<< 鉄のラインバレル感想 第4話「正義の代償」 | main | 鉄のラインバレル感想 第5話「明日への道標」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | 2009.04.19 Sunday, | - | - |

機動戦士ガンダム00 2nd 第4話「なんという僥倖!生き恥を晒した甲斐があったというもの!!」


ブwwwシwwwドーwwwww

スメラギの完全復帰、敵の新キャラ登場、マリナとシーリンの再会、etc…すべてブシドーに持っていかれたw
てか、普通に「Mr.ブシドー」が呼称とは思わなんだ;さすがはハムの人

ソーマたんも2ndでの戦闘初参加。物語が本格的に動き出しました
この勢いならばヒロシの出番ももうすぐかもしれませんw
では、第4話感想行きます!


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【ポイント】
○アザディスタンの今
4年前、マスードの解放によって改革派と保守派の内紛が一時収まったアザディスタンだが、現在はその前よりさらに酷い状態であることが明かされた
連邦政府への非加入により太陽路発電の恩恵を受けられなくなったため経済は破綻し、保守派リーダーであるマスードが死んだことにより改革派と保守派の戦闘は激化し泥沼の様相を呈しているとのこと

今回、CBはマリナの意見を聞き入れてアザディスタンに進路を向けたが、果たして第一皇女が帰ったところで国を救えるだろうか
万が一にもマリナが覚醒して強い指導力とカリスマ性を発揮したとしても、太陽炉発電がないために困窮している経済を建て直すことは出来ないと思われる。しかし、逆に連邦政府の傘下にくだり太陽炉発電の恩恵を得ようとすると、今度はマスードを失った保守派を刺激し内紛がさらに激化するだろうことは明白

そんな袋小路の状況の中で活路となるのが、国を去るときにシーリンが言った
「この国を救うだけでは駄目なのよ」
という言葉ではないだろうか
具体的にどのような手段をシーリンが考えているかは不明だが、その発言を根拠に予測すると、カタロンを通じて地球連邦に属さない国々を連携、地球連邦に対抗できる組織を作り上げることで対等な立場で地球連邦と交渉し、各国の自治とエネルギーの平等分配を迫る…ぐらいのことを考えていそうな気がする



【キャラクター】
○刹那

「破壊の中から生み出せるものはある。世界の歪みをガンダムで断ち切る…未来のために。それが、俺とガンダムの戦う理由だ」
戦いは何も生み出さないと主張するマリナに、刹那は自分が戦う理由を開示する
だが、それでも太陽炉搭載型水中用MA『トリロバイト』との戦闘時に
「私と一緒に来ない?アザディスタンに」
とマリナの姿を思い浮かべてしまうのは、上記の『戦う理由』が後付されたものだからではないだろうか
1stにおいても、2ndにおいても、本心の刹那は罪に対する贖罪のために戦っているように見える。だから、誰かに「戦わなくていい」と赦してもらうこと、そこに救いを求めているからじゃないかと思われて仕方ない


○ティエリア
「戦う理由か…昔なら否定していただろうが」
ということは今は否定しないということ。それは、ティエリアにも『戦う理由』が出来たからなのだろう。今回は明らかにされなかったが、リボンズやリジェネとの絡みで徐々に見えてくると思われる


○ロックオン
戦闘シミュレーション訓練の後、様子を見に来たフェルトの唇を奪うものの、逆に張り手を見舞われる;
「フラレタ!フラレタ!」と煽るハロに、
「気づかせてやったんだ。…比較されたらたまらんだろ」の一言
さすがに誰もがニールの影を重ねているのに嫌気が差してきたのだろう。やっと本音が出てきたように思う
そんな中で、接触してきたカタロンに対して、知らぬ振りをする(スパイ行動を続ける)かどうかが見物ではある


○アレルヤとソーマ
初めてのマリーと邂逅した超人機関での過去が描かれ、『アレルヤ』という名前を名づけたのはマリーだと明らかになる
ただ、超人機関の研究員達もマジックミラー越しに彼らを見ていたので、アレルヤとマリーを引き合わせたのは作為的なものだと思われる。それが何を意図するものなのかはわからないが、マリーがソーマとして覚醒するための前準備という線が一番妥当だろうか

そんな恩人に等しいソーマと再度戦うことになるアレルヤ
結果としてはソーマがアレルヤを圧倒
原因としては、アリオスがトランザム発動後でENダウンしていた為ではなく、ハレルヤが消え脳量子波さえ使えなくなったアレルヤ自身の戦闘力ダウンに因るものが大きいようだ
ただ、逆にこれでハレルヤ復活フラグがたったように思われる


○スメラギとビリー
アレルヤから
「戦う意味見つけられますよ、貴女になら」
と励まされ、CBの制服に袖を通すことを決意する。タラシだな、アレルヤww
過去に失った「大切な人」に、ロックオン・クリス・リヒティ・モレノは良いとして、最後に呟いた「エミリオ」がスメラギにとって最も大きな深手『トラウマ』になった人物であることは間違いない
予測するに、スメラギが立てた戦術予想によって命を落とした恋人ってのがベタな線だろうか

