<< 機動戦士ガンダム00 第11話「自分の過去ぐらい、自分で向き合います」 | main | 正月ボケ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | 2009.04.19 Sunday, | - | - |

機動戦士ガンダム00 第12話「あえて言わせてもらおう、乙女座であるとッ!」

なんか台詞が違うのは気のせいです

今回はアザディスタン云々で刹那に注目すべき話なんでしょうが、すべてハムの人にもっていかれた感じですw
ロックオン兄貴との戦闘は久々に燃えるガンダムが戻ってきたって感じで素直に楽しかった!
刹那よりロックオンのほうがハムの人の戦闘のライバルとしては面白い気がしますね

ところで、Gジェネスピリッツの主題歌って森口博子なんですね
これでガンダム系主題歌の3回目…でも今回も名曲です。動画サイトで聞いてみてはいかがでしょうか(回し者ではない)

では12話感想行きます!


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【ポイント】
○中東およびアザディスタンの情勢
太陽光発電計画の推進のために大幅な石油輸出規制が国連決議で採択されたことにより、石油輸出産業で経済を支えていた中東では太陽光発電紛争が20年間続いた
この紛争で疲弊した多くの中東国家は、貧困のために今でも分裂や統合を繰り返しているというのが00での中東情勢らしい
アザディスタンも上記の例に漏れず、クルジス共和国を6年前に吸収した後も伝統的な宗教生活を守ろうとする保守派と、太陽光発電システムを取り入れて他国に追いつこうとする改革派の対立が続いているそうだ

つまり、中東の紛争の根源は太陽光発電と国連にあったということ
前回から国連はアザディスタンへの技術支援を開始しているが、20年も続く紛争が起こった原因が国連決議によるものであるのならば、それに反発する人間がいて当然だと思う
まあ、アザディスタンは石油資源が枯渇しているので、いつかはエネルギー問題を解決するために太陽光発電に着手せざるを得ないという事情があったのだろうが、それを国民全員が受け入れるには傷が深すぎたということなのだろう

○アザディスタンのクーデター勃発
上記のような情勢にあったアザディスタンで保守派の指導者マスードが何者かに拉致、保守派は改革派の仕業だとして一気に両者に緊張が高まる
あくまで対話での解決を望むマリナの意向は保守派のボイコットにより改革派のみとなった議会には通らず、議会は秘密裏にユニオンからの軍事支援を受けることを決定、しかし軍部には保守派スパイがおり、結果としてクーデターが勃発する

クーデターの引き金になったマスードの拉致の実行犯はサーシェスであり、当然その裏にはPMCおよびAEUが糸を引いているはず
何のメリットも無いのにユニオンが干渉してきたことも含めて、人革によるガンダム鹵獲作戦を知った他2強国遅れを取れないと判断したものと思われる。もしかしたら、秘密裏に人革と提携するユニオン軍上層部には人革から詳細な戦闘結果データが送られているのかもしれない
前回人革軍の上官がガンダムへの対応が新たな局面を迎えたと言っていたが、それが今回の事件であり、つまりはアザディスタンは強国のガンダム対策に利用されたと言える

また、そんな強国の意図とは別に、アレハンドロの思惑もある

CBにより世界各国で紛争は縮小傾向にあるがまだ根絶しているわけではない現状の中で、性能的に圧倒的に優位なはずのガンダムに追いつくまでの戦闘力を見せる敵パイロットが現れてきた上に、CBが防御に回ると弱いことを露呈されつつある事を考えると、CBは決して楽観視できる状況ではない
今後未だ健在である強国が軍事技術を高めていけばCBは脅威ではなくなる可能性も考えられ、CBの脅威が無くなれば縮小傾向にあった紛争も元に戻ることになる。つまり、CBが選択できる戦略は短期決戦しかないのだ
であれば、膠着してしまう前に紛争を起こす以外に無い
だから改革派と保守派の対立が深まり内戦が勃発することを見込んで、何のメリットも無い技術者支援を決定した
今回はサーティスによる保守派代表の拉致が実行されたが、アレハンドロにとっては誰でも良かったのだ。争いの種を蒔く、それが目的なのだから

