<< コードギアス反逆のルルーシュR2 第5話「もう日本人にゼロは必要ないんだ」 | main | コードギアス反逆のルルーシュR2 第7話「俺を慰めろ。 女ならできることがあるだろ」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | 2009.04.19 Sunday, | - | - |

コードギアス反逆のルルーシュR2 第6話「私は、自ら望んだのです」

相変わらず厳しい状況が続きますね

今回は、ルルーシュがブリタニアを打倒することそのものの意味を突きつけられた回と言えるでしょう。コードギアスという作品が初めから孕んでいた矛盾、それをここで持ってくる辺りが憎い演出と思います

それにしても、ビッグローブの無料配信のCMが面白い!
今回はルル1人が喋るバージョンでしたが、
「会員登録も無く、非常に簡単だ!」
「次週の予告は、たっぷり30秒バージョンだ!!」
って、そんな演説口調で言われてもwww
他のCMも、ランカに萌えたり懐かしのCOLORSが聴けたりいい感じです^^

では、コードギアスR2第6話感想行きます!


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【ポイント】
○黒の騎士団のナナリー捕縛作戦

スザクの揺さぶりでナナリーが新総督として派遣される事を知ったルルーシュは、中華連邦の領事館から脱して移動中の新総督を捕縛する作戦を黒の騎士団に命じる

確かにあのまま領事館に立て篭もっていても、高亥亡きいま中華連邦が正式声明を発表したら黒の騎士団はまさに『前門の虎後門の狼』状態になる。また、補給物資を受け取るためにも領事館から出る必要があったのも事実
したがって、作戦としては新総督が捕虜に出来るならば悪くないと思われる

ただそれは成功すればの話
実際にはルルーシュがナナリーの発言でヒヨったことと、ナイトオブラウンズ3人の力によって作戦は阻止されてしまった
ルルーシュはパワーアップした紅蓮可翔式を駆るカレンの奮闘で命拾いするのが精一杯

これで、大々的に宣言した『合衆国日本』の領土も無くなり、また切り札としての策も失った事になる黒の騎士団
その命運はディートハルトと咲世子、それに中華連邦とのコネを作っていたカグヤの3人の構想にかかっていると言える


○ルルーシュとナナリーの関係
ナナリーがエリア11の新総督になるということ
それは、ナナリーが幸せに暮らせる世界を作るためにギアスや黒の騎士団といった力を手に入れてきたルルーシュにとって最悪の状況
そして、それがブリタニア皇帝に利用され強要されたものではなく、ナナリー本人の意思だったという事実は、ルルーシュの行動原理そのものを崩したと言っても過言ではない

この問題の根本は、もともと『ナナリーは兄とアッシュフォード学園の仲間達と共に安穏に暮らしていければ幸せ』にも関わらず、ルルーシュがそれを解せず暴走して反乱を起こしてしまっているという点にある
つまり、ルルーシュがナナリーのために起こしている行動が、逆に兄妹の関係を不幸にし、またナナリーを悲しませる結果を生み出しているところにある

ルルーシュはこの矛盾に気づいていたが目を逸らしていたのだろう
それは、その矛盾に向き合う事は即ち、無意識のうちに自らの復讐心をナナリーの幸せな世界を造るという目的に重ね合わせていたことを認める事になるから
だから目をそらしていた。それを皮肉にもナナリーが気づかせたと言える
次回、その矛盾に向き合わざるを得なくなったルルーシュがどのような答えを出すのか
ギアスを使用し黒の騎士団を率いてブリタニア帝国を潰す事がナナリーの幸せではないことを本心から認めることが出来るのか、楽しみにしたい
『棄てられた仮面』という題名を見る限り、一旦は認めるのかもしれない
ただ、そうするとまたも黒の騎士団を裏切る事になる。さすがに2度目の裏切りがあれば黒の騎士団の団結も一枚岩とはいかなくなると思うがどうだろうか

