<< 機動戦士ガンダム00 第18話「これじゃ無差別テロと変わりねえ」 | main | 機動戦士ガンダム00 第21話「ガンダムの時代は終わった」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | 2009.04.19 Sunday, | - | - |

機動戦士ガンダム00 第19話「まさか君と共にフォーメーションを使う日が来ると思わなかった」

いよいよ混沌を呈してきましたガンダム00!
なかなか面白くなってきたのではないでしょうか。1クールが嘘のように展開が早い早いw

ただ、今後の予想が立てづらくなっているのも確か。一応考察も交えつつの感想を書いているつもりなんですが、どんどん文章量が多くなっていて大変です・・・OTL
とりあえず、2クール終わりももうすぐなので、息絶えないように頑張ります;;

では、19話感想行きます!


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【ポイント】
○ラグナの正体

絹江の調査によって、トリニティ兄弟の台詞に出てくる『ラグナ』とは「ラグナ・ハーヴェイ」という人物だと判明。ラグナはリニアトレイン事業の総裁かつ国際経済団のトップとの事。さらには絹江の所属するJNNの大株主でもあるようだ


しかし、そのラグナという『商人』がガンダムという兵器を使役していたのは何故だろうか
知人の情報では、『ラグナの目的は3大国を南極基地に誘い、30基の擬似太陽炉を3大国にそれぞれ10個づつ高く売ること』らしい。確かにそう考えると、トリニティ兄弟に過剰なまでの武力介入をさせていたのも一種のデモンストレーションということになるので妥当とは思われる。がしかし…(後述)


○ヴェーダの謎
前回ハッキングされたことが発覚したヴェーダだが、早くも今回その影響が現れた
.凜А璽世肇螢鵐する機体を全て制御する事が出来るというナドレの真の能力が強制解除された事
▲凜А璽斉發離譽戰襭靴領琉茲砲△訃霾鵝変詁瓩肇蹈奪オンの本名)をヨハンが知っていた事
の2点である


本編の描写から、,鮃圓辰燭里アレハンドロなのはほぼ確定。また、△らトリニティ兄弟がヴェーダをハッキングしたのも自明
上記により、予想通りアレハンドロとトリニティ兄弟は繋がっていると考えるのが自然。しかし、いくつか腑に落ちない点がある

まずは、ナドレのトライアル能力をトリニティ兄弟が知らなかった事
トライアル能力発動時のヨハンとネーナからは驚愕しか見て取れなかったし、それが解除されたときにも驚いているように見えた。もしアレハンドロとトリニティ兄弟が繋がっているならば、その情報を伝えていないのは不自然だ

また、刹那達の襲撃はトリニティ兄弟にとって全く想定外の出来事だったのに対して、アレハンドロは「思ったより早かった」と想定内どころか計画通りであると明かしている。これは少なくともアレハンドロがトリニティ兄弟の存在を利用しているという証左だと判断できる


○上記2つのポイントをまとめた予想(ヲイ
なんだか整理がつかなくなってきた…OTL


まずはトリニティ兄弟とラグナとアレハンドロの関係をまとめると、
.肇螢縫謄7残錣忙惻┐鯀っているのはラグナ
▲▲譽魯鵐疋蹐魯肇螢縫謄7残錣隆躓,魑澆辰
アレハンドロはトリニティ兄弟を利用して計画を進めようとしている
以上3点が挙げられる

