<< 機動戦士ガンダム00 2nd 第10話「これからお前達が受けるのは、天からの雷、神の裁きだ」 | main | 機動戦士ガンダム00 2nd 第11話「俺達が破壊するッ!俺達の意思で!!」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | 2009.04.19 Sunday, | - | - |

鉄のラインバレル感想 第11話「SUPER NOVA」


スパロボZ、リアル系シナリオで45話まで進みました
いつもはリアル男を初めにやるんですが、今回は選択肢無し…残念↓
ストーリーとしては、Zガンダム劇場版と種運命がメインのようですが、特にシンが主人公らしく成長しているのが特筆すべきところでしょうか。逆に、キラは幼稚な理想論で戦うなやら血を流す意味がわからない人を信じることは出来ないやら他作品の主人公達にボロカスに言われてて笑えますw
ラクシズが勝利するのは仕方ないにしても、そのやり方を叱る人がいれば原作もまだマシになったろうにと思います。スパロボではしっかりその部分を非難しているので、どちらかというとキラ達も原作より良い好印象だったり。そう考えると、種運命は子供を叱らないとこうなっちゃいますよ、っていう反面教師的な作品だったのかもしれません

ところで、以前も書いたような気がしますがラインバレルはとってもスパロボ向きな作品ですよね。Zにおける多元世界という世界観と絶妙にマッチしてます
今回の話は、もしスパロボに参戦したらメインシナリオに入ってくるんじゃないかなと思えるような、世界を救う話でした

では、第11話感想行きます!

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【キャラクター】
○浩一

エクゼキューターでヘリオスを破壊。地球を救う正義の味方になる

戦闘中石神に地球の命運を託されたが、その重圧に潰されることは無かった。それは、エクゼキューター発射後に、
「矢島、見てたか?俺、世界を救っちまったんだぜ。なあ…さすがのお前も驚いただろ?なんかさ…凄く、いい気分だ」
と呟いたように、浩一にとって正義の味方になることは夢であり矢島との約束でもあったからだろう

ところで、前回年上だと判明した山下のことを、戦闘中にもかかわらず律儀に「山下君」と呼んでいたのが何となく面白かった。こういう変なところで素直な面があるところに女性人は惹かれているのかも知れない


○絵美
ついに最低の対象が道明寺に変更!!クリスマスプレゼントに買収されたなw
確かに最近の浩一はどんどん本当の正義の味方っぽくなってきつつあるからわかるけど…誰にでも言ってると「最低」が口癖ってだけで重みが無いような;てか、最後まで予告ラストを最低で閉めるのは無理があるから、1クールが終了したところで変わるような気がする


・石神
浩一がラインバレルのファクターになった当初から彼に期待していたのは、石神自身が『正義の味方』が誕生する瞬間を見たかったためらしい

確かに恥ずかしげも無く正義の味方を自称する浩一のような愛すべきお馬鹿さんはそうそういるものじゃない。そんな浩一だから、「手に入れた力の本質」、つまり『誰かを守ることが出来ること』を見せることで正義の味方になれるかもしれないと期待したのだろう

というわけで、浩一の昔を知っているのかもしれないという予想は大外れ;
ただそうなると、加藤が浩一を高く評価している理由が気になるところ。浩一がラインバレルのファクターになったのが全くの偶然ならば、浩一の人間性に何かを感じ取ったのだろうが…


・山下
エクゼキューターを使用したことでエネルギーを使い果たし大気圏へ落下するラインバレルをバレットアームで受け止める
山下にとって、森次の労いの言葉が何よりのクリスマスプレゼントになっただろう。これで少しは戦力として機能してくるかもしれない。まあ、それでも迅雷のほうが戦闘力が上に見えるが;


・美海
やっぱり浩一に気があるのね。はいはい、ラブひなラブひな
もうさ、こういう誰も彼も主人公に気があるってのやめない?リアルじゃイケメンでもあり得ないでしょ。なんていうか、モテないキモオタを喜ばせるためだけにキャラ配置してるような気がしてならないんだよね