それにしても、
「王の力はお前を孤独にする」
というC.C.の台詞は象徴的だなと。確かにルルーシュは力を得た代わりに全てを失っているような気がしてならない



【キャラクター】
○ルルーシュ

わかるけど…
わかるけど、どんだけシスコンかと

予想通り、ナナリーの電話はルルーシュがどのような反応を示すかのスザクの罠だった
スザクUZEEEE!!!
と視聴者の大半が思っただろうが、それは置いておいて、
「だめだ。ナナリーには嘘はつけない」
って、もうゼロをやってる時点で嘘つきまくってると思うんだがどうかw
丁度いいところでロロが現れたから良かったものの、来なかったらどうするつもりだ
あの調子だと「ウザクてめぇえええ!!」と殴りかかって逆に凹られそうだったぞ;

ナナリーとの対面では、予想通りの『行政特区日本』を提案するナナリーにユーフェミアを重ねてうろたえる始末
冷酷に見えて、自分が心を許した相手にはとことん甘いルルーシュ
それが魅力なのはわかるが、ブリタニア皇帝とウザク相手にその甘さを残したまま闘えるのか不安ではある


○C.C.
目立たなかったが、相変わらずぬいぐるみを抱いて話しているあたり、ギアスのヒロインの座を譲る気は無いらしいw


○カレン
空を飛べない紅蓮弐式で奮闘するも、チート機ランスロットのハドロンブラスターで右腕を爆破される
その衝撃で空母から落下し、あわやというところにラクシャータ達が到着。飛翔滑走翼および徹甲砲撃右腕部と空中合体し紅蓮可翔式に

「いける!この紅蓮可翔式なら!!」
このノリ、勇者シリーズですね、わかります
「飛べぇー!!」
このノリ、ラピュタで(ry

カレンの紅蓮可翔式は輻射波動を遠距離にも広範囲にも発射できるようになり、ジノのトリスタンおよびアーニャのモルドレッドを行動不能にまで追いやる

というわけで、かなりヤヴァイ雰囲気だったものの大活躍
ゼロの救出も、ゼロが爆風で吹っ飛ばされた先にたまたまいたというラッキーさで大成功

ていうか、死ぬ直前に「お母さん、お兄ちゃん…」って
これでヒロイン候補からは間違いなく脱落した!! やったなシャーリー


○黒の騎士団(戦闘メンバー)
いつもどおり、ゼロの無茶な作戦に付き合わされてかなりの損害を被った彼ら;
四聖剣の専用機だった月下も藤堂機以外は破壊される

ただ、公式HPを見ると藤堂にはランスロットと互角に闘える性能を持つKMF『残月』を、千葉と朝比奈には『暁 直参仕様』がラクシャータから与えられるようなので、紅蓮に頼りきりの状況は免れそう(ゼロと扇と玉城は相変わらず量産期なのだろうか;)

それにしても、死亡フラグプンプンだった朝比奈が生き残って、その油断を注意していた仙波が死亡って…やっぱ顔なのか、世の中顔が全てなのか

少し気になるのが藤堂がどこに行ったかってこと。なんだかエンジンに引っかかってた後見なかったんだけど…一緒に墜落とかないよね?w


○黒の騎士団(支援メンバー)
戦闘メンバーのピンチ(というかカレンとゼロのピンチ)に補給物資と共に駆けつける

そこ、ご都合主義過ぎるとか言わないw
コードギアスはテンポが命なので、少々の漫画的展開には寛大でいたいところ
久々にノリノリなラクシャータを見れて良かったw

カグヤは何をしてるのかと思いきや、中華連邦の天子様とお友達に
天子様とお別れして直後には黒の騎士団と合流している辺り、どこでもドアでも持ってるのかもしれん

それにしても、幼すぎやしないかこの天子
これでは確かに大宦官に傀儡にされていても仕方ない気がする。星刻も苦労するなあ


○ロロ
今回ばかりはロロGJ!
ただ、ナナリーが戻ってきたら自分の居場所がなくなるんじゃないかとか思わないんだろうか。少しは葛藤していそうだが

ちなみに、ロロの時間を止めるギアス能力の詳細が少し判明
〇澆瓩蕕譴觧間は5秒
対象を選ぶ事が出来る
明らかになったのは上記2点
,倭杼通りだが、△楼娚阿世辰拭自分以外の全ての人の時間を止める事が出来るものと考えていたので
今回のような使い方が出来るという意味では、やはり一番チートな能力に思える;