そして、検討すべき事項としては、
.▲譽魯鵐疋蹐肇肇螢縫謄7残錙ラグナは繋がっているのか
■蛎膵颪鯑邏亡霖呂僕兇ぃ械梓陲竜嫉太陽炉を流出したのは誰か
の2点


これに対する現状の予想としては、以下の通り

,亡悗靴討蓮△海譴わかれば上記の謎は全て解けそうだが…2つに絞れると思う
まずは、ラグナ=アレハンドロという同一人物説( 檻繊
トリニティ3兄弟がかませなのは自明なので、アレハンドロが必要最小限だけトリニティ3兄弟に情報を流して利用しているという構図になる
ラグナは有名人のようだから、絹江が気づかないのは変とも言えるが、黒子が表に立っているという可能性もあるし、何より本編にラグナの実体が出てきてないのが臭い
もう1つは、アレハンドロが全ての情報を掌握した上でラグナ側を利用しているという黒幕説( 檻臓
この場合、ネーナはヴェーダの情報を閲覧しただけで、アクセス拒絶等の操作までは行っておらず、その犯人はリボンズという構図になる
AとBどちらが妥当かは、現状では半々といったところ
ネーナの性格からするとBのほうがありえそうだが、物語の展開としてはBの構図は複雑でAのほうが明確でわかりやすいと思う


△亡悗靴討癲■欧弔予想できる
まずは、ラグナ流出犯人説(◆檻繊
ポイント【ラグナの正体】で書いたとおり、ラグナは擬似太陽炉を高額で大国に売りつけようとしたというもの。ただ、80年前の木星探査の頃からの計画だと考えると、その理由だけでは浅いと思われる
自分としては、ラグナが擬似太陽炉を大国に流出したと仮定するならば、ラグナは大国同士の戦争を引き起こそうとしているのではないかと予想したい

擬似太陽炉を手に入れた3大国は、その力を使って当初はCBを退治しようとするだろう
しかし、CBが無くなればその矛先をそれぞれに向ける事になるはず
その理由は、太陽炉が強力すぎる事とその製造には長い年月が必要とされる事、そして太陽炉の製造に関わった技術者をどの国も失っている(製造に携わっていないもののその謎に気づきつつあったエイフマンを含める)事の3点が挙げられる
看過するには過剰すぎる力を互いに持ち、さらにその力は複製できない。そうなれば、奪いあう以外に手段が無くなる
つまり、ラグナは30基の擬似太陽炉を戦争を引き起こす爆弾として3大国に流出したのではないかと思う
大国同士の戦争が起これば、『商人』であるラグナにとってそれほど願わしいものはない。擬似太陽炉を無償で渡してもお釣りがくるぐらいだろう

もう1つは、アレハンドロ流出犯人説(◆檻臓
本編のアレハンドロの台詞「思ったより早かったな。第3段階への移行も。もう後戻りは出来んか」を読み取るに、『第3段階』とはガンダム同士の対決であり、その後の計画も既に織り込まれている事がわかる
とすれば、大国への太陽炉流出を『後戻り』できない計画としている可能性がある
この場合、上記の大国間での戦争を引き起こす事ががアレハンドロにとって何の利益があるのかが問題になる
 檻舛任△襪覆蕕弌大国間での戦争により得られる莫大な利益が目的になるので問題は無い。しかし、アレハンドロがそんな俗物的思想の持ち主だとは思えない(思いたくない)
 檻造任△襪覆蕕弌∪こΔ諒儚廚魑瓩瓩討い襪箸いη然とした理由しか思いつかないが、この場合にはイオリアの計画が関わってくるような気がする


以上のような予想をまとめると、
トリニティ兄弟は、アレハンドロもしくはラグナの思惑で利用されているだけで、その黒幕は大国間の戦争を引き起こそうとしている。そしてその目的は軍需かイオリアの計画遂行かのいづれか
というもの

自分の願望としては、 檻造鉢◆檻造料箸濆腓錣擦如▲▲譽魯鵐疋蹐魯薀哀福トリニティ兄弟を利用して、イオリアの計画を遂行しているというのが一番面白いと思う。ロックオンが明らかにした国連の太陽光発電推奨による石油輸出規制にもアレハンドロの関係者(前の世代)が関わっていたという伏線にも思えるから

そのイオリアの計画の最終目的が大国間戦争による地球人類の粛清とそれに伴う宇宙への進出であったならば、『ガンダム』らしくていいなあとか妄想する。実際、エイフマンもイオリアの目的と有人木星探査が関係あると言っていたし


