」と声をかけ止めたのは良かった。スメラギはティエリアがイノベイターであることを察しているのだろう

カティは「今度こそ」と息巻いてCB基地を襲撃
相手が九条だと知ったことでカティにはその手の内が見えているのかもしれない。カティの作戦は悉くスメラギの先手を打つもので、リヴァイブすら人間にしては面白い作戦を立てると褒めていた
しかし、そんなカティでも00ライザーはさすがに計算外。次回またしても撤退を余儀なくされるだろう
だが、それでも圧倒的にアロウズがCBより優位に立っているのは揺るがない。00ライザーを計算に入れた上で、ブシドーとも合流した後がスメラギとの決戦となるだろう


○沙慈&ルイス
「どうして君が…どうしてここにいるんだッ!?」
「どうして貴方が…どうしてここにいるのッ!?」
沙慈は成り行きでルイスは復讐です。すっきりしたかな?w

沙慈は落ち着けばすぐにルイスがアロウズにいる理由に思い当たるだろう。そして、自分がガンダムに乗っていたことをルイスがどう思うかも察するはず
しかし、ルイスには沙慈の本意はわからない。沙慈自身も自分がどうすれば良いかわからないのだから当然だが;

ルイスがイノベイターの本当の目的、そしてイノベイターがルイスの両親と腕を奪った原因を作り上げていたと知ることになるまでは、ルイスの憎しみは沙慈にも向かうだろう。自分の悲しみを最も理解しているはずと信じていた相手だからこそ、ルイスの沙慈に対する憎しみは最も深いものになるかもしれない…なんだか遣り切れねえ><


○ジニン大尉
御大将も言ってるでしょ、
「戦場でなあ! 恋人や女房の名前を呼ぶというのはなあ!死亡フラグなんだよ!」
って(一部脚色アリ
いつも突っ込みがちなルイスを嗜め、冷静な判断を下せる良い隊長だったが、00ライザーの見せ場にもっていかれてしまった。これでルイスがガンダムを憎む要因がまた1つ増えたことになる

脚本として感心したのは、ジニンの美人妻の死がカタロンの反連邦テロによってだったこと。カタロンがアロウズを憎むように、カタロンによって生み出されている悲劇もある。そういうところもしっかり描写しているところが00の良いところだと思う


○熊&小熊
熊生きてた!w
まだマリーは熊のことを忘れてないぞ。しぶとく生き残ってくれ><

小熊は熊に比べて戦闘ではパッとせず↓
ただ、沙慈とルイスが望まぬ形で再会したため、一気にルイスに近づくチャンスを得た。まあ無理だろうけどガンバレw


○カタロンの人々
もういいからマリナは保母に転職しろwww

カタロン宇宙部隊はその全戦力を持ってメメントモリへの攻撃作戦を敢行。そのため、クラウスとシーリンは地上でお留守番
戦闘艦23隻MS43機という布陣はなかなかのものだが、多分、アロウズ艦隊には歯が立たないだろう。その上、頼みの綱のCBもカティの奇襲により足止めされてしまっている。返り討ちぐらいならば良いが、全滅してしまいそうな予感


○リヴァイブ&ブリング
カティ指揮によるCB基地およびプトレマイオス奇襲作戦に参加
リヴァイブはGNメガランチャーでプトレマイオスのGNフィールドを突き破り、ブリングはセラヴィーを圧倒する

それにしても、ツインバスターキャノンの軌道を盾で逸らせるなんて反則でしょ;;セラヴィーがかわいそ過ぎる><


○中華&ネーナ
メメントモリを使用するイノベイターのやり方に中華は眉を潜めるものの、ネーナは嬉しそう。まだ中華のほうがまともな感覚を持ち合わせているようだ。ただ、世界を変革するという目的のためには手段を選ばないという考えに変化は無いようだが

ネーナはにぃにぃズを殺した相手に協力している中華を内心憎憎しく思っている様子。一応命の恩人だからその指示に従っているというところだろうか
先述したようにイノベイターには一定の理解を示しているので、アリーがいなければネーナが中華を裏切ってイノベイター側につく可能性が出てきた。逆に、アリーはもともと戦争屋であってイノベイターの最終的な目標には興味が無いはずなので、彼のほうがイノベイターから離れるのかもしれない


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

CBの基地を見て思ったんですが、あんなに人がいたんですね。確かにあれだけの兵器を生み出すのにバスティ家族だけじゃ無理だろとは思っていたんですがw
それにしても、あれだけ人数がいると中にスパイが紛れ込んでいてもわからなそうです。ただでさえ、アレハンドロ(もう忘れてます?w)のようにCBの組織は一枚岩ではないので、その機密性が少し心配ですね

それにしても、毎回良い意味で予想を裏切ってくれて00はとても面白いです。次回も期待してます^^




ところで…
私事の宣伝ですが、自分、MS−Tacticsという無料オンラインゲームの管理人をしています。MS−Tacticsとは好きな機体に乗って他のプレイヤーの機体等と戦闘するシミュレーションゲームです
所謂大型MMORPGのように何かをインストールしたり、特段のPCスペックが必要だったりしませんので、是非ご興味をもたれた方はご参加ください
→アドレスはttp://painpomm.sakura.ne.jp/hp/
リンクにある「ENDLESSWALTZ]からも行けます。宜しくお願いします!

| ガンダム00 | 2008.12.15 Monday,23:42 | comments(0) | trackbacks(7) |

スポンサーサイト

| - | 2009.04.19 Sunday, | - | - |

Edit this Entry

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://painpomm.jugem.jp/trackback/151

Trackback

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/10/12 10:50 AM |

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/10/19 11:22 AM |

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/10/20 11:59 AM |

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/10/20 4:59 PM |

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/10/21 8:47 PM |

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/10/22 4:41 PM |

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/10/27 5:44 PM |