<< 鉄のラインバレル感想 第3話「蒼の戦慄」 | main | 鉄のラインバレル感想 第4話「正義の代償」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | 2009.04.19 Sunday, | - | - |

機動戦士ガンダム00 2nd 第3話「わずか300秒の電撃作戦。それでこそ、スメラギ・李・ノリエガ」


祝!アレルヤ復活!!

これでようやくマイスターが全員揃いましたね
次回からは新生CBの本格的な活動が見られそうですw

では、第3話感想行きます!


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【ポイント】
○アロウズの独裁とリボンズの目論見
連邦保安局を独立治安維持部隊アロウズの直轄組織にすることが連邦議会にて決定される
つまりアロウズが正式連邦軍を吸収したって事で、これでアロウズの独裁が決定的になったと言える

連邦大統領曰く、「4000万人規模の軍隊。その創設を可能としたのは一重にヴェーダの情報統制があればこそ」とのことで、予想通りアロウズが連邦内で肥大化したその裏にはリボンズの暗躍があったようだ
とはいえ、具体的にヴェーダそのものの力が作中ではっきりと示されていないので、どうやって情報統制しているのか判然としないが、突っ込んではいけないところなんだろう;
なんにせよ、これでリボンズは連邦政府を実質的に手中に収めたと言える

そんなリボンズが、連邦政府を使役して何をしようとしているのか。まさか「来るべき対話」のためにアロウズの恐怖政治によって世界を治めようとしているわけではあるまい
ただ、少なくともリボンズにとってのイオリアの計画とCBのそれが一致していないのは確か。だとすれば、どちらが本来のイオリアの計画であるかで物語が一変する
個人的な希望としては、リボンズが嘯くとおり、彼こそが「「イオリア・シュヘンベルグの計画を忠実に実行している」ほうが物語としては面白い展開になると思われる



【キャラクター】
○刹那

いや、4年経っていい男になりおったw

アレルヤを救う戦術予報を立てるのを渋るスメラギに、
「後悔はしない。たとえミッションに失敗しようともあんたのせいなんかにしない。俺達はどんなことをしてでも、アレルヤを、仲間を、助けたいんだ!…頼む、俺達に戦術をくれ」
と説得する姿や、
マリナに戦いの無い生き方を何故選ばないのか問われて、
「それが、思いつかない。だから俺の願いは戦いでしか叶えられない」
という返す姿に、主人公らしくなったなあと感涙したTT
刹那が生きてきた人生には戦い以外何も無かったんだろう
やはりヒイロ化が加速度的に進んでいる気がしてならない;


○ティエリア
新しいロックオンことライルにどうしてもニールを重ねてしまうらしく、その違いにイラついている様子。クールに見えて人一倍感情的なところは変わっていないようだ
ただ、収容所に突撃する刹那に
「残り2分で、もう1人(マリナ)を助けたらどうだ」
と促したり、
帰還したアレルヤに
「無理に変わる必要は無いさ。おかえり、アレルヤ」
と声をかけたり…4年経って随分丸くなったと感じる

ところで、リボンズが自分達を指して称する『イノベイター』だが、リジェネと同じくティエリアもその1人である可能性が高い。瞳の色が変わる以外に今のところ共通点は見られないが…特別な能力があるんだろうか


○ロックオン
初めての戦闘のはずが敵機を撃墜し、CBメンバーを驚かせる
スメラギは戦闘前からライルの能力の高さを訝しんでいたが…まあ、ニールと同じ血で繋がっていること、カタロン内での活動でMSも搭乗していたであろうことを考えると不思議でもない

カタロンのスパイであるライルは、捕囚されているカタロン構成員を助けるためにCBのマイスター救出作戦を利用する
このスパイ状態がいつまで続くか見物だが、シーリンがマリナの居場所を知ったことで意外に早くカタロンの接触があるかもしれない