しかし、そう考えると前回マリナに建設作業現場への表敬訪問を勧めた本意は、保守派によるマリナ暗殺or拉致を見込んでのものと言える。アレハンドロの策士ぶりも大したものだが、それをほぼ見破っているシーリンもすごい。メガネは伊達じゃないってことか

それにしても、アレハンドロや強国に踊らされて一層困窮することが予想されるアザディスタン…何より国民がカワイソス

【キャラクター】
○刹那
内戦を止めるために故郷に帰るものの、過去の自分と同じくMSに蹂躙される子供達を救えず、「俺はガンダムになれない…!」と絶望する

マリナはわからなかったのに、街のじいちゃんは刹那がクルジス人であることを見破ってた。他の住民の様子を見ても、余所者だからというよりはクルジス人だからというほうがしっくりくる。マリナ、女王の前にアザディスタン人失格じゃね?w
アザディスタンはクルジスを吸収しているので、吸収されたクルジス人が恨みに思うのは当然だが、逆も同様ということは吸収前の紛争によりクルジス側だけでなくアザディスタン側も多大な犠牲を払ったのだろう
また、もしかしたら改革派が多数を占めるこの街(マリナのポスターが燃やされずに残っている&街の少年の言葉)の住民の反応から見るに、クルジスは保守派が多数を占める国家だったのかもしれない

戦闘では相変わらず力任せ
アレハンドロに「ガンダムの性能に頼りすぎている」と酷評されてしまう
まあ刹那がハサウェイなのはわかっていたことなのだが、それよりアレハンドロが刹那の技量を見抜いたところが問題。8割がたの確率でアレハンドロもMSに乗れて、かつ凄腕なんじゃないか。アレハンドロのラスボスフラグがさらに立ったと言える

○ロックオン
刹那と共にアザディスタンに向かうものの、乙女座との戦闘で苦戦を強いられる

良かった
何が良かったって、接近戦もまあまあできるってことが証明されたことw
最近あんまり目立ってなかったので、面目躍如と言ったところだろうか

「蹴りを入れやがったぁッ!!」
がなんだかガイアを髣髴とさせて笑えたw兄貴は感情が出ててやっぱいいなあ

○アレルヤ、ティエリア
蒸発しましたw

○中華
刹那がアザディスタンに行くことを申し出た時の
「あなたが!?」
の声に微妙に信頼度の無さが滲み出てた。中の人GJwww

○乙女座
今回のMVP

何故こんなに笑わせてくれるのか、ハムの人よw
「人呼んで、グラハムスペシャルッ!!」(マクロスのモミアゲ)
「あえて言わせてもらおう、グラハム・エーカーであるとッ!」(銀河万丈の人)
って、どんだけだとwww
エクシアじゃなくてデュナメスでも食いつくハムの人は、私と同じく見境の無いガノタでしたw( ´∀`)ノヽ(´∀` )ナカーマ

しかし、あのロッドでよく弾を防げたものだ。そんなに早く回っているようには見えないが

ところで、グラハムスペシャルって、あの避け方を呼んでいるのか、あのカスタムフラッグを呼んでいるのか…
ハムの人以外誰も呼ばないのでわかりません

○サーシェス
「ところがぎっちょん!!」
って何処の人ですか??w
今のところ今回の背後にPMCおよびAEUとの関連があるかどうかは不明だが、紛争は他にも起こっていることを考えると、やはりバックがいると考えるのが妥当と思われる。少なくとも↑のようなガンダムと戦いたいだけの偏執狂ではないだろう
次回そこらへんが明らかになるのだろうか

○マリナ
考えていることは一番まとも。ただ、実行力が無い
そんなことだからアレハンドロにつけ入られるのだ。少しはリリーナ様を見習いなさいと言っておきたい

しかし、ほんとにあの年で国を代表する立場になんてなったら、マリナぐらいが普通、というか良くやっているほうだと思う。そういう意味で、リアルを思い出させてくれる人でもある。ガンバレ