…まあ、ここまで書いておいてなんだが、それでも戦争になるかどうかはかなり疑わしい部分もある。核のように太陽炉が互いの抑止力として働くかもしれないし、00における大国は突飛な発想で動かないのでどちらかというとその可能性のほうが高い
しかし、戦争が起こらなければ物語はどうしても単調になってしまう。だから願望として上記のような展開になるといいなあとか思ってしまうのだ


【キャラクター】
○刹那

今回目立ってたなあ…勿論オモシロの意味でwww

「俺がガンダムだ」キタ(゜∀゜)コレ!!
刹那にとって『ガンダムバカ』は褒め言葉らしい。自分の経験上リアルでは笑われるどころか冷ややかな目で見られるのが普通なんだけど…OTL

今回、他のマイスター達に過去にKPSAに所属していた事や本名を知られた事により、逆に信頼を得る事に成功した刹那。自己開示しなければ他人は自分を信頼することは無いという基本に辿り着いた様子
考えてみると生死を共にする戦闘で背中を預ける仲間の事を全く知らないというほうが異常で、刹那達はやっと戦うためのスタートラインに立ったと言えるだろう

刹那がモラリアでの戦闘でサーシェスに「神はどこにいる?」と問うたのは、自分の過去と向き合うためだったらしい
世界に神は存在しないと諦観しながらも、サーシェスの中に神がいるのかどうかを聞いてしまうのは、刹那がどこかで贖罪を求めているからだろう
その問いにサーシェスが答えていない以上、まだ刹那の心は救われていない
ただ、その答えと救いはサーシェスではなくマリナがもたらすような気がする

○ロックオン
ロックオンが家族を失ったテロは刹那が所属していたKPSAによるものと判明
だが、刹那の電波加減に撃つ気を無くしたらしい
また、ロックオンのおかげで00世界におけるガンダムの定義が『戦争根絶を体現する者』と判明した。なるほど、だから『刹那・F・ガンダム』なのねwww

スローネ隊に対しては、ロックオンも怒り心頭だったようで、出撃にwkwkしていたw
「ミス・スメラギの腹も据わった」の台詞から、ロックオンはスメラギがスローネ隊への攻撃を躊躇している事に内心イラついていたのかもしれない

○アレルヤ
完全に仲間はずれw
サブタイトルの『絆』の中にアレルヤは含まれていないらしい

そろそろ出番をあげないと、ほんとに視聴者に空気って呼ばれるようになるぞ。ただでさえ、中のもう1人のほうが人気あるんだからw

○ティエリア
本格デレキタ!!!w

なんだか自然なティエリアの笑みを見たのは初めてのような気がする。こっちまでちょっと嬉しくなる。これが萌えというものか!?

ティエリアがいつも「ガンダムマイスターに相応しくない」とかどうとか言うのは、彼がマイスターの試験者だったかららしい
よく今までトライアル能力を刹那に使わなかったなと感心したw

トライアル能力を強制解除された事で、ヴェーダに対して不信を持った様子
前回の感想へのクラウさんのコメントの通り、ティエリアがイオリアの遺伝子を使用した試験管ベビーであった場合、ヴェーダはティエリアにとって母とも言える存在
だからこそヴェーダこそ完全なるものとして絶対の信頼を寄せていたのだろうが、刹那とロックオンの絡みを見て「これが、人間か」と笑みを浮かべたのを見る限り不完全な『人間』に興味が移ったのかもしれない

○スメラギとプトレメンバー
スメラギはガンダム同士の対決が計画に織り込まれている可能性に気づいた様子
やっとイオリアとヴェーダに対して疑惑を持つ描写があったのは嬉しい限り
ただ、刹那とティエリアがフォーメーションを組んで喜んでいるようじゃ、指揮官としてはどうなんだと言いたくなる

他のクルーもそうだがなんだか緊迫感が足りない
イアンの反応を見る限りナドレの能力は知られていないようだから、刹那達を心配するのが普通なはず。それとも刹那&ティエリアがスローネ隊に敗れると思ってないほど信頼を寄せているのか。スローネ隊の力はまだ未知数であるように思うのだが
セルゲイの時のように、プトレマイオス本体を交えた戦闘が無ければこのメンバーに緊張感を求めるのは無理なのかな