○ナナリー
やっぱり『行政特区日本』ときた

ただ、前回感想でも述べたとおり、『日本独立』と『行政特区日本』とは似ていて根本的に異なるもの
強硬派の日本人には受容できない提案と言える
特に、その『日本独立』を旗印にしている黒の騎士団にとっては戦う意義を無効化してしまう構想であるため、受け入れるわけにはいかないものであろう

そして、何より前回のユーフェミアの事件がある
ユーフェミアが提唱した『行政特区日本』を信じて記念式典に集まった日本人は皆殺しにされてしまった
それはルルーシュのギアスが暴走しユーフェミアが思いもしない命令を下してしまったからであるが、その命令に疑問を持たずにほとんどのブリタニア人がその場の日本人を殺したのは事実。そしてその後に何事も無かったかのようにエリア11が日本人を虐げる元の世界に戻っているのも事実
上記の背景を考えると、ナナリーが高邁な理想を掲げて再度『行政特区日本』を提唱しても、どれだけの日本人が信じるか微妙だと思う

ところで、ナナリーは勘が鋭いので直ぐにスザクにルルーシュの居場所を聞くに違いない
今度はスザクが嘘をつかねばならないことになるが、ルルーシュと違って白々しく嘘をつくだろう
その時に初めてナナリーはスザクに対しての疑念を持つような気がする


○ジノ&アーニャ
2人とも専用のKMFで大暴れ

飛行形態になれるだけあって、ジノのトリスタンは戦場にいち早く駆けつける
ジノの卓越した操縦技能で黒の騎士団を圧倒するが…やっぱカッコ悪いよコレ;
なんだか悪意を感じるカッコ悪さなんだが気のせいか?w

アーニャのモルドレッドは、運用がまんまヴァーチェ
4連ハドロン砲は収束すれば空母を1つ消し飛ばすぐらいの威力。でもやっぱり機動性は低い様子
タイマンならば紅蓮可翔式の機動性に敵わないと思われる


○ギルフォード
だんだんヤラレ役が板についてきたギルフォード卿
しぶとく生き残っているけど、このままオレンジの役回りをさせられるんだろうか;

フロートシステム装備の新型KMFに搭乗していたが、名前がわかる前に輻射波動で爆砕;トリスタンよりはカッコよいと思ったんだけどなあ


○ロイドとセシル
皇帝直属になったものの、スザクの後見人は続けているようでランスロットと共にエリア11へ

ロイドは相変わらず変人で、相変わらずセシルはお守りをしている様子
完全にミレイのことは忘れてるようにしか見えない;;

それにしても、ラクシャータとの戦いはいつもロイドが負けている気がする。いつか対面する時が来るだろうが、その時の反応が楽しみだ。もしかしたら初めてマジメなロイドが見れるかもしれない


○ブリタニア皇帝とV.V.
今回一番びっくりした2人の関係
「シャルル、君はまだ幼いね」
「そうですかねぇ…兄さん
兄さん堯福Д゜;;
なるほどね
若本でぶるぁぁで巻き巻きカールが弟ね
それもアリかな、アリアリアリアリ……………ねーよ!!!www

