<< 機動戦士ガンダム00 第6話「我々はモラリアを救う白馬の騎士になるのだ」 | main | 機動戦士ガンダム00 第8話「戦争が起これば人は死ぬ」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | 2009.04.19 Sunday, | - | - |

機動戦士ガンダム00 第7話「ヤツの神はどこにいる」

最近ネットサーフで00の批評を見ることも増えているけど、やはり「前作よりは悪くは無いが、良くも無い」みたいな評価が多いみたい

正直、その評価に異論を挟むつもりは無かったりする。たしかにまだ胸を張って「面白いよ!」とは人に進められないので

しかし、中に未だに「ガンダムが多すぎる」やら「腐女子ガンダム」やら「ガンダムの必要性を感じない」やらの凝り固まった意見を持つ人もいるみたい
もうこれだけ巨大化してしまったシリーズ作品なので、それぞれの作品単体はその作品だけを評価すべきというのが映像化した全作品を見たガノタからの意見

そういうことを含めて、今度00を全面的に肯定したガンダムシリーズとの比較考察をしたいなとか思ったり。気が向いたらやるかもしれません

では、第7話感想はじめますよ

------------------------------------------------------------------------

【第7話あらすじ】
刹那とサーシェスの戦闘は、刹那の動きを見切っているサーシェス優位に進む
エクシアのソードを次々と叩き落すサーシェス。止めを刺そうとしたところで、エクシアのGNブレイドがサーシェスのソードを切り落とす
GNブレイドの切れ味に驚くサーシェスが一歩退いたところで、刹那はサーシェスに濃くピットから出てくるようにとの光通信を発する
コクピットから出て対峙する二人。サーシェスは顔をさらすが、刹那はメットを外さず銃口を向ける。「面ぐらい拝ませろよ!」とサーシェスも銃を構える

そのとき、2人の間をデュナメスのビーム砲が割ってはいる
瞬時にコクピットに戻り、退くサーシェス。デュナメスが撃墜を狙うが、狙撃をかわされサーシェスは離脱に成功する

頭を抑えるために、モラリア軍司令部に向かうガンダム各機
迎撃のMSが発進されるが、すべてガンダムに撃墜される。無条件降伏するモラリア軍

今回の戦闘での被害は500人超と発表される
結果的に軍備増強路線を進めることになるAEU。PMCとの関係を深めることになる

そんな中、世界の主要都市7ヶ国で同時無差別テロが勃発する
ネットワークを通じて犯行声明が発表される。その内容は「CBが武力介入を中止し、武装解除を行わない限り世界中に無差別テロを続ける」というものだった

刹那はテロも紛争の一つと断定し、それに対する武力介入を宣言するのだった

【ポイント】
○ガンダムの戦力
100機以上のMSによるオペレーションドーン。結果的にガンダムの武力介入により5時間で半数以上のMSを撃墜されることになる
今回の戦闘でガンダムの戦力は世界中に驚愕を与えていたが、何より厄介なのはGN粒子による電波障害と思われる
本部へ奇襲をかけるというラストミッションも、GN粒子だからこそ効果も高い。そういう意味では、今までのガンダムシリーズでもかなり厄介な部類に入る能力であると再確認した

○『ヴェーダ』
CBの戦略予測(計画)コンピュータの名前
ガンダムマイスターを選んだのは『ヴェーダ』とのこと。正直人選には(特に兵士として考えると)問題があるように思うが、CBの計画・戦略ともにこの『ヴェーダ』に支えられていることを考えると何らかの理由があるんだろう
ただ、刹那「俺の存在そのものが理由だ」って、どんだけwww

○CBの計画
00の良いところの1つに、戦闘後が描かれていることが挙げられる
今回も戦闘後の現地での状況とその被害をあらわす描写があった
また、結果的にAEUの軍備増強を招いていることを考えても、CBの行為が決して正義ではないことを示している
しかし、戦術予測CP(であろう)『ヴェーダ』はこの結果を予測できないとは思えない
また、ティエリアが『計画は始まったばかり』と言っているように、武力介入が計画の一端であることを考えると、CBは世界の軍事増強路線をあえて進ませようとしているようにも思える
以前、『CBが世界中の敵になることで世界を一つにまとめる』のがCBの目的と言っていたが、世界が1つになりCBを倒したとしても、それで各国の増強された軍事力が解体されるとは思えない
やはり、上記以外の目的があるのだろう
問題はそれをどのレベルまでの人間が知っているかだが…アレサンドロ(やっと名前が出たw)とスメラギぐらいしか知らないと予想する

○無差別テロとサーシェス
刹那の「ヤツ(サーシェス)の神はどこにいる?」との発言、加えてサーシェスが無差別テロ情報をいち早く知っていたことを考えると、サーシェスは無差別テロの組織となんらかの関係があり、もしかしたらその首領がサーシェスの神なのかもしれない
まあ、刹那は『俺=ガンダム=神』な人なので、ただのデムパ発言かもしれないがw


【キャラクター】
○刹那
想像通りサーシェスとは師弟関係だった。太刀筋が読まれていて当然と言ったところ
幼い頃からサーシェスに『神の戦士』になるための戦闘術を叩き込まれ、その指示で無抵抗な人間を撃ち殺した経験もある
殺した相手は、「やめて、ソラ」という台詞を考えると母親かもしれない。刹那の本名がソラであれば、だが…
しかし、ガンダムの主人公は得てして家族に恵まれてないけど、母親を自らの手で殺したってパターンはない(不可抗力で目の前で助けられずに死ぬというパターンは逆に多い)。
この予想は違っていてほしいけど…だとすると刹那のイカレっぷりが説明できちゃうところが(滝汗
ただ、1話のアバンで刹那が「この世に神なんていない」と独白しているのは、そんな親しい人間さえ手にかけるほど心酔した(刷り込まれた)相手、つまりサーシェスに裏切られたんじゃないかと予測するがどうだろうか

