<< 機動戦士ガンダム00 第10話「僕は・・・人でなしだぁー!!」 | main | 機動戦士ガンダム00 第12話「あえて言わせてもらおう、乙女座であるとッ!」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | 2009.04.19 Sunday, | - | - |

機動戦士ガンダム00 第11話「自分の過去ぐらい、自分で向き合います」

満をGして

ってあのCM、恥ずかしいんですが;;

今回は題名どおりアレルヤの話でした
かなり彼の過去が明らかになりましたが…少しあっさりしすぎていたかも
もう少し超兵機関の描写を小出しにしつつ第3クール辺りで潰したほうがよかったんじゃないかなと。非道さを見せたほうが感情移入しやすいですし

まあ、そうすると今以上に刹那が空気になるので、仕方ないのかもしれないですがw

では11話感想行きます!


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【ポイント】
○超兵機関の崩壊
人類革新連盟の超兵機関がアレルヤの進言によるCBの攻撃で崩壊した

やはりアレルヤは超兵機関出身の失敗作だった
ソーマが超兵1号であることを考えると、アレルヤだけでなく、他にも失敗作として処分された数多くの子供達がいたのだろう

今回CBによってその行為が世界中にリークされたことで、人革は相当世論に叩かれることになるだろう
それは、機関の物理的な破壊よりも大きな痛手であるはずで、暫くは研究自体を凍結せざるを得ないだろう
ただ、ガンダムシリーズは後期になると強化人間をポコポコ出してくるから、これでソーマ以外の超兵が出てこなくなるとは思えない(アレルヤがNO0057であるということは他にも失敗作で生き残っていた者が出てこないとも限らないし)

大掛かりなガンダム捕獲のための物量作戦が失敗した人革はユニオンに接近したが、上記のように非人道的な行為を世界中にばらされているので、主導権はユニオンが握ることになるだろう

○イオリア・シュヘンベルグの目的
ユニオンのエイフマン教授は、ガンダムが発するGN粒子が多様変異性フォトンだと解明する。しかし、それを200年前以上に見つけて基礎理論を確立していたイオリアは驚異的とのこと
そして、イオリアがCBを設立したのは、『紛争を抱えたままに宇宙に進出する人類への警告』であるだろうとエイフマンは推測する
しかし、それだけのために世界中の科学者を集めて(沙慈姉の調査で判明)、ガンダムを製造するのは根拠として薄い気がする
それを実行するには途方も無い資金とマンパワーが必要なはずで、イオリア自身はその目的のために動いていたのかもしれないが、それを利用した背後の組織があるんじゃないかと推測する

【キャラクター】
○刹那
うん、相変わらず空気www

○ロックオン
やっぱり、空気・・・OTL

ただ、刹那と違ってティエリアがスメラギに八つ当たりしていることを見抜いていたりするところはさすが兄貴

○アレルヤ
超人機関出身と明らかになった

ハレルヤは脳梁思波を改造したときに発生したもう1つの人格らしい
ハレルヤはあの通り凶暴なので、アレルヤは失敗作の烙印を押されたようだ
で、始末のために殺されそうになったところを宇宙に逃げ出したのだろう
あの仲間(子供)殺しは、その脱出ポッドの中で酸素確保のためなのか、脱出のために邪魔者を消そうとしたのか、どちらかと推測できる
そういや、宇宙漂流刑って、Vガンのファラを思い出すなあ

ちなみに、今回のハレルヤの台詞は見所多かった
機関を目前にしてその破壊を躊躇するアレルヤに対してハレルヤが放った言葉
「立場で人を殺すのかよ?引き金くらい感情で引け!己のエゴで引け!!!」
はハレルヤは正論
アレルヤが偽善だとは思わないが、人を殺すということにどれだけ言い訳をつけても正当化は出来ない。殺した人間は罪を背負って生きていくしかない。その覚悟がなければマイスターなどやってはいけないだろう
作戦終了後に
「面白くなってきた」
と涙を流すハレルヤは、アレルヤが自分に近づいていることを感じているのだろうか。アレルヤがハレルヤを乗り越えるのか、ハレルヤがアレルヤを飲み込むのか、今後の展開が楽しみ

それにしても、いくら強化人間を製造する機関だったとしても、そこに収容されている子供達まで全滅させたことに対してCBに対する批判は出ないのだろうか
確かに、そんな環境で育ってきた子供達は戦場でしか生きる道が無いのかもしれないけれど、世界中に呼びかければそういう子供達の保護団体もありそうな気がする

○ティエリア
超兵機関を破壊するアレルヤをサポート

前回の失策をスメラギに八つ当たりするのは、ティエリアの若さゆえとも思えるが、アレルヤの過去を知って
「人類というものは、人間というものは、ここまで愚かになれるものなのか」
と独語する姿は、何か人間離れした存在に見える
また、球体に浮いたような状態でプトレマイオス内の情報をハッキングしていること(ヴェーダと接触している?)、ヴェーダの意思を至上としていることなど、パイロット止まりの他のマイスターとは一線を画している

もしかしたら、ティエリアのみCBの中枢に係わる存在なのかもしれない

○スメラギ
アレルヤが超兵機関のデータを渡したことにより、ハレルヤの存在を知る。今後アレルヤにとって一番の理解者になるだろう

しかし、酒で過去や現在の憂さ晴らしをしている姿には少し危うさを感じなくもない

○リヒティ
超兵機関のリークを「大スキャンダル」とはしゃいだことでスメラギに喝を入れられるw

しかし、こういうキャラ嫌いじゃないんだよねー。CBの中で一番一般人に近い感覚を持っていると思えるから
多分、視聴者から呆れられてるNO1だろうが、生き残ってほしいものw

○乙女座
とりあえず、安易なパクリは叩きを生むだけといっておきたいw

もしや、仮面フラグなのか?シャアと思わせておいてバーン・バニングスなのか?