ところで、今回になってやっとなんだか兄さんよりも軽薄な性格がはっきり見えてきた。顔がそっくりで性格も同じではつまらないので、もっと差別化することを希望したい


○アレルヤ
拘束プレイ終了w

ソーマたんとの再会で、脳量子波の影響を受けなかったのは、頭部に受けた傷が原因らしい。もしかしたらそのせいでハレルヤは消えてしまったのだろうか
とはいえ、体力が限界まで削られているだろうにキュリオスの発展機であるアリオスを自在に操るところ、また二重人格の象徴だったオッドアイを晒しているところを見ると、最終局面になればまた1stラストでの真の超兵の力を解放してくれるんじゃないかと期待したりする

それにしても、連邦にキュリオスをそのまま鹵獲されていたように見えたが…キュリオスはどうなったんだろう。もし鹵獲されていたのだとしたら、連邦がオリジナル太陽炉をそのままにするわけはないんだが
ただ、アリオスが放つ粒子はやはりオリジナルにしか見えないわけで…今のところ詳細は不明


○沙慈
ルイスの腕を奪ったスローネ隊とCBが異なることを刹那から聞くも、戦闘を続けるCBを受け入れられない様子

「自分だけ平和ならそれでいいのか」
と刹那に指摘され、
「!!…そうじゃない。でも、誰だって不幸になりたくは無いさッ…」
と吐き出す沙慈を、誰も否定は出来ないだろう
何不自由の無い豊かな生活を送る者が、他国で行われている戦争で奪われていく命を真剣に考えられるだろうか
誰もがその立場になって初めて実感するのだ
その意味では、しっかりと視聴者の代弁者としての役割を果たしていると感じる


○スメラギ
海に近い収容所であることを利用し、大気圏突入後そのままプトレマイオス2を海中に突っ込ませ、上がった水しぶきによって敵からのビームを撹乱、その隙にガンダムでアレルヤを救出する作戦を立案し、見事成功させる
ただし、そのような作戦を立てなければならないのは、1stと比べて2ndではガンダムと敵機との性能にそれほどの差がなく、敵機のビーム攻撃の直撃を受ければガンダムもただではすまないことの証左であると思われる。すなわち、1stに比べ2ndでは今後もCBは苦戦を強いられるであろうということ

今回、スメラギは『仲間(アレルヤ)を救う』という明確な目的があったために戦術を立てたが、CBに入ることに踏ん切りをつけたどうかは微妙なところ
積極的に戦術予報士として復帰するにはもう一押しが必要だろう


○CBの面々
スメラギの作戦を忠実に実行、最後のマイスターであるアレルヤを救出する

他に言うべき点なしw


○カタロンの面々
ライルからのリークで捕囚されていた仲間達を救うことに成功する
シーリンはマリナがCBに救われたことを知ったので、次回以降ライルを通じてマリナと接触する可能盛大。それがCBとカタロンを繋げる切欠になりそうだ


○マリナ
まさか連邦軍が連行したとは思ってなかった
ぜんぜん読みが浅いな、自分は…OTL
今回刹那に救出されるが、外部から見たら連邦軍からCBに対象が変わっただけで囚われていることに変わりは無い。相変わらず不幸だとは思うが…本当に不幸なのはアザディスタンの国民だろう;

リボンズとリジェネの会話を聞く限りでは、完全にマリナは刹那を釣る道具にされたようだ。せっさんがマリナに気があることをリボンズがどこで知ったのか気になるところw

刹那との会話の中、戦いしか知らない刹那の代わりに涙を流すマリナ。優しい女性だとは思うが、なんとなく同情に近い感情に思える。年齢のせいかお姉さんという感じがして恋愛感情からは少し離れているように見えてしまったり
とりあえず1stに比べて急に出番が増えてきたので、がんばれヒロインw


○カティ、ソーマたん、コグマ
人革連反政府勢力収容施設を新生CBに強襲され、捕獲していたアレルヤを奪還される
カティはガンダムが現れたことでアロウズに召集されたのだから、仲間を救いに来るぐらいは予測していても良いと思うのだが…新任早々に手痛い失敗をしたことになる
それにしても、あの母性本能をくすぐるアホの子はいつ登場するんだろうかwやはりバーロー1人ではインパクトが足りないような