まあ、そんなトンでも設定はともかく
「神を殺す」
ってのは何なんだろう
神が何かの象徴なのは確かだが、この伏線は上手に捌けるのか不安なところ

あと、久々に聞いたV.V.の棒ぷりを聴いて、何故かなごんだ


○スザク
んー、やっぱり嫌われる要素満点w

ルルーシュがナナリーに嘘をつけないだろう事を知っていて、電話に出させる辺りはかなりエグイ精神攻撃をかけてくる。実は一番黒いんじゃないかコイツ

ただ、少しだけだけど
「ランスロット・コンクエスター、発艦!」
「発艦!」
燃えた自分がいた(汗


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


戦闘が激しい回でしたが、空を飛べるような機体が増えるとゼロの地形を生かした戦術の効果が薄くなりそうで今後が少し怖いですね
今までのコードギアスの戦闘は、黒の騎士団が圧倒的不利なところをゼロの知略で逆転するところにカタルシスがあったと思うので、ただのパワーゲームにならないことを祈るばかりです

次回は少し欝な展開になりそうですね
ただ、本文でも述べたとおりそろそろルルーシュも自分の行動と目的が孕んでいる矛盾に向き合っていい頃です
それが、カレンや黒の騎士団に対する誠意を示す事にもなるでしょう

それにしても、00の感想サイト様に比べてコードギアスの感想サイト様は画像キャプしているところが多いですね。私などは文章を書くだけで何時間もかかってしまうのに画像キャプの手間をかけているその情熱に頭が下がるばかりです
画像キャプをしない分だけ内容が濃い感想にしたいとは思うのですが…なかなか一朝一夕で文才ってのが上がるものではないですね;
これからもボチボチ頑張る事にします




ところで…
私事の宣伝ですが、自分、MS−Tacticsという無料オンラインゲームの管理人をしています。MS−Tacticsとは好きな機体に乗って他のプレイヤーの機体等と戦闘するシミュレーションゲームです
所謂大型MMORPGのように何かをインストールしたり、特段のPCスペックが必要だったりしませんので、是非ご興味をもたれた方はご参加ください
→アドレスはttp://painpomm.sakura.ne.jp/hp/
リンクにある「ENDLESSWALTZ]からも行けます。宜しくお願いします!

| コードギアスR2 | 2008.05.12 Monday,00:57 | comments(2) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 2009.04.19 Sunday, | - | - |

Edit this Entry

Comment

ぶるぁぁぁぁぁッ!!
ギアスの日記も書いてらしたんですね(・ω・`

ウザクと若本皇帝はどちらも嫌われキャラで描かれている筈が何故かウザクは圧倒的不支持で皇帝は人気があるのか?
それはウザクが不幸の主人公を演じてるように見えるから

・「父親を殺さなければならなかった」
・「僕は別に殺そうとしてくる相手を殺りたくはない」
・「親友が悪い事をしているどうしよう・・・」
・「恋人が親友に殺された」
・製作スタッフによるどうでもいいテコ入れ
・etc...

UZEEEEEEEEEEEEッ!!!
それに比べて皇帝なんてこれからチートギアス能力が更に持ってると判明しても「皇帝だから」で済むプリティ度ですよっ
しかも「そうですかねぇ・・・にぃさん」
若本でぶるぁぁで巻き巻きが「ニーサン」ですよ
しかも兄がアサルトバスターとかこれは2008年度最大の和み兄弟

二人の関係考えられるのは腹違いか、義兄弟か
どちらにしても「神殺し」と共に重大なポイント間違いなしでしょう
私的には神とは繁栄を極めたブリタニア帝国、それを殺すはブリタニア帝国の滅亡
もしくはただの親父がルルラブなだけ(ぁぁ

| クラウ | 2008/05/14 8:32 PM |

>クラウさん

そう、書いてたんですよ、ほそぼそとw

スザクが嫌われるのは、「間違った方法で得られた結果に意味は無い」的なことを言っておいて友人を売るような手段を採る厚顔なところなんでしょうね
もっとも、一番大切に想っていた人の命をその友人に奪われた復讐心がかなり大きな比重を占めているんでしょうが

クラウさんもV.V.には和みましたかw
珍しく笑顔の若本が微笑ましかったですねw

| mm | 2008/05/15 11:03 PM |

Submit Comment









Trackback URL

http://painpomm.jugem.jp/trackback/125

Trackback