○セルゲイとソーマ
超兵機関が破壊されたのは、人道的思想が強いセルゲイにとっては望んだ結果なのかもしれない
しかし、その存在を知っていて何もしなかったのだから、セルゲイも同罪。それをセルゲイ自身も感じているんじゃないか
もし、その呵責を感じているならば、セルゲイにとってソーマは今まで以上に守るべき対象になったと言える。つまり、今回の件でまさしく天涯孤独になったソーマを庇って、セルゲイが死亡するフラグが立ったように感じる

○アレハンドロとマリナ&シーリン
国連の自国への技術支援をいぶかしむシーリンに対し、アレハンドロはCBが小規模紛争が続く中東への武力介入を開始するのは時間の問題として、その紛争を無くすための支援をしたい旨を訴えた

しかし、何故中東の中でもあえて「アザディスタン王国をモデルケース」としたのか、マリナに「建設作業現場に表敬訪問」を勧めたのか、には明確には答えていない
アレハンドロにとって、太陽光発電をアザディスタンで進めるなんらかの意図があるのだろう。マリナを見て一番コントロールしやすいと踏んだのかもしれない

○沙慈と金髪
さすがにそろそろウザくなってきた

何故に中華やら炭酸やらを出さずにコイツラを出すのか
平和な生活を送る一般人から見た戦争を見せるためならわかるが、ココ2話続けて、全く関係の無いラブコメのような描写ばかり
まだニュースでCBの事件を見るってシチュならわかるんだけど
刹那の空気振りを見習えと

各所で言われてるけど、ここまで出張るってことは、逆に金髪の死亡フラグ&沙慈のMS搭乗フラグとしか思えない
展開としては、CBからマリナ派が脱退してアレハンドロ派と戦う&マリナ派の沙慈と刹那が共闘って感じだろうか。妄想だけど

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

今回はあまり突っ込みどころが少ないシリアスな話なので感想も重いような;;

強化人間ってよくガンダムでは出てきますけど、揃いも揃って良い結末にはならないんでソーマには頑張ってほしいものです。もちろんアレルヤも

次回はやっと刹那のターンになりそうです。マリナとの再会はあるんでしょうか
ストーリー全体としても、第1クールの終わりなのでそろそろ大きな戦争への流れが見えてきてほしいところですね

| ガンダム00 | 2007.12.15 Saturday,22:32 | comments(3) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 2009.04.19 Sunday, | - | - |

Edit this Entry

Comment

アレルヤの長い独り言(に見えるのかな)を見てた刹那君はどう思ったんでしょうね。
「大丈夫かこいつ」と思ったかそれとも全く気にも留めなかったか・・。
刹那君は何考えてるかサッパリわかりません(^_^)
アレルヤの泣きはらした顔が悲しげでした(´Д⊂

| ぷぅ | 2007/12/17 7:47 AM |

前置きはめんどくなったので先週で打ち切りです
期待してたぎちょさん他427名の同志諸君ごめんね!(謎振り

ティエリアはなんか人間じゃないフラグが立ち始めてますね
年齢不明、血液型不明、出身不明
予定にない行動を嫌う、計算が狂うのに堪えられない
独自にヴェーダと疎通が可能、etc
人間の感情行動に否定的なのも何となく人工生命なら納得できましょう
ヴァーチェ→ナザレが人間に扱えるGNドライブのリミッター解除なら
今後離反の可能性がある空気主人公との対決で一度エクシアを破壊する為の奥義になり得るかと
製作者はイオニア+ヴェーダ、CBのバックボーン+ヴェーダが妥当かと
こうなるとまた面白い仮説が出来るのですが長くなるので又今度(ぇぇ

今回涙を流すのを見てハレルヤは彼なりに信念を持っているのでしょうね
最後にアレルヤが戦う答えを見出した時に消えちゃう予感ですわ...

では今回はこの辺で(((|

| クラウ | 2007/12/17 8:18 PM |

>ぷぅさん
刹那事態が十分「大丈夫かこいつ」なんで気にもとめなかったのしれません;;
もうそろそろ刹那も何を考えているのか見せてほしいものですよね

>クラウさん
ティエリアは確かに普通の人間じゃないように見えますね。ただ、そう見えてツン度の強いおにゃのこってのを希望したいところですw

アレルヤが戦う答えを見出した時に消えちゃう(人格が統合する)ってのはかなりいいですね。落としどころとしては一番きれいですよね

| mm | 2007/12/17 10:07 PM |

Submit Comment









Trackback URL

http://painpomm.jugem.jp/trackback/105

Trackback