○トリニティ兄弟
かませ、乙
前回、悪行の限りを尽くしたトリニティ兄弟だが、ここに来て黒幕の捨て駒フラグが立ちまくり。2クール最後で死ぬんじゃないかコレ

彼らは人格者ではないしイカれた戦闘狂ではあるのだが、戦争根絶のために動いているという意識はある様子。今後、その理由が明かされるようになれば少しは人気も回復するかもしれない…まあ手遅れの感があるが

ヨハンの「錯乱したな」は正解www常に電波ですが、何か
ネーナの「チュウまでしてあげたのに」は全国の視聴者から強姦じゃねえか!と突込みが入っただろうw

○中華
見た目とは裏腹にかなりクールな思考の持ち主らしい
世界が変わるならば手段は問わない、つまりスローネ隊の行為も許容しているようだ
つまりは、今後アレハンドロが台頭してきたときにアレハンドロ側に付く可能性もあるということ。なかなか面白いじゃないか!w
よし、久しぶりにてか初めて( ゚∀゚)o彡゜中パイ!中パイ!

○沙慈&ルイス
尺伸ばし乙(製作サイド的意味で)

沙慈はルイスの希望によりその元を去り日本に帰ることになったが、仕方ないと思う
ルイスにとって自分が沙慈の夢への枷になっているというのは耐え難い事なのだから
また、沙慈にそんな気が無くてもルイスからすれば同情でいてくれるんじゃないかとか思わずにはいられないだろうし、健常者である沙慈がいるだけで辛くなる事もあるかもしれない
ルイスが言うとおり、現状では一緒にいないほうが良いのだろう。ルイスが託した宇宙で働くという夢を沙慈が叶えるまでは

しかし、これからどう沙慈を本編に絡ませるんだろう。まさかこの悲劇を描いて一般人でも戦争に巻き込まれるんですよって見せたかっただけなんて事は…ないよね?
まあ、確かに窓際に佇むルイスにもらい泣きしてしまったんだけど(つД`・゜

○絹江
どんどん死亡フラグが…
第3クールまでもつのか。何気に今回ラグナを調査していた部下が先に死にそうで怖い


○アレハンドロ&リボンズ
アムロMS搭乗キタ!!
さすがに「リボンズ、行きマース!」とか行ったらギャグにしかならないがw

臭すぎて逆に違うんじゃないかとか言われてたアレハンドロ&リボンズがラスボスなのはやはり鉄板だった。いや、初登場から臭い臭いと言い続けた甲斐があったw

コードギアスがどんどん前に出てきた以上、これから00を盛り上げるのはこの2人にかかってると言っても過言じゃない。ガンガレ超ガンガレ!!

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

待ちに待った大戦争フラグが来ましたね
やっとガンダムらしい展開になってきて、ガノタとしては感涙ものです。噂では次回からの展開が激しすぎるから今回でマイスター達の連携を図らざるを得なかったという事らしいですがw
ただ、いつも次に肩透かしみたいなのが多いので、過度な期待はしないようにします;;

それにしても、今後は大国のGNドライブ搭載MSがわんさか出てくるんでしょうか。フラッグに乗り続けると誓っていた修羅ハムの行方が気になるところです



ところで…
私事の宣伝ですが、自分、MS−Tacticsという無料オンラインゲームの管理人をしています。MS−Tacticsとは好きな機体に乗って他のプレイヤーの機体等と戦闘するシミュレーションゲームです
所謂大型MMORPGのように何かをインストールしたり、特段のPCスペックが必要だったりしませんので、是非ご興味をもたれた方はご参加ください
→アドレスはttp://painpomm.sakura.ne.jp/hp/
リンクにある「ENDLESSWALTZ]からも行けます。宜しくお願いします!

