<< 機動戦士ガンダム00 第14話「どうしようもなく世界は歪んでしまうの」 | main | 機動戦士ガンダム00 第16話「生きてる?」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | 2009.04.19 Sunday, | - | - |

機動戦士ガンダム00 第15話「抱きしめたいなぁ、ガンダムッ!!!」

ガンダムマイスター敗れる!!

なんだか盛り上がってきました00
新ガンダムも登場し、これからスパートですかね。最近少しだけ視聴者の評価もあがっているようで感想を書いている身としてはうれしい限り^^

あとは、新ガンダム3機の位置づけで今後どうなるかが決まるって感じでしょうか。身内だとしても、今までのようなスタンスの仲間ではないはずですから。まあ、詳しくは後述するとして・・・

では15話感想行きます!!


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【ポイント】
○ガンダムマイスターふるぼっこ
3大国による合同軍事演習には、CBをおびき出す周到な罠が張られていた
それは、合同演習地のタクラマカンにある濃縮ウラン埋設工場へのテロをエサにガンダムを呼び寄せて圧倒的な物量によりパイロットを疲弊させガンダムを鹵獲しようとするもの

4機対832機という絶望的な戦力差、さらに無理をせずに遠距離から爆撃を加えていくという消耗戦術によりじわじわとマイスターは追い詰められる
そして、戦闘開始時から15時間経過した頃鹵獲行動が実行され、疲労困憊におちいっていたマイスター達は次々と敗北していく。ティエリアはコーラに、アレルヤはソーマに、ロックオンはハムに、刹那はサーシェスに
果たしてマイスター達はどうなってしまうのか?というところだが、新ガンダム3機が戦場に乱入してきたのでそのまま鹵獲されるってことにはならなさそう。九死に一生を得るみたいな展開だろうか

ただ、今回の物量作戦でもガンダムの外装には大きな損傷を与えられていない。それこそ15時間ぶっつづけでミサイルの雨を受け続けているのに
あの装甲は、正直歴代ガンダム1じゃないか。種のPS装甲がデフォルトでついているような(PS装甲はEN切れすれば実弾でも効いていた気がする)
今回、もしガンダムが逃げ延びれたとしても、せめてビームライフルの1つぐらいは大国側も奪って欲しいもの。ガンダムの装甲に通用する武器が無ければ、大国がガンダムに勝つ手段は今回と同様の物量戦以外なくなるが、それだけだと物語的につまらない
やはり、撃たれたほうが死ぬという緊迫感が無ければ面白い戦闘は描けない。特に、サーシェス、ハム、ソーマ等との戦闘ではそういうガチンコ勝負を見てみたい

また少し気になるのは、タクラマカンへのテロを既に3大国が知っていたこと
素直に受け取るなら、セルゲイが言うようにテロリストがタクラマカンに攻撃することを事前に知っていたからこの場所を合同軍事演習に設定し、ガンダムを鹵獲しようとしたというものだろうが…
人革連の首脳の話を聞く限り、事前に知っていたというよりはテロ自体が自作自演である可能性もあるように思われる

○サーシェスの特殊任務
上記のような背景を鑑みてサーシェスの特殊任務について考えてみる

ただ1人戦場から逃れていた(そう見えた)刹那の前にMAアグリッサに搭乗したサーシェスのイナクトが立ちはだかったことから考えると、サーシェスは正規軍の指令から外れた行動を取っても良いという許可を得ていたことになる。また、ガンダム鹵獲用にアグリッサをこのタイミングで受領していることから見ても、サーシェスのみ事前にテロによるガンダムおびき出しを伝えられていたと考えられる

ここまではほぼ間違いないとして、前述した今回のテロが大国の自演という推測が正しいと仮定すると、サーシェスはアザディスタンの内紛を画策した国際テロ組織と繋がりがあり、サーシェスを通じて大国が国際テロ組織にタクラマカンへの攻撃を示唆したという可能性が考えられる。飛躍しすぎの感は否めないが;

○新ガンダム登場

サーシェスのイナクト+アグリッサにより死の狭間まで追い込まれた刹那を救ったのは、謎のガンダムだった。その登場シーンがフリダムさんとまるかぶりだったことはいいとして;

実は、前回に各感想サイト様を見て回ったときにOPの新ガンダムに新キャラクターが搭乗することは知ってしまっていたが、未だにどの位置づけ(敵か味方か)は知らなかったので今回の登場には新鮮に驚いた

問題なのはあのガンダムの位置づけだが、刹那を助けたことや新ガンダムがGN粒子のようなものを発していることから考えて、大国側の機体でないことは確か。大国が欲しいのはあくまでガンダムとそれが発するGN粒子の秘密であって、中にいるおちびさんではない。(ここら辺が『人>機体』のWとの違いだろう)あのままサーシェスが刹那を殺していても、なんら問題は無いのだ
だとするとCB側と考えられるが、少なくともプトレマイオスクルーはその存在は知らない様子。つまり、CB側ではあるがプトレマイオスとは別の組織があると考えられる
今回、アレハンドロによって『監視者』が複数いることが明らかになった。アレハンドロが他の『監視者』に呼びかけて、あのガンダムを戦場に送ったと考えるのが妥当と思われる

