<< 機動戦士ガンダム00 第19話「まさか君と共にフォーメーションを使う日が来ると思わなかった」 | main | 機動戦士ガンダム00 第22話「これが…トランザム!?」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | 2009.04.19 Sunday, | - | - |

機動戦士ガンダム00 第21話「ガンダムの時代は終わった」

激しい回でしたね
CBがボコボコにされるのはわかっていましたが、意外に検討していたのでコーラが死なないかヒヤヒヤしましたw

やっぱり戦闘が多いとガンダムって感じで盛り上がります。ガノタの血が騒ぐとでもいいましょうか

では、21話感想行きます!


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【ポイント】
○ジンクス

ジンクスをラグナ経由で手に入れた3大国はCBの殲滅作戦を開始する
スローネ隊もプトレ隊もその位置を把握されていたのは、ラグナが3大国に情報を流したのだろう

3大国のジンクスは10機づつだが、スローネ隊がハイメガランチャーで1機撃墜。プトレ隊は刹那とGアームズで救援に来たラッセがそれぞれ1機撃墜。確かではないが、3国それぞれが1機づつのジンクスを失ったと思われる
しかし、それでもユニオン大統領が「まずまずの戦果」と言うのは、デュナメスを戦闘不能にした(修理にはかなりの時間がかかりそう)ことと、GNドライブの量産が出来ると踏んでいるからだろう
しかし、アレハンドロが「GNドライブがあればCBはいつでも復活できる(世界への圧力としてのCBは再建できる)」と話している事を考えると、擬似太陽炉の量産は出来ないか、もしくは擬似太陽炉と本家GNドライブには相当の差があり刹那達が使いこなしてないだけかのどちらかだと思われる

今回の作戦に参加しなかったユニオンの1機は、勿論ハムに用意されたものだったのだろうが、それがサーシェスに渡った可能性は高い
つまり、サーシェスがユニオンに属する(潜り込む)展開も有りうるということ。ハムとサーシェスの共闘を見てみたいが、AEUのパイロットがコーラだけってのも戦力としてどうかと思うw


○黒幕の動き
ラグナはアレハンドロに利用されていただけであり、ジンクスの3大国への搬入を終えたところで暗殺される
コーナー家が200年前からCBの計画に介入する事を画策していたことを考えると、80年前の木星探査は、コーナー家がハーヴェイ家に指示したのだと思われる
スローネ隊はというと、リーダーのヨハンがラグナさえも利用されていた事を全く知らなかったところを見ると、アレハンドロとは直接的な繋がりは無いようだ
つまり、前回予想した「アレハンドロ>ラグナ>スローネ隊」の利用関係は間違いない
ただ、リボンズがアレハンドロを利用しているかどうかは現状では不明。リボンズは今回ずっとヴェーダとにらめっこしているのみだった;

アレハンドロがラグナを通じて3大国にジンクスを流した理由は、「世界統一のため」らしい。ジンクスを流し、3大国の連合軍設立を誘発し、その後の現在のCB壊滅まで計画していたという事なのだろう
その最終目標は自身が漏らした「地球とCBどちらも手に入れたい」という台詞に現れているが、今ひとつ解せない。普通に『世界が一つになりました。だから地球は私のもの』なんて理屈は無いはず。『世界統一』は『地球掌握』のための第一歩と考えるのが自然だ

一番考えられるのは、『ジンクスはヴェーダの管理下にあるため意のままに操れる』だろうか。しかし3大国も太陽炉量産に動いており、それが成功した場合、さすがに3大国オリジナルの太陽炉搭載機にまでヴェーダの支配は及ばないはず
やはり、太陽炉は量産できないか、もしくは全く別の策が計画されているのではないだろうか。なんにせよ、それがリボンズによるヴェーダ掌握が全て完了した時点から始まるのだと思われる


ところで、アレハンドロおよびコーナー家の最終目標が『地球掌握』だと明白になった事は、イオリアの目的の解明にも役立つ
すなわち、アレハンドロの目的≠イオリアの目的であるため、イオリアの目的は『地球掌握』ではないということが推察できるということ

この前提を元に仮説を立てるとすると、

−イオリアの研究により太陽炉の実現が可能であると判明した際に、その利用方法についてイオリアとコーナー家で意見が分かれた。コーナー家が提案したのは、『GNドライブという圧倒的な力による地球掌握』しかし、それをイオリアは是としなかった。それが原因でコーナー家はCBの中枢から遠ざけられる事になった(もしくは意見したものの黙殺された)
そこで、コーナー家は『地球掌握』に賛同するハーヴェイ家を抱きこみ、イオリアの計画への介入を画策するようになった−

というのはどうだろうか。いつもの妄想だが、200年の何世代もわたって計画への介入に執念を燃やしていくのは、単なる権力欲だけでは難しいと思うのだ。そこにはイオリアへの何らかの確執があったのだと推測する