しかし、やっぱ感情移入しにくい主人公だなあとは思う
無愛想はヒイロとどっこいだが、刹那は発言がイタすぎる。マリナとの出会いで変わっていくのかなあ

○ロックオン
戦闘中にコクピットから出てくるという暴挙に出た刹那を修正パンチ!w
よくやった!と褒めておきたい。やっぱガンダムは(`口´=○Д`))がないと

無差別テロに対してマイスターの中で一番怒りを顕にしていた。過去にテロに巻き込まれた惨禍があるのか。これからその辺りも描写されるだろう

ちなみに、海に落ちたハロの「アーッ!」で00で初めて萌えた

○アレルヤ
モラリア軍司令本部に向かうために渓谷を進む際先導していたが、壁にキュリオスの翼部をぶつけていた。MS操縦技術、そうでもないのかもしれない
今回の刹那を見ていると、まだアレルヤのほうがマシに思えるから不思議

○ティエリア
戦闘後、刹那に銃口を向けるなど相変わらず厳しい
ガンダムの強さはひとえにGN粒子に拠るものであるため、そのGN粒子を発生する太陽炉の秘密が漏れてしまうと一気に資金力で勝る超大3国にCBの戦力は追いつかれてしまうわけで、その危険を防ぐためなら破壊したほうがマシとティエリアが考えるのは間違っていない
ただ、この論理はもしかしたら今後裏切りフラグが立つときの(多分刹那が濃厚)伏線なのかもしれない。つまり、裏切り者に対しては、ティエリアは容赦なくガンダムごと破壊するだろうということ

しかし、テロの要求を意に介さず「世界から見れば、我々も立派なテロリストだ」と発言している場面を見ても、言っていることは正論なんだが人は正論だけぶつけられると苛立つって典型の人格だと思う。オーベルシュタインみたいなマキャべリストなんだろう

○スメラギ
『ヴェーダ』の計画通りに世界が進み、またそれによって犠牲者が出ていることに苦悩している様子
しかし、それでもCBに参加した理由、つまり前回の『あのこと』はそれだけ強烈な事件だったんだろう
あ、今回も相変わらず( ゚∀゚)彡 お○○○!お○○○!

○サーシェス
テロ組織との関係が気になるところ
とりあえず、ロックオンの射撃がかわされるのを初めて見た。刹那を圧倒したのは相性だけでなくサーシェスの腕が数段上なのだろう
ただ、既存ガンダムの流れを見ると、こういうキャラって2クール目あたりで死んで主人公の成長の糧になることが多かったり(汗

○アレサンドロ
やっと名前がw
ズバァリ!こいつとリボーンズがラスボスだと思う!!

○中華
「それを承知の上でCBに入ったのではなくて?」
富野語出た!エマさんかとおもたよw

○沙慈と金髪
無差別テロにより目前でバスが爆発し、あやうく命を落としそうになる
んー、すごい確率で事件に巻き込まれてる。バーローかと

------------------------------------------------------------------------
今回の全体的な感想としては、あんまり無差別テロが云々って話をひっぱってほしくないなというのが正直なところ
その無差別テロをCBが紛争と判断して、時間をかけて鎮圧したとしても、3大国との関係がそれほど変わるとも思えないので

まあ長引けば長引くほど、世界中で「CB武装解除せよ!」との声は高まるだろうから、鎮圧した後に『世界対CB』の構図にはしやすいかもしれない
しかし、どっちかというと『テロが引き金になって勃発する大国同士の戦いの間に割ってはいるCB』の構図のほうが良い気がする。種運命との比較も出来るし、何より大国の量産機がぶつかりあう戦闘のほうがガンダムの戦闘よりも面白そうだからw

| ガンダム00 | 2007.11.18 Sunday,18:34 | comments(3) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 2009.04.19 Sunday, | - | - |

Edit this Entry

Comment

こんにちは〜

>母親を自らの手で殺したってパターンはない

ここの場面、ぼんやり見てたんで気がつきませんでした
どこかの村を襲ったものとばかり

でも母親もしくはそれに準ずる家族を射殺した人間がガンダムに乗る主人公ってのはなんかイヤだな〜
デスノートじゃないんですから、あまりに殺伐とした設定ではありませんか? 
不勉強からリアルな聖戦でどのようなことが行われているか知りませんが、近未来というこで、さらに凄惨なドラマが繰り広げられるのかと思うと、ちょっと気持ちが萎えそうです

それでは、失礼します〜

| mossy | 2007/11/20 5:25 PM |

→mossyさん
返事が遅くなって申し訳ありません

>ここの場面、ぼんやり見てたんで気がつきませんでした
私も最初は気づかなかったんですが、感想書くのに3回ほどは見直しているので「ああ、ソラか」って思ったんですよ

>母親もしくはそれに準ずる家族を射殺した人間がガンダムに乗る主人公ってのはなんかイヤ

わかります。
多分、あの表情を見る限り洗脳状態に近いとは思うんですが、子が親をってのはやりすぎかと。それに、キャラを深く掘り下げるときに親の存在ってドラマとして不可欠ですからね
まあ、まだ予想の段階でしかないのでなんとも言えないのですけどw

| mm | 2007/11/22 12:27 AM |

現実の紛争地では子供に親殺しをさせて殺人に対して罪悪感をなくさせると聞いたことあります
あと薬漬けにするとか・・・
ガンダムにはそこまでのリアルはちょっといやっすよね

| ぎちょ | 2007/11/25 6:40 PM |

Submit Comment









Trackback URL

http://painpomm.jugem.jp/trackback/101

Trackback