今後の展開を考えるに、次回新ガンダム3機が大暴れするのは自明。結果的にCBのマイスターが助かる(ガンダム鹵獲が失敗する)ならば、大国の損害は経費的にも世論的にも甚大なものになるだろう。つまり、再度の大規模出兵は相当先になるということ
そう考えると、物語上つまらなくなってしまうので、やはり新ガンダム3機とはいつか敵同士になるのだろう
気になるのは、敵対する前にそのパイロット達とのマイスター達との繋がりが出来るかどうか。暴れるだけ暴れて戦場から去っていく某スーパーコーディネイターのような展開になるのかもしれないし、少しの間はプトレマイオスクルーと一緒に行動するのかもしれない
予想というより願望としては、後者であって欲しい。その間の戦闘はつまらなくなるが、最終的に敵になるのならばその前にお互いの思想の違いを随所にぶつかり合わせておいた方が後々盛り上がるはず
その際に、新女性キャラとマイスターのうちの誰かとのロマンスや、ティエリアのプトレマイオス裏切りフラグが立つといいなあとか妄想してみる

【キャラクター】
○刹那

戦闘ではほぼ見せ場なし。2機ぐらいは倒していたようだが、後は押されっぱなし。最後にはサーシェスのゲルズゲーもどきに圧倒されて瀕死状態に;
クルジスでの過去が走馬灯のように脳裏に巡っていたときには、種割れするかと思ったよw

ただ、今回初めて刹那に感情移入できたのは良かった
刹那は、歪んだ世界の中で誰かを救う存在になりたかったんだろうな
まあ、最後の「ガンダァァァムッ!!!」って叫びにはドモンみたいで吹いたけどw意外に元気じゃないかwww

○ロックオン
ハムの人に抱きしめられましたw

戦闘では一番頑張っていたように見えたけど、圧倒的物量で疲労したところでのハムには流石の兄貴もギブアップだった
よしんば次回なんとか逃げ延びたとしても、これからずっと追い回されることになるのだろう。完全にハムロックオン状態;;

○アレルヤ
ソーマとの戦闘でちらりとハレルヤが覚醒するもののセルゲイの救援後はまたアレルヤにバトンタッチ
ハレルヤのSッぷりが良くわかったw
その後アレルヤはいつの間にかソーマにやられてた;;

なんか、ヴァーチェのGNバリアみたいなのをキュリオスも張っていたように見えたんだが、公式設定なのだろうか。それとも単に制作側のミスだろうかw

○ティエリア
ナドレにパージすることも無く、コーラ隊によって鹵獲される
15時間戦闘で疲労した後だから仕方ないにしても、コーラに負けるなよ;;
(とは言え、実際にはコーラがやったことはヴァーチェのバズーカを1発避けただけだが)

とりあえず、今回の件に対してどんな言い訳をするのか楽しみw

○スメラギ

スメラギの予測はいつも的確で、今回の件も大国が鹵獲作戦を行うことも、どのタイミングで敵のキーになる機体が投入されるかも読んでいる
しかし、何故いつも詰めが甘いのか
どれだけの戦力差があり、ポニテのおかげでどんな戦術でくるかも知っているのに、マイスターが安全に離脱できるための方策を立てていないのは指揮官失格といっても過言ではない
前回、ティエリアに罠だとわかっていても行くのがマイスターであると反論されて今回の作戦を実施していたが、指揮官ならば覚悟だとか信念とか、そういう感情面だけでなく冷徹に状況を判断する目を持っていなければならないはず。もし今回でガンダムが1機でも鹵獲されたらそれだけでCBの計画は破綻してしまうのだから、もう少し慎重に作戦を練っておくべきだろう
それとも、スメラギのみあの新ガンダムの存在を知っているのだろうか

○プトレメンバー
帰ってこないマイスター達を各々が心配している様子
フェルトだけは眠っていたがw

筋肉の発言にあった『GNアームズ』がなんなのか気になるところ
新ガンダム3機のことを指すのであれば、パイロット不在のために使えないということになるが、ならばパイロットを集めてから犯行声明を出すのが普通だし…わからない

○ハム隊
今回も相変わらずの迷言っぷりw
「まさに・・・眠り姫だ」
って、デュナメスのどこに姫を感じたのか、20文字以内で述べていただきたい

ちなみに、前回初登場のアラスカのジョシュア君は先走ってデュナメスに撃たれお星様に。予測通りとは言え、死亡フラグわかりやすすぎw
ただ、彼のおかげで『グラハム・スペシャル』が空中変形だとわかった。ありがとう!