ちなみに、今までの描写からイオリアとリボンズに何らかの関係があるのは自明だが、リボンズがアレハンドロを利用している可能性を鑑みると、リボンズはアレハンドロの力を利用してイオリアの目的を遂行しているような気がしてならない
というか、この早い段階でここまでアレハンドロの暗躍が見えてくると、再度のどんでん返しとしてイオリア=リボンズが一番の悪でしたってのが展開としては一番可能性が高いように思う
それこそ、アレハンドロの『地球掌握』よりも性質の悪い思惑がイオリアにあったとするほうが、刹那達の立ち位置を3クール以降で揺るがすのに効果的だと思われるのだ


【キャラクター】
○刹那(&姫)

刹那は仮眠中マリナの夢を見る

刹那は過去に自分がクルジスで行った事の贖罪としてガンダム(戦争根絶を体現する者)になろうとしているが、それは彼の本心とは違うって事なんだろう。本来の刹那は彼自身が言うように、戦いたくないのだ

それは、夢の中に出てきたマリナが刹那を本名で呼ぶ事でもわかる
彼にとって、『刹那』という名前はガンダムになるためのペルソナ。だから、その仮面を外した『ソラン』は、彼の本来の姿そのものと言える
そのソランの本心を見透かすように「もう戦わなくていい」と言うマリナ。マリナは刹那にとって罪を許してくれる『救い』の存在であるのだろう

何故、そこまで刹那にとってマリナが大きな存在となったのか。本編での絡みを見る限り、マリナの刹那への発言がそれほどの影響を与えたようには見えない
飛躍を許してもらうならば、刹那が求めているのはマリナの母性のように感じる
第1クールに描かれた、過去の刹那がサーシェスに最終試練として命じられ殺害した女性。あの女性が刹那の母親であるとすると(刹那を「ソラン」と呼んでいた事からかなり身近な女性であることは確か)、その殺した母親に赦してもらう事をマリナを通じて求めているんじゃないかと思う

まあ、エクシアが動かなくなったときにマリナの幻が「もういいの」とか言って出てきたときは、なんだか死神が呼んでいるように見えたがwww


○ロックオン
アニキーッ!!!
一応叫んでみた(ぁ

絹江と違って、ロックオンはまだ死なないと思う
根拠は無いけど、顔に傷がついてもう1人のロックオン(双子?)との見分けがつくようになるみたいな感じになるんじゃないかとか

どちらにせよ、暫くは戦闘することは出来ないだろうから、かなりプトレ隊の戦力はダウンしたといえる。ロックオンはマイスターの中で一番信頼できる戦力であり、また他のマイスター達からの信頼も厚いので
ロックオン不在で誰がリーダーシップを取るのか、普通ならティエリアだろうけど、今は呆けているのでアレルヤになるんだろうな

これで次週アニキは死にましたなんて展開になったら、マジで震える;;


○アレルヤ
最近、ハブラレルヤと呼ばれているらしいw

折角の戦闘なのに、ハレルヤの出番も無く、刹那のほうが活躍している始末
やっぱ人革が相手じゃないと空気になるんだなあ…

○ティエリア
ヴェーダに見放された事により、ショックを受けて大失態

ロックオンに自分が普通の人間でないと感づかれている事を知ってうろたえていたが、人間以上に不安定な気がするんだが気のせいか?w
次回以降も凹み時期が続きそうな感じで戦力にならなさそう…OTL

普通の人間じゃないなら何なのかは気になるところだが、現状では生体ユニットでもクローンでもなんでも考えられるので深く考えないでおく
あ、機能としておにゃのこって線も捨ててないぞ


○スメラギ
ヴェーダを操作されている可能性を考えて、予備システムを構築していたのは良かった
まあ、あそこまでヴェーダを信頼出来ない事態が続いていてそのままでいたら無能でしかないけど
もうそろそろ過去の取り返しの付かない大失敗の内容が知りたいところ


○プトレチーム
今回のMVPはラッセ!
単なる筋肉バカでないことを証明してくれた。奇襲とはいえ、マイスター達が束でかかって刹那が1機しか落とせなかったところを、Gアームズで撃墜したのは凄いと言わざるを得ない
もう、来週からティエリアとマイスター交代でいいんじゃね?w
それにしても、GアームズのGファルコンぷりにフイタw予想の範囲内ではあるが
次回はエクシアとドッキングするのか。そうなれば弱点の遠距離が強化されるので、かなり有効といえる

フェルトとクリスは、ヴェーダからのバックアップを外した後もガンダムが起動できるようにするサブシステム構築の為にそれなりに頑張っていた
しかし、敵襲の直前で寝ていたのはいただけない。とはいえ、疲れているところに酒を持ち込む指揮官が一番悪いがw

リヒティは見事に空気。いっそ清々しいね


○トリニティ兄弟
人革連の強襲に対して、一点突破を敢行
3機がドッキングした状態で放つハイメガランチャーで1機は落としたものの、9機は損傷なく健在なまま。くま&ソーマがいることを考えると、かなりの苦戦が予測される