| ガンダム00 | 2008.02.17 Sunday,00:20 | comments(4) | trackbacks(1) |

スポンサーサイト

| - | 2009.04.19 Sunday, | - | - |

Edit this Entry

Comment

ハムのフラッグにGNドライブが搭載される特別機になることに期待していかな?(笑

| ぎちょ | 2008/02/18 12:32 AM |

ハムやアリーがGNドライブ搭載機に乗ったら
マイスターズ速攻やられそうで怖いデスネー!
ロックオンに衝撃の事実!ってソックリさんの話も
出るのではと期待していましたがそれはなかったですね(´Д⊂
一体あの人はなんなんだろう??
マイスターズ3人で仲良くなったけどきっとあのあと
アレルヤも降りてきて仲良くキャンプファイヤーやった!
とかだとイイノニナー。

| ぷぅ | 2008/02/18 7:38 PM |

>ぎちょさん
どうですかねー。ある筋からの情報によると、GNドライブを使用する事を潔しとせずに軍から抜けて単独でガンダムを追うって話もあるみたいです
なんにせよ、修羅ハムには今まで以上に目立っていただきたいw

>ぷぅさん
確かに、ハムやアリーのほうが腕がたつので、同スペックに近くなると圧倒されそうですね;
でも、思ったよりスローネ隊相手でも善戦していたところを見ると、少しはせっちゃんもレベルアップしているのかもしれません
ロックオンの双子は出てきませんねー。あの伏線、どう収集するつもりなんでしょうか。もう、ティエリアぐらいしかマイスターに関しては謎が残ってないんですけどね

アレルヤは・・・少なくともハレルヤは中でキレてそうですねwww

| mm | 2008/02/18 11:31 PM |

アレハンドロ黒幕確定(*゚∀゚)=3

さて、後々考えてみると少々疑問点が思い浮かびますね
まず、ラグナが南極で製造した太陽炉の元となる設計図入手までの経緯
超大国ですら知りえなかった木星探索の裏で暗躍したイオリアの計画
これを一企業が把握し、尚且つ世界から隠蔽しつつ六年間も宇宙で活動し続けた...
これ、ぶっちゃけ無理じゃありませんかね?

仮にラグナが何らかの要因で知ったとして、「木星圏まで探索を行う」のに、どれ程の困難が伴うのか?
真っ先に思い浮かぶのは宇宙船。この当時ラグナは勿論GNドライブを所持していませんから極々普通の燃料で赴き探索したでしょう
異様です。正直異様です。六年間も木星圏を有人で漂うなんて国家規模でも早々行えるモノじゃありません
それこそエイフマン教授死に際の独り言、
「120年前にあった有人木星探査計画」というような、数百年の時を越え記憶される程の大々的な計画になってしまう筈です

ならばそれらを隠蔽する為、ラグナがイオリアの遺産を受け継ぐに当たって何処かの国家、もしくは国家規模の権力者の影が見え隠れする気もします
国の、又はそれに準ずる権力者の計画として宇宙に出、密かに木星へ渡り探索を行わせた。それが何処の何者かは現段階では推理不能ですが見ている限り超大国ではなさそうですしね...
これがアレハンドロならば、面白! ってトコロぐらいですけども、少なくとも残り尺の長さからしてラグナは中ボスの感が拭えません


さぁ、話は変わりますけども擬似太陽炉通称GNドライブTですが
T型は贋作の域から出られず製造年月も無理矢理急かした結果ただの電池に成り下がってるのかもしれません
出力はアインとドライが連結してもヴェーチェに劣り、GNバリアは張る事も出来ず、半永久機関のようには振舞えず
強襲しか行っていないのも、もしかしたら逆にヒットアンドアウェイしか行えないのかもしれません
これならば酷使すればやがて寿命が訪れ、買い換えなければならない
それはラグナにとって市場シェア100%を誇る事業。量産性を重視し劣化させればさせるほどラグナは儲かります
あれ、これなんてシズマドライブ?

| クラウ | 2008/02/19 11:19 PM |

Submit Comment









Trackback URL

http://painpomm.jugem.jp/trackback/114

Trackback

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/08/08 7:52 PM |