○ソーマ&くま
ソーマはアレルヤをおん持ち帰りぃ〜♪(ぁ
途中、ちょっと凶暴化したけど、くまとの連携で鹵獲成功

ソーマがハレルヤに名乗ってしまったのは大きな失敗になりそう。これからストークされそうな予感大;;

○コーラ
マネキンさんに「男にして」もらいましたw

台詞的に、ライラとジェリドを思い出したけど、コーラに比べりゃまだジェリドのほうがましな扱いだったような

今回、やっとかませ犬から抜け出したって感じ。次回逆戻りしそうだがw


○サーシェス
MAアグリッサ搭乗の赤いイナクトで刹那を追い詰める
でも新ガンダムのせいであっさりアグリッサ破壊;
まあ、アッザムにイナクトが乗っただけ(もしくはゲルズゲー)みたいなあのシルエットで戦うより、イナクトのままのほうが絵的に良いと思う

次回描かれるであろうサーシェスと新ガンダムとの戦闘で、新ガンダムの性能がわかりそうなので期待したい

○マリナ
タクラマカンでの戦闘をシーリンから知らされ、刹那の身を案じる
「まさか!?あのとき、あなたは・・・」
の後がとっても気になるが、多分、「死を覚悟していた」というところだろうか
どうとでも読みとれるために確定的な推理できず…OTL

○沙慈&金髪
相変わらずのKYぷり
いつ本筋に絡んでくるんだ;;

学生で12万のペアリングは高いけど、社会人なら普通にねだられるところが怖い><
沙慈、今のうちに慣れておけw

○アレハンドロ&リボンズ
『監視者』という意味合いから考えても、アレハンドロはCBの上に位置する存在。そして、その『監視者』が複数のいることが明らかになったため、CBの上位組織が存在すると予測される。つまり、前述したとおり新ガンダムはその上位組織が保有している機体なのだと思われる
その上位組織がいずれCB(というかプトレメンバー)の敵になることはほぼ間違いないとして、気になるのはアレハンドロの上位組織内での位置づけ

アレハンドロとリボンズの
「私の仕事もここまでかもしれんしな」
「そんな気なんかないくせに」
という会話の中にあるアレハンドロの『仕事』が、『プトレメンバーによるCBの理想遂行への監視』であるならば、少しはアレハンドロもプトレメンバーに期待していると言えるため、分裂後にプトレメンバー側に立つ可能性がある
ただ、その『仕事』が『CBの理想遂行を利用した世界掌握』というような電波的思想であるならば、新ガンダム3機とリボンズを使ってプトレメンバーの敵になる可能性もある
今のところどちらとは断言できないが、できれば後者であって欲しい
そうでないと、今までコイツをラスボスだと騒いできた自分がバカみたいだからw

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

全く話が逸れますが、自分、いいおっさんなんですけど『キミキス』ってアニメ見てるんですよ(照)
まあ、ニコニコでしか見ないんですけど

所謂ギャルゲーが原作で、主人公の周りには可愛い子ばかりがいっぱいおり、頑張ればどの子も主人公に惚れるっていうやつなんですが(ちなみに原作は未プレイ)、アニメは一部のキャラは恋愛に絡ませない&主人公を2人に分裂させるみたいな策を練って、三角関係より多くしないように工夫しています
だから、どっちがくっつくのかなーって普通に楽しめるわけです

最近は多ければ5人以上の女性キャラが主人公のことを好きみたいな所謂ハーレム系の作品が多いですが、性に合わなかったりします
キャラクターが多くなりすぎて心理描写が雑に見えるからです。恋愛がメインであるならば心理描写をしっかりするのは基本じゃないかと思うのです。その意味でキミキスは細かな心理描写がうまい作品だなあと感心します。(ちなみに元がエロゲーではないのでお色気も控えめです)
で、そのキミキスですが、第2クールに入り、1クールでは潜在的だった三角関係が表面化してきました。物語として三角関係は入れないと盛り上がらないんですよね

で、何が言いたいかっていうと、以前から考えていた00に足らない何かはマイスター達の恋愛かなと思ったということです
作品が成功するかどうかは、視聴者がどれだけ感情移入できるかによりますが、そのために恋愛を利用するのは戦闘がメインの作品でも効果的だと思います。そればかりに頼っていては戦闘物では駄作の烙印を押されるでしょうが、エッセンスとしてなら必要だと思います
今までのガンダムシリーズにも、ほとんど主人公は何らかの形で三角関係に陥ってるのですから
※アムロ、カミーユ、ジュドー、ウッソ、ドモン、ロラン、キラ、シン。除外されるのは尺が無いシーブックと電波のヒイロだけ。その2人にしても客観的に恋愛関係と思われる相手がいる

翻って00を考えるに、今のところ恋愛らしい描写は沙慈&金髪とスメラギ&ポニテの2組のみ。マイスター達にいたってはまるでゼロと言ってよいでしょう(刹那&マリナは恋愛とは違うと思います)。三角関係どころの話じゃないわけです

というわけで、新女性キャラには是非マイスターの誰かと恋に落ちていただきたい!
というのがここまで長々と書いた話の結論です
まあ、ソーマがいるハレルヤと、人じゃないっぽいティエリアは除外してよいとして、兄貴には頑張っていただきたい
あ、おまけでせっちゃんもw


| ガンダム00 | 2008.01.20 Sunday,21:04 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 2009.04.19 Sunday, | - | - |

Edit this Entry

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://painpomm.jugem.jp/trackback/110

Trackback