とはいえ、次週予告でミハエル&ネーナは見えたので戦死はない様子。通信機らしきものを使っているようなので、ラグナという後ろ盾を失った彼らが頼るのは中華だろうと思われる


○ダリル
ダリルはフラッグファイターとしての矜持を忘れました

まあ、ジンクスとフラッグカスタムの性能差を考えると仕方ないとは思う。ただ、それでも見せ場を全て、しかもあのコーラに奪われたのは不憫としかいえない;

ダリルが乗り換えたということは他のフラッグファイターも乗り換えたと思われるので、これでカスタムフラッグに乗るのはハムだけになる
3大国はジンクスをチームで運用するようなので、ハムは単身でガンダムと戦うつもりらしい。そのほうが見せ場が多そうで良いと思うw


○くま&ソーマ
ソーマが「再び勝利の美酒を」なんて言っていたが、それが油断にならなければ良いのだが。確かに、状況の圧倒的有利は変わらないのだが…
ジンクスに乗った事で浮かれている分、死亡フラグを立てやすいところが少々心配ではある


○コーラ&バーロー
コーラ大活躍!!
タクラマカンでは他のパイロットが頑張ってるだけに見えたので、今回初めて強さを発揮したように思える。ただ、
「同性能の機体なら、模擬戦で負け知らずな俺に分があるんだよッ!!」
って、どんだけ模擬戦結果にプライド持ってんだとwww
何度実戦で凹られてもへこまないその精神力には感服するw

ちなみに、コーラがヴァーチェを落とそうと迫ったとき、
「大佐のキッスはいただきだぁーッ!!」
と叫んでいたが、ガンダムを撃墜すればキスしても良いというような約束をあの夜交わしたのだろうか

カティの性格を考えるに、可能性はある。カティは通常以上の力を部下が発揮するならばそれぐらいの事はいとわなそうだから
とりあえずキッスはお預けになったけど、一番戦果を挙げたのがコーラである事は間違いない。少しは褒めてもらえるかもよw


○沙慈
やっぱり絹江は死んでいた;;
さすがサーシェス。プロの仕事というところだろうか

絹江がCBに迫ろうとしていた事を、沙慈が絹江の上司から聞く展開は少し意外だった
今後沙慈が本編に絡んでくるためには、CBという組織よりも、刹那という個人に対してのアプローチが必要になると思っていたので

なんにせよ、ルイスに絹江と沙慈にとって一番大切な人を奪ったのがCBである以上、そこに憎しみが向かうのは当然。もしかしたら、第3クールは彼がMSに乗る展開なのかもしれない(個人的には微妙だが。ニュータイプという概念が無い00には、適正のみでMSで戦うのは無理がある)


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


そろそろ第2クール終了が見えてきました
第1クールの頃はかなり心配していたんですが、最近になって漸く00って面白いんじゃない?みたいな評判も広がりつつあるようで、感想を書き続けている者としては素直に嬉しいです
ただ、やはりストーリーに難解さがある分、子供たちへの受けに関しては微妙かもしれません。そのためか、プラモデルはそれほど売れてないようです;;
もうひとふんばり、製作側には頑張って欲しいところですね

ちなみに、00の第2クールが終了し第3クールが開始されるまでの半年の間、放置したままのZガンダムの感想に再度着手するか、コードギアス第2期の感想を書くか少し迷ってます。

迷っている理由としては、
Zガンダムはもうキャプ無ししか出来ませんし、自分自身が当時感想を書いていたテンションに持っていけない気もするからです。ただ、中途半端でやめてるのも気持ちが悪いように思います
コードギアスは第1期を全部見ているのですが、その感想を書いてないので今から書くのはどうなんだろうとか思ったり…

というわけで迷っているのでどちらが読みたいかもしご要望がありましたらコメントください

結局忙しくて何も書きませんでした、というオチも無くは無いですが…;;;



※追記:誤って20話の感想に21話の感想を上書きしてしまいました
再度書く気力は起きない(正直、立ち直れないぐらいショックです)ので、20話感想はもう書きません…(つД`)・゜・゜

トラックバックはそのために20話の時のままになっています。各感想サイト様、大変申し訳ありません。そういうわけで、今回は他のサイト様にトラックバックを送るのを自重します。来月からいつもどおり宜しくお願いいたします
「…おれは…ぼくは…わたしは…最大級のバカだ…OTL」






ところで…
私事の宣伝ですが、自分、MS−Tacticsという無料オンラインゲームの管理人をしています。MS−Tacticsとは好きな機体に乗って他のプレイヤーの機体等と戦闘するシミュレーションゲームです
所謂大型MMORPGのように何かをインストールしたり、特段のPCスペックが必要だったりしませんので、是非ご興味をもたれた方はご参加ください
→アドレスはttp://painpomm.sakura.ne.jp/hp/
リンクにある「ENDLESSWALTZ]からも行けます。宜しくお願いします!

| ガンダム00 | 2008.02.24 Sunday,19:17 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 2009.04.19 Sunday, | - | - |

Edit this Entry

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://painpomm.jugem.jp/trackback/115

Trackback