えっと、断じて嫉妬じゃないぞ!どちらかというと、自分は理沙子の胸のほうがうわなにをやめ;y=ー('Д`;)・. ターン


・おかっぱ姉弟
めでたく早瀬軍団の一員にw
本人達(とくにシズナ)は否定していたが、ツンデレですねわかります
やはりコイツも浩一ラブらしい…なんだかねえ


・緒方
胸揺れすぎイミフ


・理沙子
なんか健気すぎるんですが…個人的にこういう子に弱かったり;
クリスマスパーティーでは1人浩一のことを待ち続けていた。一途だなあ…豊満な胸一杯に浩一への想いを詰め込んでいるんだろうな
ただ…個人的なクリスマスプレゼントを浩一が用意していたのは絵美…悲しすぎる。ケーキの腕は上がってる!後は勇気を持ってアタックするのみだ、ガンバレ第2ヒロイン(泣


・道明寺
桐山重工と特自が技術を結集して創り出した最新アルマ『迅雷』の力がいよいよ明かされる…が、
ノリ軽ッ!!w
道明寺、もしかしたら浩一以上の馬鹿なんじゃないか。地球を救う早瀬軍団って…;;

とりあえず、戦況を一気にひっくり返していたので戦闘力はJUDAのマキナと同等クラスのようだ。てか、汎用性で考えればマキナよりも上かもしれない


・ジュディ
「自分の力の意味と価値は、自分でお決め!それが力を手に入れたものの、唯一の権利なんだからね」
かっこよすぎwwwやっぱ勝生さんはお姉さまキャラが似合うなあ
気弱な山下には、これぐらい強気な女性にひっぱってもらったほうがいいのかもしれない。多分今回がラストの出番だろうが、また米軍との共闘があるならば是非登場させて欲しい


○王政陸
ヘリオスによって東京、アメリカ、フィンランド、ドバイといった都市を同時多発攻撃。しかし、ラインバレルのエクゼキューターでヘリオスごと消滅

予想通りのかませ犬ってことでOK?w
加藤よろしく想像想像とやかましく吼えていたが、リミッター解除時のエクゼキューターなら丸ごと瞬殺されることぐらい想像しとけと。初めて見せた武装ってわけでもないのだから。まあ、菅原が「予測よりラインバレルの攻撃がわずかに早く」と言っていたので、加藤にとっては想像通りだったのだろうが

アルマ『ヤオヨロズ』は、見た目は光武のように鈍重そうだが、ヒット&アウェイの見本のような機体でラインバレルを苦しめていた。しかし、搭乗者の存在自体が死亡フラグなのが悲しすぎる;
ヤオヨロズよ、安らかに眠れ(´人`)チーン


○加藤
あんたもクリスマスケーキ買っとんのかい!www

ともあれ、やはりヘリオスによる攻撃は陽動だったようで、本来の目的は達せられたとの事。多分、スフィアの設置が完了したのだろう。そろそろ本気の大攻勢に出てくるのかもしれない

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

次回は南の島で水着サービス回みたいですね
今回クリスマスの話だっただけに、季節感の変わり様が凄すぎです;
ちょうど1クールの終了会になるので出来れば戦闘も見たいんですが、期待薄でしょうか。今回のような戦闘回は盛り上がるのだけれど、メインシナリオが進んでいないのでそろそろ何か大きな転機が来て欲しいところ
それとも、このままサービスシーンとシリアスとギャグの中間あたりのテンションを楽しむべきなのかなあ…




ところで…
私事の宣伝ですが、自分、MS−Tacticsという無料オンラインゲームの管理人をしています。MS−Tacticsとは好きな機体に乗って他のプレイヤーの機体等と戦闘するシミュレーションゲームです
所謂大型MMORPGのように何かをインストールしたり、特段のPCスペックが必要だったりしませんので、是非ご興味をもたれた方はご参加ください
→アドレスはttp://painpomm.sakura.ne.jp/hp/
リンクにある「ENDLESSWALTZ]からも行けます。宜しくお願いします!

| 鉄のラインバレル | 2008.12.15 Monday,00:07 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 2009.04.19 Sunday, | - | - |

Edit this Entry

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://painpomm.jugem.jp/trackback/150

Trackback