ビリーは司令官の叔父の誘いに乗り、アロウズに参加。エイフマン教授の跡を継ぎ、新型MSの開発主任に任ぜられる
スメラギのことを昔からずっと一途に想い続けて、やっと念願かなって同棲まで関係が進んだと思ったら相手は酒浸り;その挙句、最後はよく知らない男に連れて行かれる
それだけでも十分不幸なのに、刹那のおかげでビリーはスメラギがCBの戦術予報士だと知ってしまった
結果的にビリーは、4年前にスメラギが連絡を取ってきたのは旧交を暖めようとしたためではなく、完全に自分を利用し軍部の情報を聞きだそうとしていたと思い知らされたことになる。そりゃ
九条…君はずっと前から僕のことを利用していたんだね。そして踏みにじったんだ、僕の気持ちを
って『反逆のポニテ』になっても仕方ないと思う;
まあ、ビリー自身がMSに乗ることはないと思うので、1stと同様にMr.ブシドーに対ガンダム決戦兵器を託すことになるんだろうが、ラスト付近で2人の再会とドロドロの愛憎劇があるといいなとか思ったりするw


○沙慈&イアン
沙慈は宇宙技師の技術を買われ、イアンの整備の手伝いをすることに
CBのメンバーが背負った戦争の傷を聞いた沙慈は、それでも反論をしようとするものの
「そうさ、わしらは犯罪者だ。罰は受ける、戦争を無くしてからな」
と話すイアンの決意にたじろいだ様子。少しづつ、自分以外の世界にも目を向けるようになってきたように見える


○カタロンの面々
G1(ライル)からのリークでCBがアザディスタンに向かったことを知り救援部隊を派遣。ソーマの乗ったアヘッドに追い詰められるアレルヤの窮地を救う

クラウスはシーリンにマリナのことを大切な友人と呼んでいたが、それにしてはいつもシーリンはマリナに辛辣だったような気が;
シーリンはメガネからしてドSなので、そういう愛情の示し方しか出来ないんだろう(違


○マリナ
連邦政府に狙われていることを承知で祖国アザディスタンに帰ることを選択する。その途上、元側近のシーリンと再会する

上記ポイントに書いたとおりアザディスタンの現状が酷い有様になっているのは、やはりマリナの指導力不足からと言わざるを得ない
地球連邦に加盟できなかったのか加盟しようとしなかったのかは定かではないが、放っておけば経済破綻と内乱で国家が崩壊することは目に見えている状況で、国家代表として何をしていたのかと思う
また、刹那との関係をミレイナに聞かれ、刹那ともども
「違う」「違います」
と真顔で即答するあたり、ヒロインとしても失敗している(爆

それにしても、
幸薄姫には地味服が似合う
存在も地味だが、服まで合わせることないのに…w


○カティ、リント、ルイス
前回CBにアレルヤを奪還されカタロンの捕囚者も逃してしまったカティは、
「無能な者はアロウズには不要だ」
と罵られ、リントにも
「アロウズのやり方というものを、教えて差し上げますよ」
と嫌味を言われる
ただ、そのリントの敗北に
「大変勉強になりましたよ、少佐殿」
と嫌味で返すあたり流石はバーロー大佐w
CBの作戦指揮に見覚えがあるようだが、スメラギのトラウマと関連するのかもしれない

リントはカティが「悪名高い」というだけあって、性格は相当悪い;
ただ、
「今のCBは私情で動いていると推測します」
とCBの行動基準を指摘するあたりは、なかなか頭の切れる男であるようだ
こういうキャラは視聴者には好かれないが、物語として盛り上げるためには必要不可欠だったりする
00ガンダムが母艦に突っ込んできたところで「へあぁ」と情けない声をあげていたが、あまり小物臭を出さずにあくまで狡猾で知的な敵役であってほしい

ルイスには宇宙から地球への移動命令が降りる。これでガンダムの追撃隊に参加できることに気合が入っている様子
トリロバイトの製造に関して多額の寄付をした女性がいるという情報をコグマがソーマに話した直後にルイスに映像が移ったが、その女性がルイスということだろうか
両親、左腕、沙慈との関係…ルイスにとってガンダムは全てを奪った元凶。そのガンダムを倒すための事なら資産を投げうってもおかしくはないように思う


○Mr.ブシドー
Mr.ブシドーかっこよすぎるんですがw

ガンダムとの再会に歓喜したのも束の間、カタロンに邪魔をされてご立腹w
苛立ち紛れになんの躊躇も無くフラッグを2機撃墜。フラッグファイターの名前は捨てたんだなあ><

一瞬だが00ガンダムとも互角に渡り合っていたので、全く腕は落ちてない様子。つまり身体的には特に後遺症が残っているわけではないようだ
だとするとあの角仮面をつけているのは、「生き恥を晒した」羞恥によるものか、趣味かだろう

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


今更ですが、EDの石川智晶さんの歌う「Prototype」いい曲ですよね
歌詞も何やら00の物語に関係しそうですし
特に「ガラスケースに 横たわる 光の存在に 触れたくても」ってところ
『光=イオリアの頭』ってことでFAですよね?w

…ゴメンナサイ

まあ、ガラスケースの前に立つのが刹那なのか、ティエリアなのか、それともリボンズなのか…そう考えるだけで色々想像できます
早くフルで聴きたいですね^^





ところで…
私事の宣伝ですが、自分、MS−Tacticsという無料オンラインゲームの管理人をしています。MS−Tacticsとは好きな機体に乗って他のプレイヤーの機体等と戦闘するシミュレーションゲームです
所謂大型MMORPGのように何かをインストールしたり、特段のPCスペックが必要だったりしませんので、是非ご興味をもたれた方はご参加ください
→アドレスはttp://painpomm.sakura.ne.jp/hp/
リンクにある「ENDLESSWALTZ]からも行けます。宜しくお願いします!

| ガンダム00 | 2008.10.28 Tuesday,00:15 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 2009.04.19 Sunday, | - | - |

Edit this Entry

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://painpomm.jugem.jp/trackback/137

Trackback