ソーマたんはアレルヤとの邂逅で『マリー・パーファシー』という本名を知り、超人機関での記憶をわずかに取り戻す
少し気になるのは、アレルヤが疑う通りマリーが「違う人格を」植えつけられたのだとしたら、記憶を蘇らせることなどあるのだろうかということ
まず、人工的に超人的な身体能力を付与することは出来るかもしれないが、人格や記憶を上書きするなんて容易ではないと思うんだが
ともあれ、確かに1st登場初期のソーマは機械人間そのものだった
そんな彼女が普通の人としての感情を持つことが出来たのはクマさんのおかげであり、マリーであった頃の人としての感情を取り戻していったわけではない。だからいつか記憶をすべて取り戻したとしても、アレルヤの下に行くことは無いように思われる

軍内部ではソーマたんの部下になったコグマ
予想としては、お目付けとしてソーマたんにくっついてるんじゃないかと思っていたが、記憶に翻弄され頭を抱えるソーマたんを心配する様子から見て、普通に良い部下であるようだ
親父と比べてあまり印象が良くないコグマだが、ただ生真面目なだけのいいヤツなのかもしれない。時間の問題でソーマたんとの距離も縮まっていきそうだ


○中華と愉快な仲間
アレルヤの所在をつきとめて、CBにその情報を伝達する
くぎゅの人が
レベル2にあった情報どおり、マイスターの生存を確認」
と言っているので、リボンズ達だけでなく中華側も何らかの方法でヴェーダにアクセスできるらしい
それが前回リボンズと接触したときになんらかの仕掛けをしたのか、それとも別のルートがあるのかは不明
なんとなく、リボンズがラスボスに見せておいて、実はこちらがラスボスでしたって落ちになりそうな予感
ただそうするとくぎゅの人だけではパイロット不足。新キャラがこの勢力に入ったら要注意と言える


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


Mr.ブシドーどこ行った!!www

まあ、時には出番が無いこともありますかね
ただ、今回期待したソーマたんの戦闘なし、ブシドー、アリー、コーラと主要な敵キャラがまだ戦闘シーンに絡んでいないのは寂しいですね
アレルヤとスメラギの復帰により新生CBもいよいよ本格的な活動に入っていくことになりそうなので、そろそろ上記のライバル達の活躍も見たいところですw





ところで…
私事の宣伝ですが、自分、MS−Tacticsという無料オンラインゲームの管理人をしています。MS−Tacticsとは好きな機体に乗って他のプレイヤーの機体等と戦闘するシミュレーションゲームです
所謂大型MMORPGのように何かをインストールしたり、特段のPCスペックが必要だったりしませんので、是非ご興味をもたれた方はご参加ください
→アドレスはttp://painpomm.sakura.ne.jp/hp/
リンクにある「ENDLESSWALTZ]からも行けます。宜しくお願いします!

| ガンダム00 | 2008.10.22 Wednesday,00:51 | comments(3) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 2009.04.19 Sunday, | - | - |

Edit this Entry

Comment

キュリオスのGNドライブはつかまる前にパージしてたきがします たぶん

| ぎちょ | 2008/10/22 1:48 AM |

中華と愉快な仲間達に、ヒロシが加わるとか…。
生きてれば。

| 新参者 | 2008/10/23 4:05 AM |

>ぎちょさん
そうでしたっけ?w
ティエリアがヴァーチェのGNドライブを射出してガチ○モ臭を漂わせたところは覚えてるんですけど、キュリオスはどうも記憶に無くて;
どちらにせよ、アロウズにキュリオスの素体は流れていることになるので、その改良機をソーマたんが乗ったりすると面白いかもしれませんねw

>新参者さん
なるほど。ヒロシですか…
でも、ヒロシはくぎゅの人にとって兄貴2人を殺した仇じゃありませんでしたっけ?
今のままでは中華側が戦力不足なのは確かですけど…普通に仲間に入ったとしたら違和感ありまくりになるでしょうね

| mm | 2008/10/23 11:32 PM |

Submit Comment









Trackback URL

トラックバック機能は終了しました。

Trackback