○シーリン
個人的に、やっと00で好きになれる女性が現れてきた感じ
今後も頼りないマリナを守って欲しいもの。ただ、刹那とは相性良くなさそうだな…

○沙慈&金髪
金髪の入れ知恵で佐治が金髪ママにピザプレゼント&お涙頂戴話でポイント獲得
前回までとは一転、ママのお気に入りになる。まあ、蛙の子は蛙ということか

ママ「似てるわ…主人の面影がある」
金髪「無いって!!つかパパ生きてるしッ!!」
には不覚にもワロタw

○沙慈姉
200年前から遡ると技術者が138人失踪していること探り当てる。その中での何名がCB関係者なのだろうか
次は直近の失踪者を探すようだが…それがCBに繋がるのだろうか

○アレハンドロ
【ポイント】で気づいたことは全部言った気がする;
とりあえず、
お前がラスボスだって事は全部すべて、まるっとスリっとゴリっとエブリシングお見通しだYO!!

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

アザディスタンの情勢が詳しく描かれ、ようやく00の世界観のパーツが全て集まったように思います
これから黒田氏お得意の怒涛の展開になるといいんですが…次回は「刹那、ガンダムとなる」そうなので少し期待薄かもしれません;;
『聖者の帰還』の聖者=マスードでしょうから、刹那がマスードを救う話であることは簡単に予測できるので
まあ、ガンダムシリーズにありがちな主人公の増長を描くために挟むのかもしれません。ただ正直、「主人公が増長」は好きですが「主人公=俺ダム」は微妙ですw

あ、00は今回が今年最後らしいので、次回感想は来年になりますね
私はTBを前回感想で貼ってくださったサイト様に送るという方法を採っているんですが、そのときにまだ更新がされていないサイト様やなんどやってもエラーになってしまうサイト様に後日もう1度試してみるみたいなことをしていません;
言い訳ですが、正直感想だけで疲労困憊になってしまうのです(泣)申し訳ありません
こんな私ですが、来年度もよろしくお願いします。皆様よいお年を

| ガンダム00 | 2007.12.23 Sunday,02:48 | comments(3) | trackbacks(8) |

スポンサーサイト

| - | 2009.04.19 Sunday, | - | - |

Edit this Entry

Comment

おはようございます〜

そうそう!ロックオン・・接近戦も大丈夫なんだ!と、ほっとしました。(笑)
今回みたいにあたらなかったり、はじかれたりしたら・・
超危険;;(接近されて)ですもんね〜

| フューレ | 2007/12/23 6:49 AM |

ポイントを読んでなるほどなるほど!と頷きまくりました。
自分は読みが浅いので勉強になります(〃∇〃)

刹那ばっかりかと思いきや兄貴大活躍で大興奮でした!
グラハムは普段からああいうしゃべり方なんでしょうか、身近に
いなくて本当よかった・・。次は来年かぁ〜〜(〃∇〃)

| ぷぅ | 2007/12/23 9:37 AM |

>フューレさん
ロックオンは最年長だけあってマイスターの中ではやはり一番技量がありそうですよね

「このしつこさ、尋常じゃないぞ!」って、ハムの人のストーカー気質を見破るあたりも、流石アニキ!
来年も子守りの気苦労は耐えなさそうですが…www

>ぷぅさん
他のサイト様を拝見したところ、サーシェスの単独犯説が多くて、サーシェスのバックにPMCおよびAEUがいるんじゃないかっくだりは、裏を読みすぎて間違ってそうですが;;
アレハンドロの方は彼の胡散臭さが爆発しているのでその分自信がありますw

ハムの人みたいな友人はいりませんが、遠くで見ている分には楽しそうだとは思いますよw

| mm | 2007/12/23 8:57 PM |

Submit Comment









Trackback URL

トラックバック機能は終了しました。

Trackback

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/10/15 4:19 PM |

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/10/19 12:00 PM |

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/10/19 6:58 PM |

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/10/20 1:24 PM |

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/10/21 1:05 PM |

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/10/22 5:57 PM |

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/10/24 10:03 AM |

-
管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2009/10/29 12:43 PM |